除毒に役立つ食品

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

カットわかめ

わかめのぬるぬるが除毒を助けます。ぬるぬるは、不安物質を体外に排出し、悪玉活性酸素の発生を抑制する不溶性食物繊維と水溶性食物繊維なのです。もどす時間は、湯なら約2分、水なら約5分。長時間つけたり、加熱しすぎたりしてはいけません添加物が多いインスタントラーメンにトッピングするのもよいでしょう。

納豆

納豆は、除毒を行う抗酸化物質を体内で生むために必要な「良質なタンパク質」と、鉄、亜鉛などの「補酵素ミネラル」をすべてそろえた完壁な除毒食品です。ナットウキナーゼの効果は食べてから8時間後にでます。夜7 ~8時によく混ぜて粘りをだして食べて、血栓ができやすい深夜2~3時に効果を発揮させましょう。

すりごま

抗酸化物質の生成に必要な鉄、亜鉛などの「補酵素ミネラル」がそろっているため、肉や魚などタンパク質の多い食品と組み合わせれば除毒に最適です。ごまの重要な成分はかたい皮に守られています。皮つきのままだと消化吸収できないので、煎ってからすりごまにすることで除毒が期待できます。

干ししいたけ

補酵素ミネラルである鉄、亜鉛、鍋、マンガンなどが豊富。β-グルカンなど、免疫力をあげる成分をふくんでいるため、不安物質に負けない体を作ります。抗酸化物質を生成するにはタンパク質とセレン(セレンについてはこちら)が不足しているので、肉頬や魚、卵を組み合わせましょう。調理前に約30分日光にあてるとビタミンD が増えます