低分子レシチン「アルファベスト」の効能と使用感、実際に飲んでみての感想など。

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

ストレス社会といわれる現代では、誰でもうつになる可能性を持っています。 働きざかりのときは仕事や対人間係のストレスがあり、ときには夫婦や親子の問で問題が起こり、ストレスを増大させることもあるでしょう。

うつの中には、一見しただけでは分かりにくいものもあります。 1つめが「高齢者のうつ」で、配偶者や子供との死別、将来への不安、住み慣れた家からの転居などをきっかけとして発症することがあります。 高齢者のうつの人は、不安感よりも体の痛みなどの不調を訴えたり、怒りっぽくなったりすることが多いため、周囲には年のせいと思われやすいのです。また、うつの診断までいかない状態の方もいます。

レシチンは脳の神経細胞を修復したり、情報伝達をスムーズにしたりするうえで欠かせない栄養。大豆や卵黄、ゴマなどに多い脂肪成分ですが、分子が大きいため、脳に届きにくい。そこで、大豆由来のレシチンの分子量を小さくして、脳関門を通り抜けやすくした新型のレシチンを飲むことが大事なポイントです。病院でうつや不安神経症の治療に使い、よい症例も報告されています。

低分子レシチン「アルファベスト」を使って症状が軽減、または改善した体験談です。