イチョウ葉エキス

イチョウ葉エキスは、葉から有効成分を抽出したサプリメント。これまでに多くの臨床試験が報告されており、痴呆症や閉塞性動脈硬化症に伴う症状を改善する効果が確認されてる。ドイツを中心とした欧米での臨床試験に加えて、日本でも研究報告が多く注目の成分となっている。。なお、イチョウ葉エキスは、日本や米国ではサプリメントであるが、ドイツやオーストリアでは医薬品として扱われる。

特に循環器系に有効で脳の血流改善目的で使用されることが多い。記憶力を高めたり、老化を防止するといった効果に注目が集まります。血液凝固を防ぐために血行不良による疾患にも広く利用されている。抗酸化作用が強力でフリーラジカルの形成を防ぎます。

効能は次のとおり。アルツハイマー型痴呆に伴う症状の改善。脳血管性痴呆に伴う症状の改善。間欠性披行など末梢血管障害の改善。高血圧改善作用。脳梗塞慢性期の血流改善。記憶障害の改善。抗ストレス作用。抗酸化作用。正常眼圧緑内障の視野欠損改善。

イチョウ葉エキスの有効成分は実の銀杏ではなく、葉に由来する。有効成分として、特にフラボノイド類とテルペン類が重要である。たとえば、テルペン類の1 つ、ギンコライドB は、PAF(血小板活性化因子) を阻害することで抗凝固作用(血栓をできにくくする作用) を発揮する。また、フラボノイド類は、虚血による酸化的障害を抑制し、過酸化脂質の生成を抑制。

痴呆には、脳血管障害による痴呆と、アルツハイマー型痴呆があり、イチョウ葉エキスは、両方のタイプの痴呆に効果が認められている。

まず、ドイツでの臨床試験では、216人の痴呆患者に対して240mgのイチョウ葉エキスが24週間にわたり投与された結果、アルツハイマー型痴呆および脳血管性痴呆の両方が改善し、特に問題となる副作用は認められていない。

1日あたり120~240mg を2~3 回に分けて服用。 6~8週間程度、継続したあとで効果を判断する。

なお、日本におけるイチョウ葉エキスは、品質にばらつきが認められる。適切な品質のサプリメントは、22~27% のフラボノイド配糖体と5~7%のテルペン類を含む。 また、アレルギー物質であるギンコール酸は除去され、5ppm未満とされている。
イチョウ葉エキスのサプリはこちら。