「パブリック」以外も共有できる?

「パブリック」フォルダの共有では、共有したいファイルを「パブリック」フォルダにコピーする必要がある。内容を頻繁に変更するファイルなら、ファイルを保存してあるフォルダを共有したほうがいい。「パスワード保護共有」機能を無効にして任意のフォルダを共有すると、ⅩPでの共有と、ほぼ同じ状態になる。

  1. て「パスワード保護共有」機能を無効にしたら、エクスブローラで共有したいフォルダを選択し、「共有」ボタンをクリックする。「ドキュメント」などの個人用フォルダを表示するには、「スタート」メニューの「(ユーザー名)」をクリックする。
  2. ファイルの共有」画面が表示されたら、「▼」ボタンをクリックして、「Everyone(この一覧のすべてのユーザー)」を選び、「追加」ボタンをクリックする。
  3. 準設定では「アクセス許可のレベル」は「閲覧者」になっている。LAN経由でファイルの追加や削除を許可するなら、「▼」ボタンをクリックして「共同所有者」に変更。設定が終わったら、画面の下にある「共有」ボタンをクリックする。「ユーザーアカウント制御」画面で「続行」ボタンをクリックする。
  4. フォルダの共有が完了したら「終了」ボタンをクリック。