これから冬本番!うるおい肌を保つために大切なことは保湿、正しい保湿をすれば若返る

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

潤いの鍵を握るのは「角質層」

肌が乾燥していると、光が乱反射して透明感が失われやすくなります。そしてくすんで見えます。

たとえると、寒天は水で戻す前はくしゃくしゃで透明感はゼロですが、水を含ませるとみずみずしくなり、プルンプルンンになります。潤いのある肌はみずみずしく、透明感があり若々しく見えるということです。

皮膚表面を覆っている角質層には、肌のうるおいや外部刺激から肌を守るバリア機能の働きがあります。肌トラブルのない正常な肌には15~20%の水分が角質層に保持されており、角質層の中には水分保持に必要な3つの要素があります。

それは、水分を抱え込む働きをするNMF(天然保湿因子)、角質細胞の隙間にあり、水分を保っている「角質細胞間脂質」は、角質層の細胞と細胞の間を満たす脂質で、いくつかの成分からなっていますが、その役半分を占めるのが「セラミド」です。

この角質細胞間脂質が豊富にあることで肌のうるおいを保持することができるのです。

セラミドは加齢により減少していくほか、アトピー性皮膚炎や乾燥肌の人は生まれつき少ない傾向にあります。保湿剤で外からセラミドを補うことが必要です。

痒みの原因はこちら

肌を美しく、若くキープしたければ1に保湿、2に保湿

バリア機能をしっかり機能させるのは、保湿です。洗顔後や入浴後はすぐに化粧水で水分を補います。時間が経過するごとに肌の乾燥は進行します。その後、乳液やクリームをつけることで補った水分が蒸発しないようにします。

オフィスや屋外などで肌の乾燥が気になるときはミスト状のローションがが手軽に使用できます。スキンケア商品の購入の際には、セラミドやヒアルロン酸などの角質層を潤してくれる保湿成分が含まれているものを選びます。

化粧品で使用されるセラミドは一般的に天然のセラミドが肌に馴染みやすく高い保湿性が期待されています。

紫外線の対策も忘れない

紫外線は真夏よりも減少しますが、冬でもしっかり降り注いでいます。紫外線A波は、波長が長く肌の奥の真皮にある弾力性を保っているコラーゲンやエラスチンを壊してしまいます。すると、肌は弾力を失いしわの原因になります。

新型エラスチンの使用感 はこちら。30代~50代はコラーゲンを摂るよりもエラスチンを摂るほうが肌に効果的だそうです。