主治医に「食事制限は不要だよ」とお墨付きをもらう

私には、もともと腎臓病の持病がありました。それに加え、5年前からは血糖値が上昇し始めたのです。ただ、のどが渇く、体がだるいといった自覚症状はなく、変化といえば、尿が少し泡立つくらいでした。

腎臓病と糖尿病の薬を服用していましたが、血糖値は210mg/dlを超え、ヘモグロビンA1Cも7% 以上ありました。血糖値が高いと、腎臓にも大きな負担をかけます。そこで、なんとか血糖値を下げたいと思いテンペ菌発酵茶を飲み始めました。薬草が原料なので、体によさそうですし、自然に水分補給もできるので、いいなと思ったのです。

テンペ菌発酵茶は、食事のときやお菓子をつまんだとき、のどが渇いたときなどに飲んでいます。1日に1~2リットルくらいになるでしょうか。外出の際も、忘れずに持って出かけます。

私の場合、飲み始めてすぐではなかったものの、がんばって継続していたら、血糖値が下がりだしました。最近、血糖値が110~130mg/dlくらい、ヘモグロビンA1Cは5% 前後で安定しています。

むくみも解消しました。おしっこの回数がふえ、体内の余分なものがどんどん排出されたので、むくみも解消できたのでしょう。今年5月の血液検査では、中性脂肪、HDL (善玉) コレステロール、LDL (悪玉) コレステロールなど、すべて基準値内。

最大血圧も、以前は高いときで200mmHGくらいありましたが、最近は120mm」HGくらいで安定しています。

主治医からは、「最近、数値も順調だから、食事は普通に食べていいよ」といわれ、ホッとしました。私は、米寿を迎えました。携帯電話に表示される歩数記録を励みに、毎日あちこちに出歩いています。これからもテンペ菌発酵茶を飲みながら、元気な毎日を送りたいと思います。

すぐに効果が出て驚いた

私は2年前にに座骨神経痛を発症し、約4ヶ月間、足腰の痛みやしびれに苦しみました。病院で血液検査を受けたところ、血糖値が280mg/dl、ヘモグロビンA1Cが6.9 % もあり、糖尿病と判明。

座骨神経痛は、糖尿病の合併症(糖尿病神経障害)だったようです。病院では糖尿病の薬を処方されましたが、薬を飲むと、めまいにさいなまれました。

人と話をしていても、意識がふっと遠のきそうになるのです。あまりに副作用がひどいので、医師に「薬が合わないようなので、自力で血糖値を下げます」と宣言し、知人から教えてもらった「テンペ菌発酵茶」を飲み始めました。知人は糖尿病で入院し、インスリン注射を勧められましたが、テンペ菌発酵茶を飲んだら血糖値が下がったというので、私も同様の効果を期待して飲み始めることにしたのです。

まず実感したのは、体が楽になったこと。以前は何をしてもしんどくてしかたがないという感じでしたが、体の疲れやだるさがぐんと軽くなったのです。

飲用開始から2ヶ月もたたないうちに受けた検査では、血糖値が124mg/dlに下がっていました。その2過問後には、血糖値が102mg/dl、ヘモグロビンA1Cが6.5% に改善。

血糖値が下がってからは、腰の痛みも軽くなりました。痛みがひどかったので、これはとてもうれしかったです。お通じもよくなり、体内の余分なものが排出されたのか、自然に体重が2~3kgへりました。

テンペ菌発酵茶は本来、朝昼晩と飲むのが理想でしょうが、私は朝晩の2回しか飲んでいません。そのため、効果が出るまで時問がかかるだろうと思っていました。しかし、あまりにも早く効果が現れたので、ビックリしました。

実は、私は会社を経営しておりまして、立場上このような取材は遠慮させていただいています。でもテンペ菌発酵茶には感謝していて、私の体験をお話いたしました。このお茶はほんとうにお勧めです。

月1回の通院が2ヶ月に1回に

私は、スキーなど体を動かすことが大好きで、ずっと肥満とは無縁でしたが、禁煙して以来、食事がおいしくて食べる量がふえ、1年で10kgも太ってしまいました。

昨年、メタボ外来を受診したところ、糖尿病と言われました。目の前が真っ暗になりました。「この先、合併症で失明してしまうかもしれない」などと悲観的な考えばかりが頭に浮かび、不安をまぎらわすために、毎晩ヤケ酒をあおっていました。そんな不摂生がたたり、翌月の検査では、さらに数値が悪化。ヘモグロビンA1Cは12,2%、血糖値は305mg/dl、中性脂肪値は963mg/dlもあり、医師から「すぐに入院しなさい」といわれました。しかし、私は自宅で高齢の父の世話をしているため、入院はできません。

「血糖値を下げる努力をするので、1ヶ月だけ時間をください」と主治医にお願いし、薬を飲みながら、食生活の改善とウォーキングに取り組みました。

その結果、1ヶ月後には血糖値が122mg/dl、ヘモグロビンA1C10%、中性脂肪値が436mg/dlまで改善。

主治医も「あなたの努力は認めるから、今回は入院しなくてもいいですよ」といってくれました。ただし、少し油断するとすぐに数値が上がってしまうため、「テンペ菌発酵茶」を飲むことにしたのです。

私の場合、1日分のお茶を毎朝まとめて作り、食事の合間や食前、お酒を飲む前などに、こまめに飲んでいます。テンペ菌発酵茶を飲み始めて1ヶ月後には、ヘモグロビンA1Cが7.9%% に改善。3ヶ月後には5.8% まで下がり、主治医に「劇的に改善しましたね」とほめられ、薬の量をへらすことになりました。

月1回の通院が2ヶ月に1回でよくなり、次の検査でもヘモグロビンA1Cや血糖値は安定。なんと中性脂肪値は、58mg/dlと基準値をクリアしたのです。血糖値のコントロールもらくにできるようになり、とても助かっています。テンペ菌発酵茶は私の体質に非常に合っていたのだと思います。

しっかり食べても血糖をコントロールできている

私は11年前に糖尿病予備軍といわれました。当時、ヘモグロビンA1Cは6.5 % ぐらいでした(基準値は6.2%未満)。ひどいときは、7.2%まで上昇したこともあります。

しばらく様子を見ていたのですが、7年後に膵臓の腫瘍が大きくなってしまったので、手術を受け、一部を切除しました。その後、完全な糖尿病になってしまったのです。

テンペ菌発酵茶を飲み始めたのは手術を受ける前の2年からです。新聞の広告を見たとき、「これは効きそうだ」と直感しました。以来、手術を受けてからも、テンペ菌発酵茶を毎日、食事時には欠かさず飲んでいます。

完全な糖尿病と診断されてから10年以上たちますが、今でも血糖値を良好に維持できているのは、よく体を動かすことと、テンペ菌発酵茶を飲んでいるおかげだと思います。

現在、ヘモグロビンA1Cは、春夏が6.2~65%、秋から冬は6.7か6.8%を行ったり来たりしています。血糖値は、春から冬にかけて110~120mg/dlヘモグロビンA1Cも150mg/dlぐらいで安定しています。

食後血糖値は、160~180mg/dlです。

主治医からは、「自分の体をよくわかっていて、上手にコントロールできているので、このくらいの数値でも大丈夫でしょう」といわれています。塩分は少し控えていますが、それ以外はあまり気にせず、好きなものを食べています。3食しっかり食べているので、間食はしません。

お酒を飲むときは、ご飯は軽めに1一杯。極端に食事の量をへらさなくても、テンペ菌発酵茶がついているから、安心していられます。おかげさまで、この年になってもを動かすのが好きで、月に5 回ほどゴルフ場へ行きます。かなりの運動量になりますが、動かしているほうが体調は良好です。これからも、元気で活動的に過ごしたいと思います。

気づかないうちに進行する合併症を予防する

糖尿病は、糖質の多い食品のとりすぎになどによって、血液中のブドウ糖が過剰になることで起こる病気です。糖尿病の治療は、合併症を防ぐのがメインだという医師もいるくらい合併症が怖い病気でもあります。

糖尿病の合併症についてはこちら。

ブドウ糖は人体にとって重要なエネルギー源ですが、血液中で増えすぎるとと害になります。そのため、人体には、血糖値を一定に保つしくみが備わっています。血糖値が上昇すると、膵臓からインスリンというホルモンが分泌され、血中のブドウ糖が細胞に取り込まれて、血糖値が下がります。

しかし、血糖値の高い状態が続くと、インスリンの分泌が追いつかなくなったり、効きめが低下したりして、ブドウ糖の処理ができなくなるのです。

すると、血液は砂糖水のようなドロドロの状態になり、血管を傷つけたり、血管を詰まらせたりします。この状態が長く続くと、血流が悪化したり、血管がダメージを受けたりして、神経障害、網膜症、腎症など、全身にさまざまな合併症が現れるのです。

やっかいなことに、日本人の糖尿病の95%を占める2型糖尿病は、緩やかに発病するため、初期の段階ではほとんど自覚症状はありません。

気づかないまま少しずつ病気が進行し、「尿が臭う」「のどが異常に渇く」といった自覚症状が現れるころには、かなり悪化しているのが、糖尿病の恐ろしいところなのです。

糖尿病を放置していると、発病後5~10年で、合併症が現れます。糖尿病性神経障害は足の壊痘を、糖尿病網膜症は失明を、糖尿病腎症は腎不全を招きます。

また、血管の内壁が傷つくことで、コレステロールなどがたまって血管の内径が細くなったり、血管が硬く、もろくなったりします(動脈で起こると動脈硬化)。

これらの恐ろしい病気を招かないためにも、糖尿病と診断されたり、健康診断で血糖値が高いと指摘されたりしたら、すぐさま血糖値コントロールにとりかかるべきです。

そんな人にお勧めしたいのが、「テンペ菌発酵茶」です。糖尿病に効果があるといわれる茶系飲料は多数ありますが、そのほとんどは血糖値の上昇をおさえることをメインにしたものです。

しかし、テンペ菌発酵茶は、それぞれ違う薬効を持つ、8種類の薬草を配合することで、糖尿病の「原因の解消」「進行の改善」「症状の修復」の3つの作用を兼ね備え、糖尿病をスムーズに改善へと導きます。

原因の解消

食事でとった糖質は、胃や腸でブドウ糖に分解され、血液中に吸収されます。この野草茶に含まれるグアバやギムネマには、食べすぎなどによって生じた過剰なブドウ糖を、体内に吸収される前にブロックする作用があります。

進行の改善

野草茶の中の桑の葉やバナパには、血糖値の上昇を防ぐインスリンと同じしくみで、血糖値を抑制する作用があるといわれています。

症状の修復

クマ笹、クコの葉には、血液を サラサラに浄化して、血流をよくする働きがあります。糖尿病によって生じた血管や細胞のダメージを修復し、合併症の予防や改善に役立つわけです。

血糖値は食後に上がるので、食事といっしょにとれる8種の野草茶、テンペ菌発酵茶は、血糖値対策に最適といえるでしょう。

私の夫は、食べることが何より好きで食べ出すとすごい勢いですごい量を食べてしまいます。かなりの肥満体型で、2年前に糖尿病と診断されました。糖尿病家系で、義母も糖尿病を長年患っていましたから、糖尿病の発症は、自明の理だったのかもしれません。

当時の血糖値は常に300mg/dlから400mg/dl、ひどいときには500mg/dlにも跳ね上がっていました。食べ物を口にするととにかくお腹がいっぱいになるまで食べてしまうのは私から見ると病気かもしれない?と常に感じていましたが食べ過ぎ病というのはないのでいつも不安には思っていました。

そんな状態に巻かかわちず、医者嫌いの夫は、病院へ行きたがりませんでした。ある日のこと。夫が、いつものように家庭用血圧計で血圧を測ってみたところ、高すぎて測定不能だったのです。ふだんから注意していた血糖値に比べ、血圧は高くなかっただけに、ビックリしました。さすがの夫も、このときばかりは病院に行って、血圧を測ってもらいました。

その結果、最大血圧は240mmHGでした。もっと驚いたのは、未が顔を横に向けると、片方の目が外を向いたままついてこないことです。はたからみると、夫の目は斜視のような感じでした。

そんなとき、ある雑誌で烏骨鶏の血粉を知りました。早速、取り寄せました。鳥骨蔦の血粉を毎日とり続けて1週間後に斜視はうそのように治まりました。また、血糖値も200mg/dl未満に落ち着いています。高かった最大血圧も基準値になり、うれしいことが続きました。烏骨鶏の血粉には、感謝してもし蕃れないくらいです。よいものなので、周りにも勧めています。

お酒を飲んでも肝機能は改善

今年の夏に朝起きても体がだるく、体調がとても悪なっていました。当時、仕事で1年のうちの半分は中国へ出張し、接待も多く、お酒をたくさん飲み、不規則な生活を送っていました。お酒の飲み過ぎと夏バテが重なったのかなぁ?と思っていました。

その年の定期検診の結果は、空腹時の血糖値は123mg/dl で、尿酸値は10.6mg/dl、肝機能の数値はGOT 41単位、GP T61単位、γ-GTP264単位です。総コレステロール値も294mg/dlで、正常値を大きく超えていました。

この状態はとても心配で不安になりました。そんなとき、会社の上司でβグルカンのことを教えてもらいました。上司のお兄さんがこれで具合がよくなったとの話を聞きました。

その人は、免疫力の強化と、飲酒から肝臓を守るために、βグルカンを飲んでいるとのこと。私も早速、飲用するようになりました。すると2~3週間後には、お酒がおいしく飲めるし、朝の体のだるさも消えたのです。

飲用し始めて半年後に定期検診がありました。検査数値がいずれも好転していたのです。年を追うごとに数値はよくなり、2年後の定期検診では、空腹時血糖値は112mg/dl、尿酸値は8.0mg/dl、肝機能はGOT、22単位、GPT 、33単位、γ-GTP85単位でコレステロールは243mg/dlでした。

その後の定期検診も同じようによい結果で、医師から「何か特別なことをしていますか」と聞かれました。

私の父は、私が小学生のころに喉頭ガンで若くして亡くなりました。自分もガンになるのではとの不安がありましたが、βグルカンを飲み続けている今、その不安もなくなりました。

飲用を始めたころ、βグルカンはジェル状の液体で持ち歩きに不便でしたが、今ではフリーズドライの粉末やカプセルができ、利用しやすくなりました。

現代人の弱った体を元気にし免疫力を高める米ぬか食品「バイオブラン」

糖尿病の患者は年々増加しており、予備軍を含めると2050万人に上ります。しかも、50代以上の患者数は増える一方です。ところが、健康診断で血糖値やヘモグロビンA1C値が高くてもほとんどの人は治療をしていません。

それは、高血糖であっても初めは無症状のため危機感を感じないからかもしれません。

糖尿病の恐ろしい合併症の話をする前にまず、糖尿病の原因である高血糖を引き起こす仕組みについてです。

血糖とは食事によって取り入れられた糖が分解されてできるブドウ糖のことで、血液中に含まれる量が血糖値です。食後、急激に上がった血糖値を調節しようと、すい臓からインスリンが分泌されます。この働きによってブドウ糖が肝臓や筋肉に取り込まれ全身の細胞でエネルギーとして利用されるのです。

このシステムが正常であれば血糖値は一定に保たれます。しかし、加齢や生活習慣などによりインスリンの分泌が減ったり、その働きが低下したりするとエネルギーになれなかったブドウ糖が血液中にあふれ血糖値が上がるのです。その状態が長く続くとヘモグロビンA1Cも上がります。

ではなぜ高血糖を放置してはいけないのでしょう。それは、高血糖になると血液がドロドロになり血流が悪くなつて血管を傷つけるため。また、末梢神経の細胞がおかされ、知覚・運動・自律神経すべてに悪影響を及ぼします。その結果、糖尿病が恐ろしいといわれるゆえんである3大合併症が引き起こされるのです。

3大合併症とは、最悪の場合失明に至る「網膜症」、手えそ足などが壊疽を起こし切断を要する場合もある「神経障害、人工透析が必要な腎不全を起こしうる「腎症」のこと。ぞっとする症状ばかりですが、実はこれだけではなく、脳卒中や心筋梗塞、感染症、肺炎、歯周病これらすべての病気にかかりやすくなります。さらに、糖尿病を一度、発症すると傷ついた血管を元に戻せないため、一生付き合わなければならない病気になるのです。

糖尿病の合併症について詳しくはこちら。

しかし、糖尿病改善や予防のためにできることはたくさんあります。よくいわれるのは、運動、食事、薬物療法ですが、なかでも私が一番有効と考えるのは食事療法です。

具体的には、「食べ順」と「噛む回数」を意識すること。食べ順は、野菜、おかず、ご飯の順にし、ひと口30回は噛むのです。これを守れば、炭水化物の吸収が緩やかになり、血糖値が上がりにくくなります。

最近は柔らかい食べものが増えているので、マカグミアナッツのような硬いものを時間をかけて噛むのもよいでしょう。その他に気をつけたいのは、勘違いされやすいカロリーと糖質の違い。これは全くの別物です。ヘルシーなイメージのそばや果物は、実は過糖質な食べもの。逆に、脂質やタンパク質をとっても血糖値は上がりません。誤解しやすいカロリー計算と糖質の違いを正しく理解し、糖質を控えた食事をとることも非常に大切です

1万歩歩いても消費カロリーはたったの270kcal 1杯のビールで水の泡

なども頭に入れておくといいでしょう。せっかく毎日、運動をしっかりがんばってもビール1杯で無駄になってしまうこともあるのです。

どうしても食べる量を減らすことができない、高カロリーのものを食べたい!という欲求がコントロールできない場合は、「濃縮たまねぎサプリ」などがおすすめです。

濃縮たまねぎの口コミ、使用感、効能・効果一覧

2014年に受けた健康診断では、空腹時血糖値が187mg/dlとかなり高めに出ていました。そこで、紹介された糖尿病クリニックで2015年に改めて検査を受けたところ、215mg/dlにさらに上昇してしまいました。ヘモグロビンA1Cも\8.2%と高かったので、先生からは、食事の際は30回よく噛んで食べ、1日に歩く歩数は1万歩以上を目指すように言われました。

そこからは、1ヶ月に1度クリニックに通うことに。処方薬も服用していましたが、歩く歩数を増やして食事にも気をつけたおかげか、血糖値は、1ヶ月で143mg/dl、半年後には134mg/dlとかなり改善しています。

ただその後、130mg/dlからはなかなか下がらず、逆に175mg/dlや155mg/dlと上がったりすることもあります。なかなか基準値以内には届かないので、何かいい方法はないかと探していたところ、「マカダミアナッツ油」を塗るだけで血糖値が下がると耳にしました。

さっそく「マカダミアナッツ油」を用意し、朝と夜、肌に塗るようにしました。

それ以前に、自分でもっている血糖値測定器で食前と食後30分、食後60分、食後90分、食後2時間で測定。その結果と比較するために「マカダミアナッツ油」を腕と首に20分塗った後も測ってみました。すると、大きな違は血糖値23の上昇度。塗っていない日は最高で212mg/dlもあったのに、塗った後は180mg/dlまでで下がりました。

このまま続けていけば、6.2% で停滞しているヘモグロビンA1Cも下がるのではないかと期待しています。

マカダミアナツツ油を塗った日は、塗らない日より、食後90分の血糖値が下がった

毎朝のジョギングと食事制限も効果なし!

私の仕事は、営業のため夜は接待でお酒を飲む機会が多く、食事も不規則でした。お酒を飲むと帰りにラーメンを食べてかえることも珍しくありませんでした。ちなみにシメのラーメンがやめられないのは脳が関係しているようです。

自宅で栄養バランスのいい食事をしていればよかったのに、夕飯は、高カロリーの食事にお酒といった日が続いていました。30代後半から太りだし、昨年の健康診断でとうとう血糖値の高いことがわかりました。自分でもこんなに太るのはおかしいと思っていましたが食生活を振り返れば当たり前だったように思います。

私のヘモグロビンA1Cの数値は、6.3% と基準値を超えていました。同じ生活を続けていたら、糖尿病になってしまうかもしれないと本気で心配になりました。会社の仕事の関係で糖尿病から壊疽になり、足を切断した方もいらっしゃったので糖尿病は恐ろしい!というイメージがずっとありました。

現在は、若い頃に比べると10キロも太ってしまい、とりあえず、できることから始めようと、食生活の改善と運動で体重を落とすのが必要だということだったので、週末にジョギングをすることにしました。

また、接待のときのお酒や料理、おつまみの量を自分なりに減らすようにしてみました。そうした生活を3ヶ月ほど実行してみたそうですが、体重はなかなか減りませんでした。世の女性がダイエットで苦労するのもわかりました。

桑の葉ふりかけを持参して会社に行く

そんなとき、友人がすすめてくれたのが、桑の葉ふりかけでした。

食前や食事中にお茶として飲んだり、料理にかけたりするだけで血糖値を下げる効果があると聞いて、早速、購入してみました。家ではもちろん、会社にも持っていき、食事のときには必ずご飯やパスタなどの主食やサラダなどにかけるようにしました。それに、夜に接待に行く前には、桑の葉ふりかけをお湯で溶かしてお茶を作り、それを飲んでから行くようにしてみました。

食事中に食べることが多かったのですが、本来は、食前に飲むほうが効果的だそうです。最近は、桑の葉の青汁タイプがあるのでこれを食前に飲んでから食事をするようにしています。

桑の葉ふりかけをとりはじめて3ヶ月くらいたったころ、体重が少しずつ減りはじめ、スーツのズボンもゆるく感じるようになりました。体が引き締まってきたような感じを自覚しました。

さらに3ヶ月後、体重が3.2kg減り、ヘヘモグロビンA1Cの数値も、基準値内5.5% に下がりました。

長年の生活習慣を改めるのはとても難しく、少しくらい変えたところで、なかなか目に見え鴇渡化がなかったので、一時は挫折しそうになりました。でも、そんなときに桑の葉ふりかけのことを教えてもらい、信じてとりつづけることができたので、よかつたと思っています。

糖尿病の予備群の方たちが集まる会にも何度か参加したのですが、みなさんそれぞれ努力していてとても励みになりました。糖質制限食や、発酵黒豆エキスなど、自分の体に合ったもので血糖値やヘモグロビンA1Cを下げているのでとても驚きました。