糖分の多さが気になる「干しブドウ・干し柿」

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

干し柿や干しぷどうなどの乾燥フルーツは、栄養価が高く、繊維質も含んでいる食品ですが、糖分の多さが唯一、難点でもあります。 干すために、水分が失われ、糖分が増えて、甘みが凝縮されるのです。

干し柿で約70% 、干しぷどうでは何と83%以上が糖分なのです。この糖分の多さは、当然高カロリーにつながり、干し柿は生の柿の4倍以上、干しぷどうは生のぶどうの6倍近いカロリーをもち、肥満の要因となります。

柿やぶどうでビタミンC をとる目的なら、生で食べるほうが望ましいと言えるでしょう。ただし干し柿は、ビタミンA を生の柿の3倍近く含んでいます。また干し柿、干しぶどうは、高カリウム食という点で高血圧の改善に効果をもっています。

問題は、大量の糖分による高カロリーです。干し柿や干しぶどうの糖分は、良質で味わいがやさしいので、単品で食べるのではなく、他の素材をふんだんに加え、大量の糖分を生かした甘味のある料理を作ることをおすすめします。

柿なますは、和食の定番ですが、この他に中華甘煮、サラダなどに加えると、やさしい甘さが料理の味を引き立ててくれるはずです。

また、干し柿や干しぷどうは、カリウムが豊富なので、腎臓が正常であれば、塩分を排出してくれます。食物繊維も豊富ですから便秘改善にも一定以上の効果があります。最近は、デトックスなどでも注目を集めるドライフルーツなども同様です。糖分が多いことだけが難点ですが、それ以外では非常に降圧効果は高いものですので食べ方次第では血圧が高い人にはかなり効果のあるものとなります。
食べ過ぎないことで降圧効果に貢献できます。

高血圧 | 薬を使わない食事療法(病気・症状別)によれば食べ過ぎないことも大切です。