多くの人が関節の痛みに悩んでいることがわかっています。厚生労働省の発表では、日本国内で手足の関節痛を自覚している人は、65歳以上の男性では132万人で10人に1人、女性ではなんと300万人、2人に1人が痛さに悩まされているのです。

こうした関節の痛みは、立ち上がる時、座るとき、歩くとき、モノをもつとき、ありとあらゆる場面で痛みがあります。真冬の気温が低いとき、梅雨時の湿気が多い時期はまた特に痛みを感じやすくなります。 一定の年齢になると関節の痛みからはなかなか逃れることができないのが現状です。

最近は、関節痛に効果があるといわれる、ヒアルロン酸やグルコサミンなどが配合された健康食品がヒットを飛ばしています。

アメリカでは18年間で約2100万個、中国では10ヶ月で約65万個、韓国では7ヶ月で約8万個の販売実績を記録しているのです。この記録は順調に更新中です。 確かな効果がなければ、ここまで大ヒットすることはあり得ません。では、このクリームを実際に使った感想や使用感、効能、効果などを紹介しています。

ひざ痛を軽減、改善させるためには、ダイエット(体重を減らすこと)も大切です。サルバチアダイエットの感想オメガ3脂肪酸を豊富に含むサルバチアにはもうひとつ大きな効能があります。サルバチアは約14倍の水分を吸収して膨らむ特性があるからです。そのため、サルバチアを水と一緒に摂れば体内の水分調整効果が得られます。すなわち、サルパチアの食物繊維が14倍の水を吸収して膨張。水分を溜め込んだサルバチアはその後、徐々に水を放出し、いわゆる「水切れ」を防ぎます。体に水分をしっかりため込むことができるので、ダイエット向きです。

足首を痛めたことでひざに負担増

私は、高校時代はテニス部に所属し、社会人になってからも週に1~2回はテニスを楽しんできました。ところが、今から半年ほど前、テニスをプレーしたあとに、右ひざの内側とお皿部分に痛みが現れるようになってしまいました。

「最初は、ひざがうまく動かせないという違和感だけだつたのが、まもなく右ひざが痛むようになりました。なぜか私の場合、テニスのプレー中ではなく、プレーのあとに右ひざが痛むのです。

テニスコートから自宅まで歩いて20分くらいかかるのですが、右足を踏みだすたび、右ひざにズキンとした激痛が走り、やっとの思いで家まで帰っていました。

右ひざにたびたび痛みが現れるようになってからも、病院を受診することありませんでした。1年ほど前、テニスをしていたとき、右の足首をひねったことがありました。そのときは足首が少し痛むだけで、気にしていませんでした。

しかし、今から考えると、無意識に足首をかばい、ひざに余計な負担をかけていたのかもしれません。

2週間ほどテニスを休み、ひざ痛が治まるのを待ちました。ところが、痛みは全く治まらず、ついには歩行時にも右ひざが痛むようになりました。

関節クリーム「塗るグルコサミン キダDX」を塗ると膝が温まって心地いい

私にとってテニスは楽しみであり唯一のストレス発散です。ひざの痛みは治まらないものの、痛みを我慢しながらコートに通っていました。そんな私を心配したテニス仲問がすすめてくれたのが、MSM入りの関節クリーム「塗るグルコサミン キダDX」でした。テニスをプレーする前と、痛みが強いときに右ひざの内側とお皿の周囲にMSM入りクリームをぬり、マツサージをするようにしました。

私の場合は、関節クリームをぬると、思っていた以上に早く、痛みを感じなくなりました。ひざにぬってマッサージすると、テニスをするのが苦にならないのです。

それに、ひざがポカポカと温かくなり、特に寒い時期は本当に気持ちがよく痛みもだいぶよくなりました。関節クリームを使いはじめてから右ひざの痛みは徐々に治まり、現在では歩くのもらくになりました。日常生活で不便に感じることは何もありません。今でもテニスの前に関節クリームをぬる下準備は欠かしません。

ひざ痛が改善してから足の運びもスムーズになり、思いきりテニスを楽しんでいます。もちろん、関節クリームで誰もが同じょうに早くよくなるわけではありません。それでも長年悩んでいる人は、痛みの予防や改善の一助として試してみてほしいと思います。

ひざが痛みにくくなり毎日穏やかに過ごせるようになった

私が、右ひざに違和感を覚えるようになったのは、今から約5年前のことでした。階段を昇り降りするときなどに、右ひざのお皿を中心にギシギシするような違和感があり、ひざをスムーズに動かせなくなったのです。年齢も70歳を過ぎたので仕方ないのかな?と少し落ち込んでいました。

それから半年くらいたつと、右ひざょが腫れてしだいにズキズキした痛みが現れるようになりました。痛みは日に日に強くなり、心配になり、整形外科を受診。検査の結果、ひざの軟骨がすり減って炎症を起こしていると、言われました。

私はそれから2ヶ月間、毎週1回病院に通って痛み止めの注射を受けました。それ以降は、処方された痛み止めの飲み薬を服用するようにしていたといいます。「治療のおかげで、右ひざのズキズキした激痛は治ったものの、依然として痛みは残っていました。特に、私は白日宅でガーデニングをしていました。

家での仕事もしゃがんだり、立ち上がったりの連続。そのたびに痛みが走るのがつらくストレスでした。

私を悩ませたのは、それだけではありません。寒い季節になると、朝起きたときにひざがこわばって、起き上がるのがとてもつらかったことです。何とかして自力で痛みを和らげる方法がないか探していた時に半年前に知人が紹介してくれたのが、関節クリーム「塗るグルコサミン キダDX」でした。

知人も私と同lやしようにひざ痛に悩んでいて、関節クリームを使いはじめてから、痛みが軽くなったとのことを聞いていたので期待してしまいました。

私は関節クリームをすぐに取り寄せて、夜寝る前に右ひざのお皿にぬるようにしました。「関節クリームをぬると、ひざの重だるい感じがその場でスッと和らぐのです。

さらに、朝起きたときに感じていたひざのこわばりもなくなり、バッと起きられるようになりました。関節クリームを使いはじめて3日後には、ガーデニングの作業をしても痛みをほとんど感じなくなりました。

私の場合、MSM入り関節クリームをぬっているだけで、ひざが痛みにくくなる安心感があります。関節クリームは、私にとって快適な生活を過ごすためには、欠かせない、必需品です。

関節クリームは、ひざはもちろん腰・首・肩などの痛みに悩む人にもおすすめ。痛むところにぬって、指の腹でマッサージするようにすり込む。このとき、ぬる場所の筋肉や靭帯をしっかりと伸ばした状態でぬると、痛みが顕著に和らぐ人が多い。

肩やひじの痛みにも効く

「関節クリームを毎日使いつづけているおかげで、80歳を過ぎても畑仕事に精を出すことができます。自分のやりたいことが思う存分できて、とても幸せですね」つくづくひざ、肩やひじなどの痛みがないというのは本当に幸せだと感じます。

若いころから大根、キャベツ、白菜などの野菜を作る農業に従事してきました。ひどい悪天候ではないかぎり、毎日畑に出て、朝から夕方まで元気に働いていたといいます。

そんな私に不調が現れたのは、今から約4年前のことです。体を動かすたびに、左肩と右ひじに痛みが現れるようになり、畑仕事もままならなくなってしまったのです。

整形外科を受診すると、昔、転んで傷めた肩とひじが完全に治っていないということでした。それからは、痛み止めの注射や電気治療などを受けましたが、痛みはなかなかよくなりませんでした。

そんなとき雑誌の記事で、ひざや腰などの関節痛の人に人気と特集されていたのが、MSM入りの関節クリーム「塗るグルコサミン キダDX」だったのです。

私はすぐに関節クリームを取り寄せて、左肩と右ひじにすり込むように丹念にぬってみました。。このクリームで痛み止めが効かない痛みが軽減すると紹介されていたので試してみたくなりました、

数日後には痛みが軽くなり、農作業はもちろん、左肩をグルグル回したり、右ひじを曲げたり伸ばしたりしても全く痛まなくなったのです。ところが、ホっとしたのもつかの問、今度は両ひざに痛みが現れるようになってしまったのです。

肩やひじの痛みで上半身をうまく使えていなかった分、下半身を無意識に酷使していたのかもしれません。

両ひざのお皿の部分がパンパンに腫れて、ズキズキと痛みが起こるようになりました。しゃがんだり、立ち上がったりすると、ひざに激痛が走るので、畑仕事を休んでしまうようになりました。

肩やひじのときと同様に、すぐに両ひざに関節クリームをぬるようにしました。「関節クリームをひざのお皿とその周囲にぬり、すり込むようにマッサージしてみました。すると私の場合、3日後には、ひざの痛みがほとんど気にならなくなるほどまで回復したのです。

それ以来、朝起きたときと、夜寝る前に、関節クリームをひざにぬるのが日課になっています。今では、ひざや肩、ひじを問わず、痛みが起こるとすぐに関節クリームを使っています。すっかり、関節クリームのとりこになってしまいました。

病院で処方された薬は全員に効くわけではない

杖や車イスをどに頼らずに、生涯、自分の足で歩きたい」長年、'ひざ痛に悩まされてみいる方は、こうした目標を持って生活することが何より大切です。

そして、生涯にわたり、自分の足で歩けるひざの状態を保つためには、日ごろから、ひざをセルフケアするのが大切です。実際には、ひざ痛に悩まされている人の大半が、整形外科などに通い、鎮痛薬や湿布、ぬり薬などを処方されているのではないでしょうか。

しかし、私の長年の治療経験からいうと、こうした薬は急性期の炎症による痛みを抑えるのには優れた効果を発揮しますが、慢性期の痛みの場合は、期待できるほどの効果が現れないことがよくあります。そうした中、最近、私が注目しているのが、MSM(メチル・サルフォニル・メタン)入りのクリーム です。よく関節クリームと言われるものはこのMSMが配合されています。

関節クリームは薬ではりませんが、ひざをはじめとした関節に働きかけて痛みを抑える作用があり、慢性期と急性期の痛みの両方の改善に役立つと、大きな評判を呼んでいるのです。

注目すべきは、ひざ痛の改善に役立つ3つの働き

MSMとは、イオウが炭素や酸素と結合してできた「有機イオウ化合物」の一種で、人間をはじめ、多くの動植物の中にも存在しています。イオウは、人体に含まれる元素の中で6番めに多く、アミノ酸(たんばく質の構成成分)の働きを助け、筋肉や皮膚、毛髪などを健康に保つ役割を担っています。それでは、関節クリームの主成分であるMSMが、なぜあらゆるひざ痛の改善に役立つのかを紹介したいと思います。

第1の理由は、MSMには、ひざや腰、肩などの関節を支える軟骨の材料であるコンドロイチンやグルコサミンの生成を促す働きがあること。つまり、MSMを補給すれば、ひざ軟骨の柔軟性や保水性が高まり、ひざ関節を滑らかに動かす手助けになるというわけです。

そして第2の理由は、MSM には、関節の炎症を抑える働きがあること。一般的に、炎症が発生している問節では、健康な関節に比べてイオウの濃度が減少しています。

よって、イオウ化合物であるMSMを補給すれば、関節にイオウが浸透し、炎症が抑えられて痛みが和らぐというわけです。

第3の理由は、MSM には、痛みが脳に伝わるのを遮断する働きがあること。痛みとは神経が発する信号の1つで、炎症などの刺激が神経に伝わることで発生します。痛みが脳に伝わる経路はいくつかありますが、ひざをはじめとした関節痛の信号を伝えるのは「C-ファイバー」と呼ばれる神経線維。

MSMには、この「C-ファイバー」を経由する痛みの信号を遮断する作用があるため、ひざ痛を和らげるというわけです。こうした3つの相乗作用によって、関節クリームは慢性期・急性期を問わず、あらゆるひざ痛の改善に役立つのです。

関節クリームの作用を多数の患者さんが実感 医療現場でも活躍する関節クリーム

ひざ痛をはじめとした問節痛に悩んでいる患者さんの治療に、関節クリームは医療現場でも多く使用されています。具体的な方法は、ホットパックなどの温熱療法を行ったあと、痛むところにサクランボ1粒くらいの量の関節クリームをぬり、マッサージするように丹念にすり込んでいきます。また、患者さんには、自宅でも関節クリームを自分でぬってもらい、ひざのセルフケアに役立ててもらうようにしています。

実際、関節クリームを使いはじめてから、「ひざ痛が和らいだ」「ひざがスムーズに動かしやすくなった」「階段を昇り降りするのがずいぶんらくになった」などの声が多数届いています。

その作用には、私自身も驚くばかりです。こうした結果を待られれば、ひざ痛の改善に役立つ運動も以前より積極的に行うことができるようになります。そうすれば、「生涯、自分の足で歩く」という目標の実現にも大いに近づくことでしょう。

MSMが配合されている関節クリームで評判のいいのは関節痛の7割以上に効果があったひざ痛などの関節痛専用クリーム「塗るグルコサミン キダDX 」です。

キダデラックスは、グルコサミン、MSM、エミューオイルを配合した塗るタイプのクリームです。アメリカでは、1992年の発売から18年間で累計2,100万個が販売されているヒット商品で、愛用者からは「塗るグルコサミン」と呼ばれ親しまれています。

配合原料の「エミューオイル」は、スキンケア化粧品の原料にも多く使われており、皮膚への浸透力が非常に高く、オレイン酸を中心とした不飽和脂肪酸やビタミンEなどが豊富に含まれています。このエミューオイルに、サプリメントでもおなじみの「グルコサミン」や「MSM」を低分子化して配合し、お肌から吸収しやすい製品となっています。