生姜を実際に使ってみての使用感や感想

体温が上がることで様々な症状やツライ病気などが改善したり、軽減した体験談。西洋医学で治りにくい症状、病気が生姜により体温アップで改善したさまざまな体験談。

[PR]リカバリーウェア(休息専用ウェア)の使用感・効果

生姜でツライうつが改善

私は、女子大学を卒業後、すぐにあこがれの会社へ入社しました。元気に仕事をしていたのですが、、入社して3年目、会社内の人間関係のトラブルに悩み、26歳のとき、うつ病を発症してしまいました。入院するほどの重症ではなかったのですが、自分ひとりで生活するのは困難なため、会社を辞めて実家に戻り、両親と一緒に暮らし始めました。

とにかく1日中何もやる気がしない、特に朝方は動けない、ものが考えられない、何か物悲しいという精神症状に加え、極度の便秘、四肢の冷え、肩こり、頭重、生理痛などの身体症状にも悩まされていました。

「うつ病は『心の風邪』ともいわれ、漢方では『体の冷え』から起こる陰性病だと東洋医学の先生に言われました。とにかく、体を動かすため散歩から始めて、体を温める『陽性食品』をしっかり食べるように言われました。

食べ物の「陰」「陽」

毎日、生姜紅茶を飲むように言われました。

漢方では、生姜とシソの葉は「気を開く」、つまり「抑うつ気分をよくする」といわれているためだそうです。うつ病の漢方は、半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)も生姜としその葉を中心につくられているのだそうです。

3ヶ月後に、明らかに目の輝きが強くなっていると褒められました。朝が起きられるようになり、肩こり、頭痛、冷えもほぼよくなりました。

紅茶にに生姜を5~6つまみも入れ、かなり辛くして毎日3~4杯飲んでいたのですが、1ヶ月ほどで体調が少しずつ変わりました。一緒に両親も飲んでいますが、母は便秘が解消し、父はダイエットでき6kgもやせました。

うつに関しても、朝起きられるようになってからは自分でも自覚できるぐらい体調が良くなってきました。最近は、料理に蒸し生姜を使うようにしています。蒸し生姜の作り方はこちらでとても簡単です。

体温をあげたら心臓の不安が消失

私は、45歳をすぎるころから、明け方4時前後、よく動悸と胸痛が起こるようになりましたた。病院では「異型狭心症」と診断されました。毎日服薬はしていましたが、なかなか改善するには至りませんでした。

特に、前日宴会などで飲酒が多いと、発作が激しいという傾向がありました。主治医から、酒を控えること、少し体重を減らして心臓の負担を軽くするよう指示されていましたが、もともと食べることが好きで、思うようにやせることができませんでした。

あるとき、妻から「生姜紅茶」を飲むとやせる」という話を聞きました。ひとまず、起床時に1杯、昼は会社で秘書に頼んで1杯と飲用するようにしました。来客時のお茶のときも、自分の紅茶には必ず生姜を入れるなどして、それを徐々に増やし、帰宅後にも1杯と、1日必ず4~5杯飲むようになった。それからは、体がポカポカと温まり始め、まず排尿がよくなりました。そして、少々酒を飲みすぎても二日酔いをしなくなりました。

1ヶ月聞くらい続けて、大きな変化がありました。もう2週間、明け方の狭心症発作がなくなっていたのです。しかも、なんと体重も1ヶ月間で3kgも減量できました。そのあとも体重は少しずつ減り続けた。6ヶ月間で5kg減少し70kgとなり、快調な日々が送れるようになりました。

「異型狭心症」とは、動脈硬化が特になくても、心臓に栄養を送っている冠動脈が痙攣を起こして狭く細くなり、狭心症の症状を示す病気です。

現代医学的にいうと、生姜のジンゲロール、ジンゲロンなどの成分が血管を拡張、紅茶の中のカフェインが強心利尿作用を発揮して、心臓のはたらきを強化したことが発作を止めるのにつながったと考えられるようです。漢方医学的には、「異型狭心症」の発作やぜん息の発作をはじめ、人の突然死も午前3時から午前5時という「気温や体温が一番低い時間帯」に多く起こりやすいのです。

生姜紅茶によって体温が上昇、心筋への血流がよくなり、心臓のはたらきが回復したものと考えられる。心臓が強くなると、腎血流量も増える。そのため、体内の余分な水分が排せつされ、体重も減ったとのことです。

肝機能障害が生姜紅茶+黒砂糖で正常に

特に具合が悪いと感じているわけではないのですが。ここ数年、人間ドックを受けるたびに、肝機能異常( γ-GTPのみ高値)と、右乳房のしこり(直径1cm×1.5cm) を指摘されていました。

γ-GTPは、一般的に飲酒過多の指標とされ、酒を飲みすぎると上昇する数値です。私は、いつも50~60と女性としてはやや高めでした。

人間ドック担当の医師から「お酒を控えるように」といわれるのですが私が「一滴も飲めません」と答えると不機嫌な顔をされてしまいます。私の体重はここ5年くらい66kgと変化は特にありません。

60歳を過ぎたころからひざや腰がときどき痛くなるようになったのは加齢のせいか?と思っていました。近くの整形外科の医者からは、「とにかく体重を減らすように。減れば痛みはなくなります」といわれました。

どうしたらいいものかと思い悩んでいたとき、「生姜紅茶ダイエット」の記事が目にとまりました。

「食事も変えず運動をしなくても、体重が減った」という体験談に興味をひかれ、とにかく、生姜紅茶 を実行することにしました。朝食前に黒砂糖入りの生姜紅茶を1杯飲み、午後3時に1杯、それに入浴前に1杯と、1日3 回飲むようにしました。2週間もすると冷え性だった体がポカポカと1日中温かくなっったのには驚きました。

便秘がちだったのに大便が1日2 回も出るようになり、排尿は1 日4 ~5回だったのが、8 ~9回に増えました。

すると、ポコツと出ていた下腹が引っこみました。次にウェストが76cm→73cmまで細くなりました。体重も3ヶ月で6kgも減量できました。それによってうんと体が軽くなり、足腰の痛みはまったくなくなりました。人間ドックで検査したところ、γ-GTPが20と正常値に。それに、ここ5年間指摘され続けていた右乳房のしこりもなくなったといわれてさらにびっくり。これからもさらなる体重の減少を目指して、生姜紅茶を続けたいと思っていまっす。

現代医学では、γ-GTPは飲酒過多の指標とされています。だが、自然医学的な見方からすると、それは水分過剰のひとつのサインと見てとれるのだそうです。

漢方医学では、二日酔いを「アルコールで酔う」とは考えず、「水毒」ととらえています。

今、すぐに余分な水分を排出する8つの方法 5症例の紹介(水毒改善例)

二日酔いのときは、頻尿、下痢、嘔吐というように完全に「水」を体外へ出そうとする症状のオンパレードになります。

そこで、二日酔いに漢方薬の五苓散(ごれいさん)という利尿剤で症状は消失します。ビールの93% 、日本酒やワインの86% が水分だ。だからアルコールを飲みすぎるということは水分を摂りすぎている、ということと同義です。

私も日ごろ、お茶、コーヒー、水など水分を摂るのが好きで、それが原因で体を冷やし、冷え太りや水太りになり、γ-GTP が上昇していたものかもしれません。また、体の中に水や冷えがあると痛みやすいのもうなづけます。そのせいで足腰の痛みも現われていたのでしょう。

私は、30代の時、胃がんの手術を行いました。そのあと、なかなか体重が増えず、、50kgを超えることがなく(身長160cm)悩んでいました。

そして、手術後は「体の冷え」も自覚するようになりました。また、ときどき起こる食欲不振と吐き気にも悩まされていました。一昨年の冬、息子のサッカーの試合を見に行ったときのこと。寒風の中、2時間ほど応援していたところ、急激な腹痛に襲われました。

救急車で搬送。腸閉塞の診断を受け、即手術となりました。幸いそれ以上のことなきを得たが、さらに体重は減り、体の冷えも強まるようになりました。

そして、去年の2月。E家の前の雪かきをしていたら、また同様の腹痛が起こってしまいました。緊急入院したところ、再び腸閉塞だと告げられました。

今度は手術をやめ、点滴による内科的保存療法を受け、なんとか1週間で退院しました。

こんな出来事が続いたあとに「腸閉塞の予防法が何かないか」と東洋医学のクリニックを受診しました。た私は生姜、山椒、朝鮮人参からできている大建中湯という漢方薬を処方していただきました。漢方薬で腸閉塞に使われる生薬の定番だと教えていただきました。

朝と寝る前に生姜湯を飲むことにし、風呂上がりには生姜湿 を腹部にあてるようにしましたこれを続けると、、長時間、少々寒い所にいてもまったく平気になりました。そして、それまで触わると冷たかった腹部が温かくなりました。食欲も湧いてきて、体重が5kg増。もちろん吐き気はなくなったし、腸閉塞の前兆も感じられません。元気な毎日を送れるように体が回復しました。私の体には生姜と朝鮮人参(高麗人参)がとてもよく効いたようです。

私が編集の仕事をフリーではじめたのは、会社員時代にリウマチになり、それが原因で退社してからです。

会社への通勤はなくなったものの、梅雨どきや冬の寒い日、また、雨の降る前日や湿気の多い日には、四肢の関節(両手首、両ひじ、両ひざ) は強く痛み出します。左ひじと右手首はすでに硬直し、変形をしています。

関節への負担を少しでも軽くしようと、何回か、さまざまなダイエットを試みはしたのですが、思うようには長続きせずに終わりました。

昨年の梅雨どきに、リウマチが悪化。血沈が90 mm/h (正常値20mm/hまで)、炎症反応(CRP) が8.0 (正常値0.4以内) と、かなり数値も悪化してしまいました。

かかりつけの医者からは、炎症を抑えるためステロイドホルモン剤を処方されました。ところが、以前服用したときムーンフェイスの副作用が強烈に出たので、服用はしないようにしていました。

ちょうどそのころ、毎月本屋さんから届けてもらう健康雑誌をパラパラめくつていたら、「生姜紅茶」の特集があり目を引かれました。興味をひかれたので、さっそく試してみることにした。しかし、右手首の強烈な痛みがああるため、生姜を十分にすりおろすことができないのでチューブ入りのおろし生姜を使うことにしました。

熱い紅茶にチューブからおろし生姜を入れ、それにハチミツを加えて飲み始めました。

私の場合、四肢の痛みのほかに、顎関節の痛みもあります。そのため、食物がよくかめません。そのうえに食欲がまったくなっていたので、2日間は生姜紅茶を1 日5~6 回、それにパック入りの玄米のお粥とインスタントみそ汁を少々という食事ですませていましたた。

すると、ここ数年は冷え性のため、汗などほとんどかいたこともなかったのに、の手足の先はポカポカと温かくなり、額や顔、背中に汗が出始めたのです。これにはとても驚きました。

そしていつもより、尿の量も増えました。そして、3日目の朝、顎や四肢の痛みはこれまでに比べると半分以下になりかなり楽になりました。

炊事をする意欲も出てきたのには驚きました。生姜置く茶が体を温めてくれたものと確信しました。普通の食事を摂りながら生姜紅茶を1日4~5杯飲み続けたところ1ヶ月目には起床時以外、ほとんど痛みを感じなくなったのです。

体重を測ってみてびっくり。1ヶ月前から5kgも減り、53kgになっていました。

途中3~4日、ほとんど食欲がなく、食事がのどを通らなかったのを差し引いても、これはかなりの減量です。

その後、再検査をすると血沈が35mm/h 、炎症反応は2.3とまだ異常値ではあるものの、かなりの改善された結果が出ましたた。

これは生姜紅茶による排尿・発汗作用の促進と、保温作用により、体重の減少と痛みの軽減が見られたのでしょう?と言われました。また、生姜のジンゲロン、ジンゲロール、ショウガオールなどの辛味成分による鎮痛作用、消炎作用も、痛みの軽減には役に立ったのでしょう。

生姜の冷え取りの実力 http://full-power.info/archives/207

私は、幼少時よりアトピーを患い、ステロイドホルモン剤の内服や外用をはじめ、さまざまな治療をずっと受けてきましたた。しかし、いくら服用しても治るどころか悪化するばかりで、ホントにイヤになっていました。ステロイドは塗ると1~3日痒みはおさまりますが、その後は地獄のよう日々が待っています。猛烈に痒くなるのです。

万策つき、漢方薬に可能性を求めて、漢方薬を注した治療をするクリニックを受診しました。

全身の皮ふに発赤(皮ふが充血して赤くなる)、落層(皮ふの表層がはげ落ちる) を伴うアトピー性皮ふ炎があり、顔、首、前胸部や両腕は掻き壊して腫れ、ところどころに黄色い汁が出ている状態でした。顔の皮ふは長年のステロイド剤塗布のために黒ずんでしまいました。

アトピー(湿疹) の原因は自然医学的には体温低下と水分過剰と考えるそうです。その水分を外に排出しようと、湿疹になる。という繰り返しなのだそうです。

また、アトピーの人は過食する傾向があると言われ図星でした。。体内にたくさんたまっている老廃物を水分と一緒に皮ふを通して排せつしようともする。それがときとして滲出液に悪臭が伴う原因だと言われました

「少食にする」こと、「体をよく温めること」を鋭意実行するように指導いただきました。

私は、、起床後、毎朝1万歩(約5.5m) 歩き、家に戻ったら朝風呂に入るようはじめました。

朝食はニンジン2本・リンゴ1 個でつくるジュースをコップ2杯半だけ飲んですませた。このニンジン・リンゴジュースはビタミン、ミネラルが多く含まれているので、脳を目覚めさせるには十分なのだそうです。昼はそば、夜は主食を玄米、副食はみそ汁、野菜の煮もの、魚介類など和食中心の食事と、少食にきりかえました。

そうしたところ、最初の1ヶ月間は全身の皮ふから黄金色の汁がドロドロと排せつされ、まるで悪化したかのような症状でした。しかし、ここをガマンして続けていると、3ヶ月目にはかゆみが半減。皮ふも乾燥して、黒ずんだ感じが取れ、かなりの改善となりました。

3ヶ月後には体重も64kgに減り、身軽になりました。ところが、その後の3ヶ月はは一進一退の状況で、皮膚の状態も同様でした。手足の極端な冷えがあることを伝えると生姜紅茶を飲むように言われました。

生姜紅茶を朝のジュース後に1杯、昼食後に1杯、夜の入浴前に1杯飲んでもらうことにしました。また、入浴をする際は塩風呂(自然塩の租塩を ひとつかみを湯船に入れる) にし、全身浴の後、半身浴を行いました。

すると、入浴中とそのあとはもちろん、日常の生活でも、これまでほとんどかけなかった汗をかくようになりました。排尿の量が驚くほど増えて、皮ふにも潤いが出てくる。かゆみや発赤も消えました。

あれほど私をを苦しめていたアトピーが、生姜紅茶を始めて6ヶ月後にははとんど治ってしまったのだ。体重もさらに60kgにまでダイエットできました。私のさんの好転の様子をクリニックの先生は、現代医学的に言い換えると生姜のジンゲロン、ジンゲロールによる保温・消炎・抗アレルギー作用と、紅茶のカテキンによる消炎・抗アレルギー作用が奏功した、ということだそうです。

現在は、アトピーもだいぶいいのですが、スキンケアには、美肌精油ジェルの3点セットでいい状態を保てています。

私のように長年かけて悪化させてしまったアトピーは、本腰を入れて本気になって治療に励まないといい状態にはならないようです。副作用のような症状で一時期悪化しましたがあのとき、何度もやめようと思いましたが続けてよかったと思います。まさかステロイドを使わない日がくるなんて思いもしませんでした。

結局、肌がきれいなるまでに8ヶ月ぐらいかかりましたが、絶対よくなる!と信じてやってよかったです。

もともと、偏頭痛や生理痛がひどく、寝込むこともしばしばある体質でした。人にはいつも体が弱そうな印象を与えていたように自覚もしています。風邪もよく引いていました。クリニックでは開口一番、「冷え性ではないですか」と聞かれました。なぜ?冷え性だとすぐにわかったのかがそのときは全く見当もつきませんでした。

体温を計ると35.3度でした。そこで、「体を温めることを徹底してやりましょう。毎日、生姜紅茶か生姜湯を1日最低3杯以上は飲むことにしました。入浴は半身浴をしっかり。できれば生姜風呂がいいと言われました。そして寝るときはいつも腹巻きを着用しました。

その後、結婚後10年経っても子宝に恵まれず、さまざまな西洋医学的な不妊症治療をしても効果がなかったことを伝えました。これもすべて下腹部の冷えから来ていることは間違いないと言われました。

その後、なんと、翌々年の新年に、「おかげさまで、昨年の秋に子宝に恵まれました。夫とともに喜んでいます!と報告しました。

いつも「この子は生姜ベビーだね』と夫婦で話しています。

「生姜湯、生姜風呂の半身浴、腹巻き」の3点セットを続けたところ、の長年の冷え性が治り、体温もグッと上昇し、偏頭痛と生理痛が解消。それだけでなく無事に妊娠、念願の出産の夢が叶いました。生姜による温め効果がすべての鍵だと感謝しています。

20年以上続いた花粉症の症状が消失

私は、学生時代から50歳になるまでずっと58kg也のベスト体重を維持してきましたた。健康診断では何の異常も指摘されたことがなく、すこぶるつきの健康状態を当たり前に保ってきました。それが50歳をすぎるころから徐々に太り始め、52歳の暮れにはついに体重が62kgになってしまいました。

食生活をはじめとして、生活習慣が特に変化したわけではないで不思議でなりませんでした。

しかし、よく考えてみると、ここ1~2年は大便がすっきりと出ない、尿の回数は増えたものの、1 回の尿量が減ってきていることは自覚がありました。

そんなとき、ある健康雑誌から生姜紅茶 でダイエットできることを知り、早速、朝食にハチミツ入りの生姜紅茶を飲み始めることにしました。

前夜、宴会などで飲食が多すぎたときは、朝食は生姜紅茶2杯だけにし、そうでないときは生姜紅茶に加えて、好きなリンゴをすりおろして食べることにしました。

そして、生姜紅茶を飲み始めてから2~3日が過ぎた。すると、大便が若いころのようにドカンと気持ちよく出るようになったのです。

排尿にいたっては、通勤時間中にガマンするのがやっとというほど、大量かつ頻繁に出るようになりました。

まず、起床直後に1回、自宅を出るときに1回、乗車駅について1回、乗り換え駅で1回、降りる駅で1 回、会社に着いてから1回とわずか2時間の間に6 回。1日合計して10~12回も気持ちよく大量に排尿するようになったのです。すると、なんと3週間で4kg、2ヶ月間で計5kgも体重が減少したのです。

20歳台のときと同様の身体の軽さ、動きやすさに戻り、すっかり若返った感じました。血圧も、もともと110/70mmHGくらいとやや低めだったが、ここ1年くらいは150/100mmHGと上昇傾向にありました。これもいまでは120/80mmHG、ジンゲロールやカテキンなどの成分による抗アレルギー作用が奏功したといえるのでしょう。

生姜の効能は、冷えだけじゃない!http://full-power.info/archives/211

もともと10代の頃はスマートなスタイルが自慢でした。しかし、23歳で最初の出産をしてからは、体重が1人産むごとに約5kgも増加してしまいました。3人目を出産したあとは、ついに現在のように60kgを超えるまでに増えてしまいました

いろいろとダイエットを試してみるのですが、一時的に効果があっても、すぐにリバウンドする、ということのくり返しでした。また、ひどいときは週に1~2回しか便通がない。そのためか、肩こり、頭痛、肥満、腰痛に悩まされました。下剤を使ってもまったく効かないか、逆に効きすぎて下痢・腹痛を起こす、という状態を10年間もくり返していました。

そんなとき、ある健康雑誌で「生姜紅茶は便秘に効く」という記事が目にとまりました。「生姜」と「紅茶」なら副作用も心配ないはずだと思い、早速、飲み始めることにしました。

起床直後、昼食前、夕食前、就寝前の4回、生姜紅茶 を飲んだところ、その翌々日から下剤を飲んでいないのに大量の便が出るようになりました。次にお腹が引っこみ、2週間後には体重3kg減。ウェストも次第に減少して、身も心も軽くなったように感じられました。

食事の内容をまったく変えていないのに体重が減って驚きました。体が軽くなってからは、毎日の大の散歩の距離がそれまでの2倍近くに伸びるようにまでなりました。生姜紅茶を飲み続けて3ヶ月後の今日、当初からは6kg減少して51kg になりました。