体験談 たまねぎスープで8kgやせ、血圧、血糖値が共に低下

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

薬を使わずに糖尿病を改善したい

私は今年、88歳になりますが、現役でレストランの総料理長を務めて小ます。糖尿病になつたのは、今から45年ほど昔のことです。あるとき、排尿時に、妙に甘いにおいがするのに気づきました。尿の泡立ちも気になったため、「ひょっとしたら糖尿病かもしれない」と検査を受けたところ、予想が当たったのです。

当時の私は、働き盛り。フレンチはこってりとした料理が多いものですが、味見はシェフの重要な仕事です。仕事柄、おいしいものを次々と口にしているうちに、糖尿病を患ってしまったのでしょう。

糖尿病の症状は、特に現れなかったのですが、食前血糖値は200mg/dl以上、高いときには300mg/dl近くもありました。体重は75kgほどで、年々増加傾向。血圧も、最大血圧で160mmHG以上と、かなり高めでした。医師からまず勧められたのは、インスリン注射です。

しかし私は、それは避けたかったので、薬を使わず、食事療法に取り組むことにしたのです。許可されたエネルギー摂取量は、1日に1500 kcalまで。しかし、それを守ろうとすると、空腹でしかたありません。腹持ちがよく、エネルギーは少なく、病気の治療にいいものはないかと探しました。その結果、たどりついたのが、今回ご紹介するタマネギスープなのです。

70代の女性は1ヶ月でインスリンが不要に

タマネギスープは、週に1度、1週間分をまとめて作ります。私はそれを朝晩、カップに1杯ずつ飲むようにしました。すると、血糖値がみるみる改善。なんと、半年ほどのうちに120mg/dlまでに下がったのです。医師からも、「インスリンの必要はない」と、お墨付きをもらえました。こうしたわけで、かれこれ40年間、このタマネギスープを中心とした食事を続けています。このスープは、自然な甘みがあり、ご飯にもパンに合うので、飽きることがありません。

体重はいつの問にか8kgほどへり、もうずっと68kg台程度をキープしています。血圧もだいぶ下がりました。最大血圧は、120mmHGくらいです。食事を変えることで、いっさい薬を使わずに病気をコントロールできるというのは、食に携わる私にとって、ほんとうに喜ばしいことです。

レストランにいらした、70代くらいの女性のお客様が糖尿病だというので、タマネギスープをご紹介しました。インスリンも使っていると話していたので、私より症状が重かったのでしょう。そのかたは、早速実践したところ、なんと1ヶ月でインスリン注射が必要なくなつたそうです。報告を受けて、私もうれしく思いました。健康を守るタマネギスープはおすすめです。

玉ねぎスープの作り方

材料

  • たまねぎ(2kg)大8個程度
  • 刻み昆布(20g))
  • 生姜(1片)またはにんにく(1片)どちらでもみじん切り
  • めんつゆ(100ml)
  • 酢(大さじ2)
  • こしょう(少々)
  • 水(2リットル)

作り方

  1. たまねぎの皮をむき、よく洗ってから水とともに鍋に入れ、2~3分煮出してこしておく
  2. たまねぎを1cm角のさい目の切りにする
  3. 圧力鍋に1、2 と残りすべての材料を入れ、強火にかける圧がかかったら弱火で8分加圧する。

保存と飲み方

冷蔵庫で1週間は保存可能。朝、晩にコップ1杯ずつ取り出して飲む。

たまねぎスープを作るのが面倒な人は玉ねぎ皮ポリフェノール茶「さらさらたまねぎ茶」