直腸ガンを手術後、薬の副作用に苦しめられたがスーパーゲルマンで治まり再発・転移はなし

抗ガン剤の副作用がなくなったので、治療を続けることができました。スーパーゲルマンのおかげだと思っています。

私が直腸ガンであるとわかったのは2009年でした。夏ごろから排便のたびに出血が続いたため、肛門科を受診したところ、消化器外科での検査をすすめられました。消化器外科で大腸内視鏡検査を受けたら、直腸ガンが見つかったのです。私は2009年の年明けに痔の手術を受けています。そのため、しばらくの間は痔による出血とばかり思っていました。

親を、5年前には3歳上の姉を胃ガンで亡くしています。いつか自分も胃ガンになるかもしれないと覚悟していたのが正直なところです。しかし、その一方で、ガンで命を取られたくないと思っていました。毎年、胃の内視鏡検査を受けて、胃ガンになってもすぐに見つけられるよう警戒していました。
胃ガンだけではなく大腸の検査も受けていれば、もう少し早い段階でガンを見つけられたかもしれません。私の直腸ガンのステージ(病期) はⅢ期で、2週間後に手術を受けることになりました。

おなかに小さな穴を開けて行う腹腔鏡手術だったため、手術の傷の治りは早く、手術から10日後には退院できました。翌年の1月下旬からは、通院による抗ガン剤治療が始まりました。治療前に先生から、『吐きけや食欲不振、全身の倦怠感や脱毛といった副作用があるかもしれない。と説明を受け、寝たきりの生活になったらどうしよう。と不安になりました。

私は、51歳のときに脳梗塞で倒れており、左半身にマヒが残っているのも懸案事項のひとつでした。週に2回のリハビリのおかげで日常生活に必要なことは自分でできるようになりました。でも、抗ガン剤の副作用が強いと、リハビリに行けなくなるかもしれないと悩んでいました。

抗ガン剤治療前に医師から受けた説明のとおり、食欲不振や手足のしびれ、頭髪の脱毛といった副作用が現れました。それまでより体調が悪くなり、リハビリに出かけるのをおっくうに感じるようになりました。そのため、少しでも副作用を軽くできる方法はないかと、情報を集めだしました。

そんなとき、スーパーグルマンの存在を知りました。主成分は有機ゲルマニウム。全国の大学でガンに対する臨床試験まで行われた希少なミネラルの健康食品です。スーパーグルマンで抗ガン剤の副作用が軽くなったという体験談を読んで、私も試してみたいと思いました。早速取り寄せ、朝・昼・晩の食後に1粒ずつ、1日3粒を飲み始めました。

5月から、2回めの抗ガン剤治療が始まりました。すると、前回と比べて副作用に大きな違いが見られたといいます。「髪の毛がはんの少し抜けたくらいで、体調が悪くなることはありませんでした。
そして、腫瘍マーカーの数値も下がって、安定しはじめたのです。

先生は抗ガン剤が効いていると説明してくれましたが、明らかな体調の違いを実感して、私はスーパーゲルマンのおかげだと確信しました。