クエン酸

クエン酸とは、柑橘類に多く含まれる有機酸の1つである。我々の体は、「クエン酸サイクル」というしくみでブドウ糖(グルコース)からエネルギー(ATP :アデノシン三リン酸) を作り出している。運動などにより疲労物質の乳酸が蓄積されると、クエン酸サイクルによるエネルギーの産生効率が低下する。そこにクエン酸が補われると、再びクエン酸サイクルが働く。クエン酸は、疲労物質・乳酸を取り除き、疲労回復の効果をもたらすのである。

効能、効果は、疲労回復。ミネラルの吸収促進。耳下腺ホルモン・パロチンの分泌促進。

食べ物に含まれる炭水化物・糖質は、消化管から吸収されて血液中にブドウ糖の形で利用される。細胞内のエネルギー産生工場であるミトコンドリアでは、ブドウ糖からATPを作り出す際に、クエン酸サイクルが活発に回転する。クエン酸サイクルは、TCA サイクルあるいはクレブス・サイクルとも呼ばれる。クエン酸サイクルのしくみは、 すべての経路がアセチル-CoAを産生し、さらにクエン酸サイクルで酸化されて、最終的には酸化的リン酸化によりATPを産生する。


運動などによりブドウ糖が消費されるとき、クエン酸サイクルでATPが産生される。しかし、ブドウ糖を燃焼(酸化) する際、すべてが利用できるわけではない一部が乳酸にかわる。
そして、過度な運動や長時間の運動では乳酸が蓄積する。


乳酸は疲労物質であり、脳が乳酸の蓄積を感知すると疲労感を感じるのである。日本での臨床試験として、名古屋工業大学から報告された「運動後のレモン果汁とグルコース混合液摂取によるヒト血中乳酸減少の促進」といったデータがある。
疲労回復の作用の他、クエン酸は、食物に含まれるカルシウムなどどミネラル頬の吸収を促進する。さらに、クエン酸の酸味刺激によって、耳下腺からパロチンというホルモンが分泌される。パロチンは、体内の代謝を促進し、正常な機能の維持に関与する。

特に決まった摂取量はない。目的に応じて随時利用する。なお、一連のクエン酸サイクルでは、クエン酸だけを補給すればいいのではなく、各種のビタミンやミネラル、アミノ酸なども必要なので、マルチビタミン、マルチミネラルといったサプリメントとの併用が基本となる。

梅肉エキスで血流も改善