美肌洗顔テクニック ぬるま湯でごしごし洗いはNG

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

洗顔は毎日のことですから、正しく行えば肌のトラブルを回避するだけでなく、皮膚のターンオーバー(再生) サイクルを高め、肌の若返りにも有効なスキンケアとなります。洗顔に関してよく受ける質問に、「冷水で洗った方がよいか、ぬるま湯で洗った方がよいか?」

というものがあります。答えをいえば、ぬるま湯が正解。冷水で洗うと皮膚が鍛えられてよいという息見もあるようですが、冷たい水で洗うと毛穴が収縮してしまうために、毛穴に詰った汚れが落ちにくくなります。逆に、熱いお湯で洗うと皮脂が取れすぎてしまって、肌の乾燥に拍車がかかってしまいます。冬期間に肌が荒れやすいのはほとんどが乾燥が原因です。

したがって、毛穴が開いてしっかりと汚れが落ち、かつ、皮脂も取り過ぎないぬるま湯が、洗顔にはおすすめです。では、洗顔剤の使い方はどうでしょう? そのまま顔の肌につけるのがよいのか、手の平で伸ばしてあげるのがよいのか? 答えは手の平でよく泡立ててから使うようにします。

理由は、顔の肌への刺激を抑えるため。洗顔剤の中には皮膚のペーハー濃度が弱酸性でなかったり、防腐剤を多く含有しているものもありますので、直接顔に塗りこむと刺激が強すぎる場合があります。そのため、洗顔剤を使う際は泡立ててから使う、これが基本です。

もちろん、洗顔剤は皮膚に残らないようにきれいに洗い流してあげましょう。洗顔の際に、肌のマッサージ効果を高めるからと、ゴシゴシ洗う方がいますが、これは逆効果です。顔をゴシゴシこすると返って皮膚を傷つけてしまって、肌の老化やたるみ肌の原因となります。

顔を洗う際は、指の腹を使うようにして、軽く、やさしくマッサージするようにしましょう。ソフトな刺激の方が、むしろ毛細血管を流れる血液の量(血流量) は増えるもの。洗顔時のゴシゴシは禁物です。そして、最後に洗顔後もスキンケアを忘れずに。というのも、洗顔後は皮脂が少なからず取られてしまうものですから、肌が乾燥しやすい状態にあります。正しい洗顔で毛穴の汚れを落としたはいいが、肌から水分がどんどん蒸発してしまっては、元も子もありません。そこで洗顔後は保湿のケアを。保湿ケアとしては刺激の少ない化粧水を塗るか、乾燥肌タイプの人には天然成分の植物オイルがいいでしょう。

スキンケアの基本中の基本「洗顔」はこちら。洗顔の具体的な手順です。