糖尿病と診断されアルツハイマーの症状もあらわれたが糖質を制限し、低分子レシチン「アルファベスト」で驚くほど回復

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

急激に物忘れが増え、精神的にもかなり落ち込んだ

私は、60歳になったころから物忘れやうつ状態がひどくなり、心配した家族に連れられて、病院に行きました。私は、50代後半のときに2型糖尿病と診断され、薬物治療をすすめられました。しかし、薬を飲むと体に副作用が出るため、インスリン注射を打つことになりました。

ところが、血糖値のコントけんたいロールがうまくいかず、倦怠感や不眠・緑内障などの症状が起こってきました。さらに物忘れもひどくなり、買い物に行って買ったものを忘れて帰ってきたり、同じことをくり返し話したりすることが多くなりました。精神的にも落ち込み、外出をさけて、家事も手を抜き、家でじっとしているようになりました。

会話や家事も普通にできるようになった

私は、地元の病院で軽度のアルツハイマー型認知症と診断されました。薬物治療はさけたいと考え、食事などの改善と栄養療法を行っているクリニックをさがし受診しました。治療の前に血液検査や毛髪診断を行っていました。

毛髪診断とは毛髪を調べて、栄養の過不足やホルモンバランス、内臓の状態などを調べる検査でした。こうした検査結果を踏まえた上で問診が行われました。

私は、白米のご飯やパンが好きで、三度の食事でそれらをたくさん食べていました。また、甘い物にも目がなく、ようかん、まんじゅう、ケーキなどもよく食べていました。この病院では、発芽玄米ご飯を主食にし、おかずは野菜や魚中心にするよう言われました。さらに、甘い物をやめることと、低分子レシチンをとることを言われました。

また、インスリン注射も、打つ量を少しずつ減らすよう言われました。

私は、家族の支えもあり、2ヶ月後には、食後2時問の血糖値は165mg/dl とまだ高いものの、体の倦怠感が取れてきました。5ヶ月後には、食後血糖値は160mg/dlになり、8ヶ月後には132まで下がったのです。このころには、インスリン注射をやめられたそうでした。そして、体調がとてもよくなり、うつ状態や、物忘れなどの認知症状が大崎に改善され、家族との会話や家事もふつうにできるようになり、表情も明るくなったとと言われました。