しわを防ぐための食事

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

深いシワは年輪をあらわすもので、表皮の下の真皮が萎縮することによっておこります。このシワは一度できてしまうと、治すのはまず無理といえます。

一方、細かなシワは表皮が乾燥しすぎたり、皮脂が不足したりするとできます。肌の手入れや栄養状態にも問題があるようです。こちらは、表皮のいちばん外側にある角質層に水分や脂肪を補えば、ある程度回復させることができます。 肌はタンパク質でできています。

シワの少ない若々しい肌を保つには、タンパク質をとることが基本です。 ダイエットのため食事が野菜中心だったり、質素な食事ですませていると、タンパク質がとれないので、シワができやすくなります。シワができて後悔する前に食生活を見なおしてみましょう。

タンパタ質は、肉、魚、卵、大豆製品、乳製品などに多く含まれています。 しなやかで「ハリ」のある肌はシワができにくいといわれます。そのために大切な成分はコラーゲンやコンドロイチン、ヒアルロン酸といった皮膚の弾力性に関係のある成分です。骨つき肉のスープや魚の煮凝り、フカヒレのスープなどがよいといわれています。 ですから、たっぶりの野菜とともにとるようにしたいものです。最近は保湿作用のあるこれらの成分の入った乳液やクリームなどがいろいろ市販されているようです。

中高年女性の女性特有の肌の悩みの数十項目新型エラスチンで改善→キメが整い老けて見えるしわが激減

タンパク質とビタミンCが原料になって、体内でコラーゲンが生成されます。先にあげたタンパク質食品と、ブロッコリー、小松菜、柿、いちごなどのビタミンC を多く含む食品を積極的にとりましょう。

年齢を重ねるにしたがって、真皮にあるコラーゲンだけでなく、皮膚の弾力線維( エラスチン) も変化していきます。 さらには、これらの線維のあいだを埋めているヒアルロン酸などが加齢とともに減少して、シワやタルミを増やすのです。 こうした肌の老化をくい止める方法の1つがマッサージや冷・温ダブル洗顔法です。2 つの洗面器に水とお湯を入れておき、交互に数回ずつ顔全体を洗います。温かいタオルを2~3 分顔にのせて血行をよくしてから冷たいタオルを2~3分のせるタオル法でも。毎日続ければ肌のハリを取り戻すことができます。

化粧水では、非常に安全性が高く吸収もよいミネラルウォーター ベースの化粧水などもあります。