高い血糖値、ヘモグロビンA1Cをテンペ菌発酵茶が下げてくれて合併症にも負けない

気づかないうちに進行する合併症を予防する

糖尿病は、糖質の多い食品のとりすぎになどによって、血液中のブドウ糖が過剰になることで起こる病気です。糖尿病の治療は、合併症を防ぐのがメインだという医師もいるくらい合併症が怖い病気でもあります。

糖尿病の合併症についてはこちら。

ブドウ糖は人体にとって重要なエネルギー源ですが、血液中で増えすぎるとと害になります。そのため、人体には、血糖値を一定に保つしくみが備わっています。血糖値が上昇すると、膵臓からインスリンというホルモンが分泌され、血中のブドウ糖が細胞に取り込まれて、血糖値が下がります。

しかし、血糖値の高い状態が続くと、インスリンの分泌が追いつかなくなったり、効きめが低下したりして、ブドウ糖の処理ができなくなるのです。

すると、血液は砂糖水のようなドロドロの状態になり、血管を傷つけたり、血管を詰まらせたりします。この状態が長く続くと、血流が悪化したり、血管がダメージを受けたりして、神経障害、網膜症、腎症など、全身にさまざまな合併症が現れるのです。

やっかいなことに、日本人の糖尿病の95%を占める2型糖尿病は、緩やかに発病するため、初期の段階ではほとんど自覚症状はありません。

気づかないまま少しずつ病気が進行し、「尿が臭う」「のどが異常に渇く」といった自覚症状が現れるころには、かなり悪化しているのが、糖尿病の恐ろしいところなのです。

糖尿病を放置していると、発病後5~10年で、合併症が現れます。糖尿病性神経障害は足の壊痘を、糖尿病網膜症は失明を、糖尿病腎症は腎不全を招きます。

また、血管の内壁が傷つくことで、コレステロールなどがたまって血管の内径が細くなったり、血管が硬く、もろくなったりします(動脈で起こると動脈硬化)。

これらの恐ろしい病気を招かないためにも、糖尿病と診断されたり、健康診断で血糖値が高いと指摘されたりしたら、すぐさま血糖値コントロールにとりかかるべきです。

そんな人にお勧めしたいのが、「テンペ菌発酵茶」です。糖尿病に効果があるといわれる茶系飲料は多数ありますが、そのほとんどは血糖値の上昇をおさえることをメインにしたものです。

しかし、テンペ菌発酵茶は、それぞれ違う薬効を持つ、8種類の薬草を配合することで、糖尿病の「原因の解消」「進行の改善」「症状の修復」の3つの作用を兼ね備え、糖尿病をスムーズに改善へと導きます。

原因の解消

食事でとった糖質は、胃や腸でブドウ糖に分解され、血液中に吸収されます。この野草茶に含まれるグアバやギムネマには、食べすぎなどによって生じた過剰なブドウ糖を、体内に吸収される前にブロックする作用があります。

進行の改善

野草茶の中の桑の葉やバナパには、血糖値の上昇を防ぐインスリンと同じしくみで、血糖値を抑制する作用があるといわれています。

症状の修復

クマ笹、クコの葉には、血液を サラサラに浄化して、血流をよくする働きがあります。糖尿病によって生じた血管や細胞のダメージを修復し、合併症の予防や改善に役立つわけです。

血糖値は食後に上がるので、食事といっしょにとれる8種の野草茶、テンペ菌発酵茶は、血糖値対策に最適といえるでしょう。