食事療法は徹底できないけれど、壊疽はイヤだ!テンペ菌発酵の薬草茶「八酵麗茶」で救われた

血糖値が高くなり始めたのは、一昨年の終わり噴からでした。「あれあれ」と思っているうちに、血糖値は340mg/dlを記録!

私の息子は、透析専門病院で看護師をしています。だから糖尿病の合併症で苦しんでいる方々さんをたくさん見ていて、「問食をやめないと人工透析が必要になるかも」と何度も息苦してくれました。

でも友人とのつき合いで、お茶を飲んだりすることもあるので、なかなか食事療法を徹底できずにいたのです。そんなある日、病院で壊痘のため足先を切断した糖尿病患者さんを見て、衝撃を受けました。このままだと、将来は自分も...。

と恐ろしくなり、テンペ菌発酵の薬草茶「八酵麗茶」を飲み始めたのです。飲み始めたのがちょうど暑い夏だったので、毎日薬草茶をたっぷり飲みました。

すると9月の検査では300mg/dlあった血糖値が10月には140mg/dlになったのです。さらに翌月には96mg/dlとさらに数値はダウン。10.3 % もあったヘモグロビンA1Cも5.9 %に下がっていました。薬草茶のおかげで合併症の心配もなくなり、本当にほっとしています。血糖値だけでなく、肝臓の数値もよくなりました。