アロマオイルでマッサージすれば、血糖値下げだけでなく、動脈硬化予防も

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

マカダミアナッツ油にペパーミントの精油を混ぜると、血糖値を下げる効果だけでなく、アディポネクチンによる複数の健康効果も期待できます。

マカダミアオイルマッサージで自律神経を安定させれば血糖値、 血圧が下がる。特に首へのマッサージは 糖尿病の改善に効果てきめん

アディポネクチンの分泌が増加した実験時のオイルの配合は、「マカダミアナッツ油」10mll似たいし0.5% のペパーミントの精油、サイプレスという木の精油0.5%を加えたものです。

サイプレスは香りづけに入れているので、加えるのはペパーミントだけでかまいません。

100mlマカダミアナッツ油に対し、5m;のペパーミントの精油を混ぜて作り置けば、マッサージオイルとして毎日使うのにとても便利です。

これは、いつ塗ってもかまいませんが、毎日塗ることを習慣にすることがおすすめですから、風呂上がりが習慣にしやすいでしょう。ただし、血糖値を下げる効果を期待するのであれば、朝も塗ってみてください。パルミトレイン酸の効果の持続は塗ってから8時間後です。

血糖値は食後に上がるので朝に塗っておくと、その後の食事で血糖値が上がりにくくできるでしょう。

塗る場所は、どこでもかまいません。1回10ml(小さじ2杯分)程度は塗ってください。また、リラックスしたい時に塗るのがいいでしょう。

ストレスがたまって体がだるい、疲れている時がおすすめです。