マンションの水道水がいかに汚染されているか?

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

水道水から泥水が出ることも!

水道水はたしかにまずくなりました。ですが、マンションの水に比べれば、一戸建てはまだマシという声がたくさん聞こえてきます。 たしかに、マンションの水はまずい、ひどいという意見は多いようです。

設計士のA さんは、東京の都心の大型マンションに小さな部屋を借りています。6 畳1間のワンルームで、簡単なキッチンとユニット形式のバストイレが付いている部屋ですが、あまりの水のひどさに引越しを考えていると嘆いています。 「都心の大型マンションですから、もちろん、最初から水道水なんて飲めないと思っていましたよ。実際、すぐにマイクロフィルター付きの浄水器を設置したんです。でも、フィルターもカートリッジもすぐにダメになっちゃう。それほど汚いのかなと思っていたんですが、そのうちにこんなことが起きたのです。

仕事で事務所に泊り込んだときのこと。夜中に風呂に入ろうと思ってバスタブにお湯を張ったんです。勢い良くお湯を出して、もう溜まったかなとのぞいてみると、なんとお湯が泥水のようにまっ黒! 管理人さんに見てもらおうと思ってそのままにしておいたんですが、翌日には泥や砂のようなものがバスタブの下に沈澱していました。

私が『まさか、この水がキッチンにも出てきていたんじゃないですよネ』とおそるおそる聞いてみると、『いやみんな一緒ですよ... 』と管理人さんも困ったような済まなそうな顔をしていました。水道水をそのまま飲む人はいないだろうけど、これではいかにも体に悪そうです。

浄水器を付けていくら浄水してもキリがない。ひどすぎると思って、引っ越したいんですよ...」

マンションの水は使えない

マンションの水がまずいのは、給水管から送られてきた水道水を屋上などに置いた貯水槽に溜めて、そこからマンション各戸に供給しているからです。高層マンションの最上階でも変わりなく水が勢い良く出るのは、このためです。 したがって、マンションの水がまずいとか、A さんのように泥が混じったなどという苦情を水道局へ寄せても、水道局ではマンションの貯水槽に入るときの水(給水管から出た水)までしか責任をもつことはできません。 貯水槽の管理については、しよせん「よそ者」でしかないのです。住民にできることは、まずマンション所有者や管理責任者に貯水槽の管理状況についてたずねることです。

その回答に納得がいかなければ、マンションの貯水槽がある場所を教えてもらい、実際に見て、その管理状態をチェックすべきです。 それがもしひどい状態であれば、管理組合などを通じて清掃や修理を求めます。水質に関しては、保健所に相談してみるのも1つの方法でしょう。

法的には、10立法メートル以上の大型貯水槽をもつマンションやビルについては、年に1回以上の清掃と検査が義務付けられ、違反すれば罰金が科せられることになっています。 それ以下の小型貯水槽に関しては法的規制はまったくありません。20世帯規模以下のマンションなら小型貯水槽でまかなえますから、多くのマンションの水道水が、いわば無法地帯にあるような状況なのです。 それでも苦情が大きく広がったり、実際に健康を害したりという問題が多発したのは、A さんのように、そもそもマンションの水はひどいものとあきらめて浄水器や清水器を最初から取り付けて使っている人が大多数だからでしょう。 生命体である人間は、やはり水に対しては非常に敏感なのです。マンションの自主的な管理のずさんさや法的な環境の不整備は、そうした住民一人一人の高い意識によりかかっていると指摘されても仕方ないでしょう。

給水パイプの問題

マンションの水道水を飲むと、特にひどい悪臭を感じることがあります。これは、貯水槽に光が入っている証拠であると専門家はいいます。 「天気のよい日にタンクの内をのぞいてみれば、ほのかに明るいことがわかるはずです。たとえわずかでも光が入ったら、藻は繁殖するのです。(貯水槽の)材質のF R P (繊維強化プラスチック) が、わずかながら光を通すからです。タンクの外側を鉄板で包むか、光を通さない材質のタンクと取り替える必要があります」 もっと重大で根本的に解決困難な問題が、タンクから各部屋に排水するパイプにあると指摘しています。

「ビルやマンションでは亜鉛引き鋼管を使っているのが一般的です。このパイプは安価なため建築費用を安く上げるにはもってこいなのですが、耐久性に欠陥を抱えているのです。 最近の水道水には亜鉛や鉄を簡単に溶かしてしまう性質があり、まずパイプの表面の亜鉛が溶け出してきます」

こうして5年ほどたって水道管パイプ表面の亜鉛が「洗い流されて」しまったら、次に出てくるのは鉄です。「鉄なら健康に良い」というのは大間違いで、むきだしになった鉄管はすぐに錆びつき、赤い水が出るようになるのです。ステンレス管などを使えばこのようなことはないのですが、建築費の関係でなかなか普及しないそうです。ましてすでに建築されたマンションのパイプは、コンクリートを壊さなければできないため不可能ということです。

こんなことを考えると飲み水だけは超キレイな水で体に害のないモノを選びたくなって当然です。特に都会の人ならなおさら。
「活泉水」はこちら。