コラーゲン

コラーゲンとはタンパク質の一種であり、皮膚や骨、 豊富に含まれている。細胞の間を埋めるように存在し、軟骨などの組織に 結合組織の主な構成成分である。 美肌効果、骨粗髭症や変形性関節症に対する作用、骨の健康維持といった目的で利用されている。

作用、効能は、美肌効果。皮膚のアンチエイジング(抗加齢) 効果。骨粗鬆症の予防と改善。変形性関節症の予防と改善。 コラーゲンを化学的に処理するとゼラチンができる。ゼラチンをさらに小さくすると、コラーゲンペプチドとなる。これらを総称して、コラーゲンと呼んでいる。

コラーゲンの体内での働きを調べた研究では、投与されたコラーゲンが関節軟骨に集積することが示された。また、骨に対する効果を検証した実験では、コラーゲンを投与することで、骨のコラーゲンの分解が抑えられたという。 これまでに行われた臨床試験では、コラーゲンによる関節炎や骨粗鬆症の改善、皮膚に対する効果が示されている。

まず、関節炎の患者にコラーゲンを投与した臨床試験によると、膝や股関節の痛みの緩和および関節機能の改善が認められた。 また、関節炎のモデル動物を用いた研究では、SOD(スーパーオキシド・デイスタムーゼ)とコラーゲンとを合わせた成分を問うよすることで関節炎に対する効果が見られた。

さらに、30歳代の女性を対象にした、美容・美肌に関する研究では、魚に由来するコラーゲンを投与することで、肌の水分維持、皮膚の柔軟性や粘弾性の増加、肌荒れの改善といった効果が示された。1999年に磯子中央病院から報告された臨床試験によると、コラーゲンペプチドを主原料とする健康食晶を成人女性に2ヶ月間間投与したところ、皮膚症状(シミ、肌のべたつき、吹き出物) や身体症状(便秘、腰痛、冷え症) などに改善が認められたという。

コラーゲンのサプリはこちら。