できるだけ国産を選ぶようにする「油揚げ」

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

外国産の大豆は遺伝子組み換え作物の可能性が高いので、「国産大豆100%と表示されているものを選ぶのがポイント。
油揚げの一番の不安要素は揚げ油。しかし、表示義務はありません。コーン油やなたね油、大豆油の場合、遺伝子組み換え作物の不安に加え、トランス脂肪酸の不安があるので注意が必要です。

油揚げを食べるときのポイント

油揚げの不安はなんといっても揚げ油。必ず油抜きしてから調理しましょう。薬味を添えるなら、ねぎかしょうがを。ねぎのアリシン、しょうがのジンゲロールは不安成分への抵抗力を上げます。

注意する添加物

  • 消泡剤(グノセリン脂肪酸エステル)
  • 凝固剤(硫酸CA、グルコノテルタラクトン)
  • 酸化防止剤(BHA )

添加物の危険性

BHAは、油揚げの揚げ油などに添加されます。油揚げはどんな油で揚げたのかを表示する義務がありません。そのため、揚げ油にBHAを使用しているかどうかもわかりません。BHAは発がん性の不安が指摘されている添加物です。揚げ油は遺伝子組み換え作物使用の不安もぬぐえないので油抜きは絶対に行います。