除毒に役立つ食品

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

カットわかめ

わかめのぬるぬるが除毒を助けます。ぬるぬるは、不安物質を体外に排出し、悪玉活性酸素の発生を抑制する不溶性食物繊維と水溶性食物繊維なのです。もどす時間は、湯なら約2分、水なら約5分。長時間つけたり、加熱しすぎたりしてはいけません添加物が多いインスタントラーメンにトッピングするのもよいでしょう。

納豆

納豆は、除毒を行う抗酸化物質を体内で生むために必要な「良質なタンパク質」と、鉄、亜鉛などの「補酵素ミネラル」をすべてそろえた完壁な除毒食品です。ナットウキナーゼの効果は食べてから8時間後にでます。夜7 ~8時によく混ぜて粘りをだして食べて、血栓ができやすい深夜2~3時に効果を発揮させましょう。

すりごま

抗酸化物質の生成に必要な鉄、亜鉛などの「補酵素ミネラル」がそろっているため、肉や魚などタンパク質の多い食品と組み合わせれば除毒に最適です。ごまの重要な成分はかたい皮に守られています。皮つきのままだと消化吸収できないので、煎ってからすりごまにすることで除毒が期待できます。

干ししいたけ

補酵素ミネラルである鉄、亜鉛、鍋、マンガンなどが豊富。β-グルカンなど、免疫力をあげる成分をふくんでいるため、不安物質に負けない体を作ります。抗酸化物質を生成するにはタンパク質とセレン(セレンについてはこちら)が不足しているので、肉頬や魚、卵を組み合わせましょう。調理前に約30分日光にあてるとビタミンD が増えます

含有量を注意する「機能性飲料」

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

魅力的な機能や栄養素に惹かれて、ついつい手がのびる機能性飲料。しかし栄養素は食事からとるのが基本です。
また、カロリー抑え目の製品に使用されるスクラロースやステビアの人工甘味料の安全性には疑問符がつきます。栄養補助目的で飲むにしても、原材料をよく確認して飲むよーうにしましょう。

注意する添加物

  • 甘味料(スクラロース、ステビア)
  • カルミン酸
  • リン酸K
  • 香料

食べ方のポイント

能性飲料の怖いところは、通常の食事で摂ることが不可能な栄養素が入っていることです。含有が少ないなら効果がないというだけですが、多すぎるものは不安です。

添加物の危険性「人工甘味料」

人工甘味料の中でも特に注意したいのは発がん性の疑いがあるサッカリン、血中での分解性が悪いアスパルテーム、変異原性の不安がある甘草、ホルモンに影響するアセスルファムK、臓器に障害を与えるネオテームです。カロリー控えめをうたった商品は砂糖ではなく人工甘味料を使用していることが多いため、要注意です。

人気が高い「ノンオイルドレッシング」は、油を入れない分、風味が劣るため、調味料や香料などの添加物で補っている点が不安です。
できるだけ抽を使用したものを選びましょう。ただし、油の種類も問題です。大豆油、コーン油、綿実油は遺伝子組み換え作物使用の可能性がありますので、原材料名をしっかり見ましょう。

注意する添加物

  • 増粘多糖類
  • 増粘剤(キサンタンガム、加工でんぷん)
  • 香料
  • リン酸塩(Na)
  • 甘味料くステビア)
  • 発色剤く亜硝酸塩)
  • コチニールまたはカルミン

食べ方のポイント

一番は手作りすることですが、難しい場合は市販品にすりごまを加えましょう。アミノ酸系調味料を使った商品は塩分が多いので、カリウム豊富なごまが最適です。

増粘多糖類

果物から抽出される昔ながらのペクチンも増粘多糖類でありますが、そのほかに人工的に製造された増粘多糖類が多数あります。いずれにしても目的は食べ物にとろみをつけたり、ゼリー状に固めるために使用されます。問題なのはまだ体に影響があるのかはっきりとわからないということです。

ポテトチップスは油分に加えて、濃い味付けにするための調味料、香料、甘味料などが心配なお菓子です。一番安心なのは、塩味やのり塩味など比較的シンプルな味付けのもの。揚げ油がパーム油、やし油だと悪玉コレステロール発生の原因になるので、わかる範囲で良質な抽を使っているものを選びましょう。

ポテトチップスの注意したい添加物

  • 調味料(アミノ酸等)
  • 甘味料(甘草、ステビア)
  • 乳化剤
  • 香料

食べ方のポイント

塩分、油分が多いので、食べすぎないにこしたことはありません。油の害を防ぐならごまを、脂肪対策ならキウイを、塩分対策ならりんごを一緒に食べるようにしましょう。

添加物の危険性「調味料」

「調味料」はアミノ酸系、核酸系、酸系、無機塩系の4グループになります。2種類以上のグループの調味料を使用した場合、より代表的なほうのグループ名に「等」をつけて表示します。調味料(アミノ酸等)のようになります。

アミノ酸系調味料に注意「たらこ・明太子」

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

原材料名に「調味料((アミノ酸等)」とあったら要注意。アミノ酸系の調味料は高温の直火で加熱されると、発がん性物質を生成する可能性があります。生成抑制のために、ビタミンC が添加されていることも。大根おろしと一緒に食べれば、大根の酸化酵素が発がん性物質の生成を抑制するので不安を軽減できます。

注意する添加物

  • 着色料(赤色3 号、コチニールまたはカルミン)
  • 甘味料(ソルビット、甘草)
  • 発色剤(亜硝酸Na)
  • 調味料(アミノ酸等)

食べ方のポイント

たらこ、明太子と一緒に調理されることも多いじやがいも。じやがいもの豊富なビタミンC が発がん性物質の生成を抑えるので、ぜひ一緒こ食べて、少しでも不安を軽減してください。

添加物の危険性 コチニール

「カルミン」と表記されていることもあります。発がん性の不安があるため、使用を禁止している国もある色素です。サポテンに寄生する虫が原料で鮮やかな紅色をしているため、清涼飲料水やゼリーなどに使用されています。日本では急性アレルギーが起きた事例があると警告しています。

できるだけ国産を選ぶようにする「油揚げ」

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

外国産の大豆は遺伝子組み換え作物の可能性が高いので、「国産大豆100%と表示されているものを選ぶのがポイント。
油揚げの一番の不安要素は揚げ油。しかし、表示義務はありません。コーン油やなたね油、大豆油の場合、遺伝子組み換え作物の不安に加え、トランス脂肪酸の不安があるので注意が必要です。

油揚げを食べるときのポイント

油揚げの不安はなんといっても揚げ油。必ず油抜きしてから調理しましょう。薬味を添えるなら、ねぎかしょうがを。ねぎのアリシン、しょうがのジンゲロールは不安成分への抵抗力を上げます。

注意する添加物

  • 消泡剤(グノセリン脂肪酸エステル)
  • 凝固剤(硫酸CA、グルコノテルタラクトン)
  • 酸化防止剤(BHA )

添加物の危険性

BHAは、油揚げの揚げ油などに添加されます。油揚げはどんな油で揚げたのかを表示する義務がありません。そのため、揚げ油にBHAを使用しているかどうかもわかりません。BHAは発がん性の不安が指摘されている添加物です。揚げ油は遺伝子組み換え作物使用の不安もぬぐえないので油抜きは絶対に行います。

かさましでんぷんに注意「かまぼこ」

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

かまぼこを使用する上での注意点

スーパーマーケットなどで市販されているかまぼこには、でんぷんやアミノ酸などの調味料が添加されています。でんぷんはつなぎとしてだけではなく、製品を増量するために使用されていることがあります。 JASマークがついている場合、でんぷん含有率が表示されていますので、4%以下のものを選びましょう。

食べ方のポイント

食べる前に、薄切りにして軽く湯通すること。カルシウム豊富な海苔や根みつばと一緒に食べれば、リン酸塩の不安も軽減。かまぼこ、海苔、根みつばの磯部和えがおすすめです。

注意する添加物

  • 調味料(アミノ酸等)
  • 保存料(ソルピン酸K)
  • リン酸塩(Na)
  • 炭酸Ca
  • 着色料
  • でんぷん
  • 弾力増強剤

添加物の危険性「食用タール系色素」

食用タール系色素には黄色○号、といったように「色」の文字が入っています。ガンや多動症を起こす原因になると言われ、EUでは警告表示お義務がある色素でもあります。赤色、緑色、青色もありお菓子を中心にさまざまな食品に添加されています。紅白かまぼこの場合、赤色106号を使用していないかチェックします。

無塩せきの表示を選びたいハム・ソーセージ

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

ハム・ウィンナーを使用する際の注意点

店に並ぶハムやウィンナーのほとんどは、きれいなピンク色です。これは発色剤を添加しでいるためであり、もともとの肉の色ではありません。 できれば、塩漬け液に発色剤を入れていないことを示した「無塩せき」表示の商品を選ぶのがおすすめです。無添加のハムやウィンナーを常においているお店はまだまだ少ないのですが日頃からそういったスーパーを利用することも心がけることも大切です。また、保存料や着色料も無添加かどうかの確認も必須です。

食べ方のポイント

で、解毒効果が大きいブロッコリーを一緒に食べましょう。 ブロッコリーはガンにも効果を発揮する優秀な解毒食材です。

ブロッコリーに含まれるカロチン、ビタミンC 、ケルセチンがガンを抑制 http://malignant-tumor.com/archives/69

また、体内でビタミンAに変わるβカロテンや食物繊維等が豊富なキャベツもおすすめです。

注意したい添加物

  • 調味料(アミノ酸等)
  • 保存料(ソルピン酸K)
  • PH調整剤
  • 酸化防止剤(ビタミンC)
  • 発色剤(亜硝酸Na)

原材料名に注意する「冷凍食品」

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

冷凍食品を利用する上での注意点

とても便利で現代の食卓には欠かせない冷凍食品にはさまざまな種類がありますが。いずれにしても、着色料や調味料、発色剤、乳化剤、pH調整剤など、たくさんの添加物を使用していることが多い商品です。 また、冷凍食品が霜に覆われている場合は、一度、溶けてから再度固まった可能性があり、品質が低下している可能性もあるので注意します。

食べるときのポイント

みそ汁や納豆、アボカド、ワカメ、キウイといった、ビタミンC 、カリウム、食物繊維が皇宮な食べ物を一緒こ食べることで、脂質や塩分の不安を減らすことができます。

ビタミンCを多く含む食品 http://www.vitamin-qa.info/?p=124

添加物の危険性「リン酸塩」

ちくわ、ハムなどに使われる添加物です。結着剤や品質改良材として使用されます。大量に摂取してしまうと骨の形成異常を起こす可能性があります。また、鉄分不足を引き起こし、貧血の原因になります。複数の食べ物で重複して摂取しないように注意しなければなりません。ちなみに

「貧血を自分の免疫力で改善する方法」 http://www.d-blood.info/2015/04/16/%E3%80%8C%E9%89%84%E5%88%86%E3%80%8D%E5%A5%B3%E6%80%A7%E3%82%84%E9%89%84%E3%81%AE%E6%91%82%E5%8F%96%E3%81%8C%E5%B0%91%E3%81%AA%E3%81%84%E3%81%AE%E3%81%8C%E5%8E%9F%E5%9B%A0/

ここにも書かれているとおり、黒い色の食材を食べることで貧血が軽減されたり改善されるようです。日々の食生活に取り入れたいところです。 現代は、スーパーの素材でも、コンビニの食品、お総菜、外食のメニューはとにかく長期保存が企業側のコストや収益に大きく影響するため、フレッシュな食材で作るものはほとんどありません。手作りする時間がない人が多く、なかなか難しい世の中になてしまいましたが原材料名でのチェックを習慣づける、排出を促進する、ビタミンCそして食物繊維などが大事なポイントです。

注意する添加物

  • 着色料
  • 増粘多糖類
  • 調味料(アミノ酸等)
  • 酸化防止剤(エリソルピン酸Na)
  • 乳化剤
  • PH調整剤

塩分の摂りすぎに注意「レトルト食品」

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

保存料より化学調味料に注意

レトルト食品は、保存性が高い梱包がされているので、保存料が過剰に使用されている不安は少なめです。しかし、凝った味付けにするために、さまざまな化学調味料が使用されている可能性があります。アミノ酸系の調味料を使用していると、塩味を感じにくくなるため、塩分量が多くなる傾向があります。

食べ方のポイント

海藻サラダもー緒に食べれば、海藻のカリウムが塩分過剰の害を防いでくれます。また、量が少ないレトルト食品が多いので、サラダを加えて栄兼バランスを整えるとよいでしょう。

危険な添加物

  • 調味料(アミノ酸等
  • 着色料
  • 香料
  • 乳化剤

添加物の危険性「香料」

香料は古くから伝わるものから化学的に合成したものまでざまざまです。たとえばお菓子に使用さされるバニラエッセンスは、バニラの果実から抽出された天然の香料です。これは大量に摂取市内限り人体に影響はありません。しかし、合成の香料はほかの食品添加物同様人体への影響があります。