マカダミアナッツ油にペパーミントの精油を混ぜると、血糖値を下げる効果だけでなく、アディポネクチンによる複数の健康効果も期待できます。

マカダミアオイルマッサージで自律神経を安定させれば血糖値、 血圧が下がる。特に首へのマッサージは 糖尿病の改善に効果てきめん

アディポネクチンの分泌が増加した実験時のオイルの配合は、「マカダミアナッツ油」10mll似たいし0.5% のペパーミントの精油、サイプレスという木の精油0.5%を加えたものです。

サイプレスは香りづけに入れているので、加えるのはペパーミントだけでかまいません。

100mlマカダミアナッツ油に対し、5m;のペパーミントの精油を混ぜて作り置けば、マッサージオイルとして毎日使うのにとても便利です。

これは、いつ塗ってもかまいませんが、毎日塗ることを習慣にすることがおすすめですから、風呂上がりが習慣にしやすいでしょう。ただし、血糖値を下げる効果を期待するのであれば、朝も塗ってみてください。パルミトレイン酸の効果の持続は塗ってから8時間後です。

血糖値は食後に上がるので朝に塗っておくと、その後の食事で血糖値が上がりにくくできるでしょう。

塗る場所は、どこでもかまいません。1回10ml(小さじ2杯分)程度は塗ってください。また、リラックスしたい時に塗るのがいいでしょう。

ストレスがたまって体がだるい、疲れている時がおすすめです。

美肌洗顔テクニック ぬるま湯でごしごし洗いはNG

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

洗顔は毎日のことですから、正しく行えば肌のトラブルを回避するだけでなく、皮膚のターンオーバー(再生) サイクルを高め、肌の若返りにも有効なスキンケアとなります。洗顔に関してよく受ける質問に、「冷水で洗った方がよいか、ぬるま湯で洗った方がよいか?」

というものがあります。答えをいえば、ぬるま湯が正解。冷水で洗うと皮膚が鍛えられてよいという息見もあるようですが、冷たい水で洗うと毛穴が収縮してしまうために、毛穴に詰った汚れが落ちにくくなります。逆に、熱いお湯で洗うと皮脂が取れすぎてしまって、肌の乾燥に拍車がかかってしまいます。冬期間に肌が荒れやすいのはほとんどが乾燥が原因です。

したがって、毛穴が開いてしっかりと汚れが落ち、かつ、皮脂も取り過ぎないぬるま湯が、洗顔にはおすすめです。では、洗顔剤の使い方はどうでしょう? そのまま顔の肌につけるのがよいのか、手の平で伸ばしてあげるのがよいのか? 答えは手の平でよく泡立ててから使うようにします。

理由は、顔の肌への刺激を抑えるため。洗顔剤の中には皮膚のペーハー濃度が弱酸性でなかったり、防腐剤を多く含有しているものもありますので、直接顔に塗りこむと刺激が強すぎる場合があります。そのため、洗顔剤を使う際は泡立ててから使う、これが基本です。

もちろん、洗顔剤は皮膚に残らないようにきれいに洗い流してあげましょう。洗顔の際に、肌のマッサージ効果を高めるからと、ゴシゴシ洗う方がいますが、これは逆効果です。顔をゴシゴシこすると返って皮膚を傷つけてしまって、肌の老化やたるみ肌の原因となります。

顔を洗う際は、指の腹を使うようにして、軽く、やさしくマッサージするようにしましょう。ソフトな刺激の方が、むしろ毛細血管を流れる血液の量(血流量) は増えるもの。洗顔時のゴシゴシは禁物です。そして、最後に洗顔後もスキンケアを忘れずに。というのも、洗顔後は皮脂が少なからず取られてしまうものですから、肌が乾燥しやすい状態にあります。正しい洗顔で毛穴の汚れを落としたはいいが、肌から水分がどんどん蒸発してしまっては、元も子もありません。そこで洗顔後は保湿のケアを。保湿ケアとしては刺激の少ない化粧水を塗るか、乾燥肌タイプの人には天然成分の植物オイルがいいでしょう。

スキンケアの基本中の基本「洗顔」はこちら。洗顔の具体的な手順です。

目元、顔全体

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

疲れが溜まったり、飲みすぎたりした朝などは、目もとのたるみや顔のむくみが
気になるもの。目もとを中心むに、顔全体のリンパを耳前のリンパ節に流すだけで、
すっきりとした小顔美人に。コンタクトレンズは、必ずはずして行います。週末に15~20分かけて行います。

  1. 鎖骨のくぼみを肩からのどもとに向けてマッサージ。皮膚を軽く内側に引っ張るようにさわりながら、リンパを流す。手はクロスさせても、片手ずつでもよい。
  2. 首を包み込むように四指を添え、耳の下から鎖骨に向けて、リンパを流す。皮膚を1 回軽く押したら、力を抜く。
  3. 耳の前に四指をあて、顔を外側に開くイメージでマッサージ。外側から円を描きながら、だんだんと目じりに向かって手を移動する。
  4. 四指を目の下、目頭側にあて、目じりに向かって皮膚を押し回す。目もとはデリケートなところ。優しくアプローチ。
  5. 四指をまぶたの目頭側にあて、4 と同じように目じりに向かって皮膚を押し回す。眼球の上の骨に沿ってアプローチ。
  6. 四指を眉の上にあて、こめかみに向かって、眉をとかすようなイメージで皮膚を押し回す。
  7. めかみに二指か三指をあて、円を描く。次に額の中央に両手の四指をあて、こめかみに向けて、同じように指を滑らせる。
  8. 耳を挟むように手をおき、耳前の指に力を入れる。襟足に向かって円を描きながら、ゆっくりマッサージ。
  9. 頭を手で包み込み、額より上の頭部をつむじ方向に向かって引き上げる。
  10. 耳たぶのすぐ後ろに四指を添え、襟足方向に円を描きながら、鎖骨にリンパを流し込む。「押したら力を抜く」を繰り返す。
  11. 最後に鎖骨のくぼみを肩からのどもとに向けて、軽く押しながら、リンパをすべて鎖骨に流し込む。

あごから耳下のライン

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

スッキリとしたフェイスライン作りに効果のあるマッサージ。あごから耳にかけてのリンパを丁寧に流しましょう。1 か月も続ければ、鏡に映った自分の顔が見違えるでしょう。

  1. まずは鎖骨のくぽみを肩からのどもとに向けて。皮膚を軽く内側に引っ張るイメージで、円を描きながらリンパを流す。顔は左右の鎖骨の状態が影響するところ。両サイドを丁寧に。
  2. 下から鎖骨に向けて、襟足方向に円を描きながら手を滑らせる。円を一つ描いたら力を抜く、を繰り返す。鎖骨にリンパを流すイメージで。
  3. あご先の中央から左右対称に耳の下に向けて、二指か三指であご下の皮膚を押し回しながら手をすべらせる。手首などに精油をつけて、香りをゆったり感じながらマッサージする。
  4. あご、口角、上唇の順にあごへリンパを流すイメージで、皮膚だけを引っ張る。深呼吸とリズムを合わせて。
  5. 口角の両脇に二指か三指をあて、皮膚を外側へ押し回しながらあご下へ流す。
  6. 頬骨全体に指をあて、頬骨のラインに沿って耳の前まで、皮膚を回しながら手を滑らせて、顎下へ流す。

ふくらはぎ、足首

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

ふくらはぎを引き締めるだけで、脚全体のシルエットは、とてもキレイになりますに。うれしいことに、ふくらはぎもくるぶしも、正しいマッサージをしていれば効果が出やすい部位です。脚のむくみと疲れの解消も兼ねてナイトタイムの習慣にし、ほっそり美脚を手に入れてください。ハイヒールでこわばった脚も、スッキリ快復。使用するおすすめの精油は、ゼラニウム
ジェニパー、サイブレス。むくみ解消に効果のあるブレンド。血管が浮き立ちやすいところなので、サイプレスの血管保護効果にも期待。
週末に15~20分程度かけてゆっくり行うマッサージの手順です。

  1. 左の鎖骨のくばみを肩からのどもとに向けてマッサージ。皮膚を軽く内側に引っ張るイメージで、円を描きながらリンパを流す。脚のリンパの排水口でもあるので念入りに。
  2. メージで丁寧にリンパを流す。せっかくのマッサージも、ソケイ部のリンパ節がつまっていては台無し。
  3. 四指をひざ裏にあて、ボートを漕ぐように事前に引く。ひざ裏はリンパの集中するところ。デリケートな部分なので、ゆっくり優しく力を加えて。
  4. くらはぎを、中央で二つに分けるよにイメージして四指をあてる。そのま中央を割るように、ひぎの方向へっ張る。次にすねの骨を両手で挟むうにあて、ひざに向かって滑らせる。いて足首からひざ裏まで。足指の聞くるぶし方向ヘマッサージ。
  5. ひざ裏に両手をあて、ソケイ部にリンパを流し込むイメージで、太もも方向に皮膚を引き上げる。親指でも可。
  6. パートナーがそばにいるときは、かかとに片手の四指をあて、軽く持ちあげ、ひざ裏方向へ手を滑らせてもらう。ひとりのときは両手で、足首を包み込み、そのまま四指でふくらはぎをひざ裏方向に持ち上げる。

太股

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

脂肪がつきやすく、セルライトができやすい太ももは、筋肉と脂肪をもみほぐし、老廃物を浮き出させて、リンパとともに流してしまいましょう。これらの滞りが、「太い脚」の大きな原因。一日でも早めのケアがものをいいます。ひざ上のたるみもスッキリ解消して、「脚美人」をめざしましょう。
おすすめの精油は、ジュニパー、フェンネル、グレープフルーツです。セルライト解消と脂肪分解に効果的。特にフ工ンネルには痩身効果大。香りが苦手でないなら量を増量して使うとさらに効果的。
次の手順は、週末に15~20分かけてじっくり行う手順になります。

  1. 左の鎖骨からスタート。くぼみに指先をあて、肩からのどもとへ、皮膚を内側へ引っ張るイメージで滑らせる。
  2. ソケイ部に四指をあて、そのまま引き上げるイメージでリンパを流す。むくみなどを取る重要なポイント。丁寧に。
  3. オイルを塗ってコーデインク。はじめに外ももを、次に内ももをケア。「スッキリ太もも」をめざすには、外もものケアが大切。固まっている筋肉や脂肪をほぐし、老廃物を浮き上がらせるためのアプローチ。
  4. 1 で、もみ出した老廃物をリンパとともにソケイ部へ流す。皮膚を押しながらお腹の方向に引っ張り上げるように、まずは外ももを、次に内ももを。
  5. もの裏側を半分に割って、ももの中央から左右に押し広げるようにマッサージし、老廃物を浮き上がらせる。ひとりなら四指で、パートナーにお願いするときは親指で。
  6. ももに四指をあて、外側と内側を、円を描きながら皮膚を引き上げ、マッサージ。3 で浮き出た老廃だいたい物を、外ももはソケイ部に、内ももは大腿部のリンパ節にそれぞれ流す。

おしり

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

ヒップの脂肪は落ちにくく、無理なウエイトダウンは、ヒップラインを崩すことに。セルライトのポコボコも気になるし…。これらの悩みは、ヒップの老廃物を押し流して排出するリンパマッサージで解決しましょう。パンツをキレイにはきこなせるキュッとしたヒップラインをめざして、丁寧にマッサージをしましょう。
使用する精油は、グレープフルーツ、ジュニパー、ゼラニウムです。
この3つの精油は、脂肪分解とセルライト除去の効果があるオイルをブレンド。引き締め効果もあるので、ヒップアップにも作用します。

  1. ヒップの脂肪や老廃物がたどり着く左の鎖骨を念入りに。鎖骨のくばみを指先で優しくなで、リンパが流れ込みやすくする。
  2. おへそから腰骨に向かってリンパを流す。四指で足の付け根に向けてお腹を押し下げるイメージで。
  3. 四指をヒップにあて、丁寧に引き上げる。仙骨からはじめ、徐々に中心へと手を滑らせ、脇までマッサージを繰り返す。ヒップアップに効果的。
  4. ソケイ部に四指を少し強めに添えて、そのままお腹の方向に引き上げるイメージでリンパを流す。ソケイ部は下半身のリンパの最大の通過点。リラックスした姿勢で行うのがポイント。

お腹

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

お腹周りに溜まった老廃物をリンパとともに流しましょう。ぽっこりお腹が気になる女性は、多く、便秘も一緒に改善するようマッサージします。脂肪を柔らかくするアプローチも兼ねているので、毎日のケアで確実な効果が期待できるはず。気になる「ポッコリお腹」「ニ段腹」もリセット。はっそりウエストは着こなしのポイント。シェイプアップすると、グーンと若々しい印象になるでしょう。使用する精油は、グレープフルーツ、ゼラニウム、ローズマリーです。リンパの停滞しやすいお腹には、リンパの流れを促進し、脂肪分解効果のあるブレンドを。余分な水分も排泄できます。
次の手順は、週末に15~20分かけてじっくり行う方法です。

  1. 鎖骨のくぽみを肩から、のどもとに向けてなでる。皮膚をのどもとに引っ張るような感じで。お腹周りのリンパをつかさどるのは左鎖骨。ここがつまっていると、せっかくのマッサージの効果も半減。念入りに行う。
  2. オイルは、手で温めてからお腹に塗る。両手の四指で脂肪をにもみながら、右から左、左から右へと繰り返す。
  3. 脇腹の方向へ左から右、右から左へと、両手の四指で脂肪をつまみながらマッサージ。2 、3 のアプローチを連続で3~ 5 回繰り返すします。
  4. ウエストと腰骨の間に手を添えて、お腹の中心部に向かって脇腹をゆっくり押し、3~5 秒静止してバッとはなす。皮膚を押すときは、かなりくぼませるイメージで。左右各5回程度。
  5. 腰骨から恥骨へのラインを拇指球でマッサージ。皮膚を押しながら、腰骨を外側へ開くように引っ張る。
  6. おへその脇に量親指をあて、両手で三角形を作り、下腹部を包むこむよう、ゆっくりと時計回りにマッサージ。

手、腕

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

夏に向けて、タブタプの二の腕が気になって仕方ないから、せっかくのネイルケアなのに指がむくんで見栄えが悪い…腕や手は意外と目につくところ。せっかくのオシャレな洋服もむくんでいたのでは残念です。
丁寧なケアで、「スッキリ腕」を手に入れましょう。マッサージは、片腕ずつ念入りに行います。腕や手の疲れを解消する効果もあるので、ブレイクタイムにおすすめ。使用する精油は、ゼラニウム、マージョラム、ローズマリーです。余分な水分が停滞しがちな二の腕には、水分の排泄を促進するゼラニウムをメインに、血行を促すオイルをプラスします。
次の手順は週末にゆっくり15~20分かけて行うマッサージです。

  1. 腋の下を四指で円を描くように軽く押す。指のひら全体を密着させてなめらかこ。
  2. 肩を包み込むように手をおき、手首を返しながら鎖骨方向に。肩に溜まったリンパと老廃物を鎖骨に流し込む。
  3. 親指と人差し指で二の腕を支えながら、肩方向にすくい上げるイメージで。円を描きながら肩からひじへ移動する。まずは上腕の外側に四指をあて、外側のリンパを。続いて内側に四指をあて、内側のリンパを腋の下のリンパ節に流す。
  4. ひじの内側(ひじを曲げて線が入るあたり) に四指をあて、大きく円を描きながらゆっくりリンパを流す。
  5. ひじのくぼみの部分をつまみ、皮膚を下へ引っ張る。もむというより、つまんで皮膚表面からリンパを流すイメージで。
  6. ひじから下の前腕をつかむ感じで四をあて、手首からひじに移動しならすくい上げる。まずは前腕の外に四指をあて、外側のリンパを、いて内側に四指をあて、リンパをす。
  7. 指の問の皮膚を、手首に向かって引っ張る。そのあと各指の骨を親指と人差し指でつかんで、小さい円を描きながら指先から指の付け根方向にリンパを流す。特に関節の部分は念入りに。最後に指の問を、円を描きながらゆっくりとほぐす。
  8. 手を高く上げ、四指で手首をつかむ。そのまま腋の下まで、ゆっくり手を滑らせる。6 までのアプローチで浮かんできた老廃物を、リンパとともに流すイメージで。
  9. バストの下あたりに手をあて、皮膚をすくい上げるように、円を描きながらウエストラインまで滑らせる。
  10. 上げに腋の下を、四指で円を描くように軽く押す。最終的に腋周辺の老廃物とリンパ液を腋の下に流し込むことが大切。

生理不順

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

血液、リンパ、ホルモンの流れが悪いために起こる生理不順。運動不足やストレスフルな生活は、体液の流れを停滞させます。
また、冷えも原因の一つ。常に体を温めることを心がけて。下腹部と腰を中心に、婦人科系反射区も丁寧に刺激しましょう。生理不順、は婦人科系疾患の入口。早めに解消しましょう。
次の手順は、週末に15~20分程度じっくり時間をかけて行う方法です。

  1. 下腹部に両手で三角形を作り、四指をあて、時計回りにマッサージ。ゆっくり優しく行うのがポイント。
  2. 仙骨に四指をあて、腰骨までのラインに円を描きながら指を滑らせる。腰脇までいったら、そのまま腰骨に沿って、ソケイ部にリンパを流す。
  3. おへそから腰骨に向かってリンパを流たあと、ソケイ部のリンパを流す。腰のリンパは下方向に、ソケイ部のリンはお腹の奥の方向に。
  4. おへそあたりに手を横向きにあて、皮膚をすくい上げるようにみぞおちまで手を滑らせる。片手でも両手でもOK。
  5. くるぶしの周りを外側から内側に向けて、皮膚を押し回すようにマッサージ。ここは婦人科系に影響のある部位0 痛みがあるときは、念入りに。
  6. 親指の中心の裏側を丁寧にもみほぐす。ここはホルモン分泌を正常にする脳下垂体のツボ。
次は毎日行うマッサージの方法です。このアプローチを数ヶ月、毎日続ければ、つらい症状も除々に改善し体が正常なリズムに戻ります。
  1. 親指の中心の裏側を丁寧にもみほぐす。ここがほぐれると、ホルモンバランスが良好に。痛みのある場合は念入りに。
  2. 下腹部に両手で三角形を作り、ゆっくり時計回りに優しくなでる。四指のあたる部分には婦人科系の臓器に効果を発揮。力を加減しながら行う。