にんにく

ニンニクは、古来より滋養強壮に効果があるとして、世界中で使われてきた。 欧米では、ハープサプリメントとして分類され、高脂血症や高血圧症に対する効果が示されている。

また、ガンなど生活習慣病にも効果が期待できる。 現在、ニンニクの匂いを抑えたサプリメントが入手できる。

効能、効果は、コレステロール値低下作用。高血圧症や動脈硬化の予防と改善。抗ガン作用。

有効成分として、アリインやアリシンが知られている。アリシンは、ニンニク臭に関係するイオウ化合物で、アリインが変化してできる。抗酸化作用や抗菌作用、コレステロール合成阻害作用が示されている。その他、LDL(悪玉)コレステロールの酸化抑制作用や抗凝固作用もある。

高脂血症に対するニンニクの効果を検証した研究では、45の臨床試験の結果がまとめられている。

ニンニクを4~25週間投与することで、総コレステロール値が4~12% 低下し、LDLコレステロール値も改善(低下)傾向にあった。

ただし、HDL (善玉) コレステロール値を上昇(改善) させる作用は明らかではない。たとえば、42人の外来患者を対象に、1 日あたり900mgのこンニクサプリメントを12週間投与した研究では、総コレステロール値が262mg/dlから247mg/dlへ低下したという。

高血圧症に関しては、3つの臨床試験によって効果が示されている。
プラセボ(偽薬)群に比べて、ニンニクサプリメント投与群では拡張期(最小)血圧が2~7%低下、収縮期(最大)血圧が3%低下した。

ある臨床試験では、12週間のこンニクサプリメント投与によって、収縮期血圧が171mmHGから152mmHGへ、拡張期血圧が102mmHGから91mmHGへと低下した。

また、総コレステロール値も、268→230mg/dlへと改善した。動脈硬化の予防効果を検証した研究では、280人を対象にして、ニンニクを4年間投与した結果、動脈硬化の進行が抑えられたというデータが報告されている0疫学調査では、ニンニクの摂取が多いと、消化管のガンの発生が抑えられるという結果が知られている。

また、18の研究をまとめた報告によると、ニンニクは特に大腸ガンの予防に効果があるとされた。

その他、血小板凝集抑制作用や抗真菌作用が示された。

にんにくでガンを予防する | パワー
http://full-power.info/archives/318


やわたの熟成にんにく卵黄 | パワー
http://full-power.info/%E7%86%9F%E6%88%90%E3%81%AB%E3%82%93%E3%81%AB%E3%81%8F%E5%8D%B5%E9%BB%84