フィーバーフュー

フィーバーフュー(夏白菊) は、欧米で何世紀にもわたり、利用されてきた伝統的なハーブである。伝統医療では、さまざまな疾患・症状に用いられてきたが、現在では、頭痛、特に慢性的な偏頭痛の予防のために利用されている。

効能、効果は、偏頭痛の予防。偏頭痛の発作回数の減少作用。 有効成分はセスキテルペン・ラクトン類と考えられ、フィーバーフューの葉に存在する。39種類以上の成分が見つかっており、それらが共同して働くことで、効果を発揮すると推測されている。

しかし、偏頭痛の予防に関して、詳細なメカニズムは、わかっていない。基礎研究では、血小板凝集抑制作用、血小板からのセロトニン放出抑制作用、抗炎症作用、血管攣縮抑制作用、抗ヒスタミン作用、血管内皮細胞保護作用などが示されてきた。 フィーバーフューの偏頭痛に対する効果に関して、欧米では数多くの臨床試験が報告されている。

ほとんどが鎮痛剤の使用で副作用を気にしながら対処療法となっている人が多い。

それらの結果を総合的に判断すると、フィーバーフューは、偏頭痛の予防および発作回数の減少に効果があるといえる。たとえば、偏頭痛予防薬としての効果を検証した臨床試験では、147人を対象に、フィーバーフューが12 週間投与された。その結果、1ヶ月に4回以上の偏頭痛を認める患者群において、予防効果が認められたという。また、72人を対象にして、ィーバーフューを4ヶ月間毎日投与した臨床試験では、対照群に比べて、フィーバーフュー投与群における効果が報告された。その他、複数の臨床試験において、効果が示されている。

フィーバーフューで片頭痛を緩和、予防する