芋好きはスレンダーが多い

現代人が食べるイモ類の量は、以前にくらべて非常に少なくなっています。イモを食べると太るのではないかと考えている人もあるようですが、これは大きな間違いである。日常よく食べられるジャガイモやサツマイモ、サトイモには、それぞれ優れた栄養素があるし、そもそも普通の人は肥満につながるほどの量は食べられないものです。だから安心して料理に活用するといいでしょう。

イモ類の成分に共通していることは、食物繊維が多く、ミネラルではカリウムが多いことです。これらはいずれも、血圧に対して抑制的に働くから、塩分過多傾向にある和食にはおすすめなのです。

野菜のカリウムが塩分を排泄

食物繊維は、1日に20~25グラム程度とるようにすすめられているが、実際には最近の平均的な日本人の食生活では、16グラム程度しかとれていません。さらにダイエットに夢中の若い人はもっと減少するでしょう。その原因として、穀物を食べる量が激減していることと、イモ類の摂取量が下がったことが大きいといわれます。戦後は食べるものがなく、畑ではお腹にたまる芋の栽培が行われていたので昔の人は必然的に現代人より芋の摂取量が多かったのです。

サツマイモを食べるとガスが多く出るといわれるが、これは、食物繊維の摂取量が多いと腸内で乳酸菌の繁殖が盛んになり、その結果ガスが多くなるからです。しかし、こういった状態のガスは、ほとんど匂いがありません。むしろ腸が活発に動いているということなのでおならは健康に欠かせません。

逆に、食物繊維のとり方が少なく、肉などのタンパク質性の食品を多く食べた場合は、腸内の腐敗菌の繁殖が盛んになるので、ガスの量は少ないが、非常に強い匂いのものが出ます。なお、乳酸菌の繁殖は、発ガン物質の生成を抑制するから、健康の点でも二重丸です。また、イモ類に多く含まれるカリウムは、余分に吸収した塩分を排泄し、塩分のとりすぎによる血圧の上昇を予防することができる。

カリウムは、一般の食事で摂取する量の倍程度とっておくと、かなりの高血圧が防止できるようである。その点でも、イモ類は絶好のカリウム補給源であり、高血圧予防ができる食品でもある。さらに、意外なのが、イモ類に含まれるビタミンCの量である。

中程度のサツマイ3本には、食べられる部分だけで中程度の夏みかん1個と同程度のビタミンCが含まれています。

ジャガイモやサトイモのビタミンC含有量は、サツマイモの半分程度ですが、それでもかなりの量になります。市販されている野菜は一般に、収穫後の時間経過が長いので、ビタミンCはだんだん減少してしまいます。しかし、イモ類は保存してもビタミンC のロスはほとんありませんし、加熱調理による損失も非常に少ないのです。

その他、サツマイモには、ヤラビンと呼ばれる緩下剤的な働きをする物質が含まれていて、これが食物繊維とともに働いて、快便になります。便通がよくなると、排泄が促されるので余分な吸収がなくなり、脂肪がたまりにくくなる。また、便秘は高血圧や大腸ガンの原因にもなるので、便通をよくしてくれる食べ物は大切にしなければいけません。

また、ジャガイモやサトイモは、ご飯と同じ重量でカロリーは約半分と、ダイエットの強い味方である。ただし、ポテトチップス、フライドポテトなどは油分が多く、したがってエネルギーも高いから、多く食べることは控え、粉ふきいもや薄味の煮物がおすすめです。

カボチャやサツマイモが嫌いな人は老けやすいにも書かれていますが、30代以降は特に積極的に摂るべきでしょう。

口の中の水分が少なくて芋類を食べるとむせてしまうという人は、青汁でカリウム、食物繊維を摂るのがいいいでしょう。酵素入りだと吸収も上がるのでおすすめです。酵素入り青汁 リッチグリーンはこちら。

ご飯をたっぷり食べて「これ以上は無理!」となっても少したつとなぜか?甘いものが少しでいいので食べたくなるいわゆる「別腹」の人はたくさんいらっしゃいまいす。デザートは甘いものが主流ですが、実はこのいくらかの甘いものが太りすぎを防止するといったら、驚くかもしれません。

しかし、デザートの糖分は、食べすぎを防止するのに効果があります。人の満腹感は血液中の糖分によって大きく左右されます。血液中に糖分が増加してくると、満腹感がでてきます。よく食前に甘いものを多く食べると食欲がなくなるといわれるのは、血糖値が上がってしまい、空腹感がなくなるためです。

ところで、最近の日本の食事は以前と異なり、洋風化してきました。それにつれて、脂肪の多い料理が主流を占めるようにりました。肉系のおかずが主役になりました。脂肪分が多いと消化吸収に時間がかかります。それは脂肪には消化液が作用しにくく、脂肪が胆汁の中に含まれる胆汁酸などによって乳化されて初めて消化されるためです。

そのため食べてもすぐには、血糖値が上昇しません。つまり、食事をしてもなかなかよいタイミングで満腹感を感じることが出来ません。満腹感が出ないままについつい食べすぎてしまうことになります。そこで、まだちょっともの足りないな、というくらいのところで糖分を含むデザートを食べると、たちまち満腹感を感じることができるのです。

その理由は、脂肪と違って糖分はすぐに吸収され、血液の糖分を増やすためです。したがって、デザートを食べることは、食べすぎを防ぎ、減食しているという感じをもたずに肥満も防止するという効果があるということです。

ただし、デザートの糖分はよいが、間食にしばしば糖分の多い菓子類を食べることは肥満の原因となります。これはたくさんは食べていないようでも、結果的には、糖分を多くとることになり、その糖分が体内で脂肪に変わり、肥満につながるからです。

では、日本の食生活では、昔はなぜデザートがあまり重視されなかったのでしょうか。それは、主食としてデンプンの多い米などの穀物が今より多量に食べられていたからです。そして、食べすぎない方法としては、よく噛むようにといわれてきました。よく噛むことはやわらかいものを食べる習慣が多い現代人にはとても不足しています。

なぜなら唾液には強力なデンプン分解酵素であるアミラーゼが含まれているので、よく噛むことで、口の中ですでに糖類が多く生産され、消化器からの糖類の吸収も早くでき、満腹感を得られやすかったためです。しかし、食べ物に脂肪分が多いと、デンプン食品をいくらよく噛んでも唾液のアミラーゼが作用1レにくいそれは、脂肪が食物の表面に膜を張り、水に溶けているアミラーゼの作用を妨害するからです。

つまり、洋風の食事は、よく噛んでもあまり血糖値を上げるのに貢献しないということになります。それだけに、食べすぎ防止にデザートは必要だが、ここで注意したいのは、クリームの多い洋菓子を食べると、脂肪に邪魔されて糖分の吸収が遅れることと、エネルギーが高いため肥満につながりやすいこと。その点、和菓子は低エネルギーで優れたデザートであるということです。

甘いものをたべたいときには和菓子がおすすめダイエット時も和菓子はストレスを軽減してくれてさらにツライダイエットに幸福感を与えてくれます。日本人の遺伝子には和菓子がおすすめです。

肉を敬遠しすぎると逆に太ってしまう

若い女性で、肉を食べると太ると信じて、肉類を敬遠する人が多いのは一般的です。たしかに健康上、肉類のとりすぎは多くの場合、NGとされることが多いです。日本人が病気を多くかかえるようになったのは食の欧米化(肉食の多食や脂質のとりすぎ)が原因とも言われており、日本人のDNAには合わないと言われています。


ただし、全く肉を食べない!という食習慣もNGだったりします。とくに若い女性にとっては、肉類は絶対必要な食品です。というのは、肉類を避けていると、食物からとらなければならないコレステロールの供給が不十分になるからです。コレステロールは不要なものとして敬遠されるイメージですが、決してそうではなく、一定量のコレステロールは常に摂取が必要です。

コレステロールは、必要な量の3分の2が肝臓で合成され、残りの3分の1は食物から摂取しなければなりません。その場合、コレステロールの大切な供給源となるのが肉類なです。女性の場合、コレステロール不足は、非常に大きな問題になります。というのは、コレステロールは、女性ホルモンの材料として重要なものだからです。

女性ホルモンは自然につくられると考えがちだが、そうではない。その材料としてコレステロールが必要なです。そして、コレステロールが不足すると、女性ホルモンが不足してきて、その結果、生理に異状をきたしたり、貧血の原因にもなります。女性は生理があるために、男性よりも鉄分を2割余分に摂取しないと、貧血になるリスクがあります。

しかし、その際、鉄分なら何でもよいというわけではなく、肉類に含まれている鉄分が有効なのです。その理由は、肉類に含まれているヘム鉄が、ヘモグロビンをつくるために必要な鉄分だからです。また、コレステロールの摂取量が少ないと、赤血球を保護するコレステロールの膜が十分につくれなくなり、その結果、赤血球の寿命が短くなる。それが貧血に結びつくのです。

貧血の女性の食生活を調べてみると、肉を食べると太るという迷信から肉類を敬遠している人が多いです。これは大きな誤解です。もちろん、肉のどのような部位を食べるかによっても違うのですが、普通に肉を食べているなら、そんなに肥満の原因にはならないのです。

肉類を食べて太った人は、脂肪分の多い肉類を食べているはずです。とくに気をつけなければなうないのは、すき焼きに用いられる霜降り肉のような場合で、脂肪分が40% 程度も含まれていて、非常にエネルギーの含有量が高いものです。こういったものは、多く食べると当然、肥満につながります。また、熟年以上の人がスタミナ源として脂肪分の多い肉類を食べると、肥満や心臓疾患などを誘発することも、肉がよくないという印象をうえつけてしまったのでしょう。

しかし、赤身の多いモモ肉やヒレ肉など、脂肪分が少ない部位については、タンパク質の供給源となります。その結果、タンパク質は新陳代謝を促進するから消費エネルギーが大きくなり、かえって肉を控えた場合よりも体重減少には大きく貢献するのです。肉に含まれるカルニチンはダイエット時には必須の栄養素です。

カルニチンは脂肪酸を燃やすカギ | ビタミンの効能を利用してダイエットhttp://www.vitamindiet.biz/%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%83%8B%E3%83%81%E3%83%B3%E3%81%AF%E8%84%82%E8%82%AA%E9%85%B8%E3%82%92%E7%87%83%E3%82%84%E3%81%99%E3%82%AB%E3%82%AE/

野菜サラダ=低カロリーではない?

ダイエットをしている人が食べる料理に野菜サラダがあります。生の野菜は、あっさりしているから脂肪分が少なく、野菜はカロリーが低いという思い込みがあるからでしょう。しかし、「ドレッシング」と、「生野菜」という落とし穴がそこにあるのに気づいていない人が多いのです。

まず、ドレッシングを見てみましょう。ドレッシングは油が半分程度、あるいはそれ以上を占めます。セパレート型(油と水が分離していて、使う前に振って混ぜ合わせるタイプ) と乳化型( マヨネーズのように、油と水が一体となっているもの) とがあります。セパレート型の方がやや油が少ないが、いずれにしても、脂肪含有率が40% 程度ある。さらに、マヨネーズに至っては70% が油です。

もし、100グラム食べたとすると、ドレッシングで約400キロカロリー、マヨネーズだと700キロカロリーにもなってしまいます。もちろん実際は1食に100グラムもドレッシングやマヨネーズは使いませんが、それでも、大さじ2杯程度は使用しています。これは約30グラムですから、ドレッシングで100キロカロリー、マヨネーズで200キロカロリー程度はとってしまうことになります。

しかも、セパレート型のドレッシングだといくらか器に残りますが、乳化型ドレッシングやマヨネーズでは付着性がよいから器に残らず、ほとんどサラダで一緒にとってしまうことになります。

200キロカロリーといえば、茶碗の大きさにもよるが、ご飯を茶碗一杯食べた程度のカロリーとほぼ同じです。これに、クロワッサンのような脂肪分の多いパンを1個食べると、プラス200キロカロリー、それに牛乳をコップ1杯飲むと100キロカロリーが加わり、合計で500キロカロリーです。

さらに、ポテトサラダのようなものが添えてあれば、マヨネーズをしっかり使うから、もう200キロカロリー以上が加わり、700キロカロリー以上になってしまいます。自分の家でつくるならドレッシングの量などを加減できますが、外食などではそれができないから、あっさりした野菜サラダも、意外なほどカロリーが高くなってしまうのです。

若い女性がダイエットしたい場合、1日1600キロカロリー程度に抑えたいので、1食では500キロカロリー程度にしておきたいところです。したがってこうした食べ方ではダイエットどころではなく、食べすぎになってしまうのです。

油は油でも質のいい油の場合、ダイエット向きだっだりします。油を味方にする