更年期障害による激しい頭痛が松の木エキスをとったら症状が軽減、1年後にはほぼ完治

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

若いころは頭痛や腹痛・腰痛など、生理痛の不快症状を経験したことがありませんでした。ところが、58歳のときに、顧がズキズキと激しく痛むようになりました。 頭痛に加え、顔のほてりや多汗などの症状で悩むようになりました。ちょうど閉経を迎えたころだったので、これが更年期障害かと思いました。

頭痛は、多いときで月に4~5回起こり、いったん頭痛が起こると痛みは半日以上も続き困りました。仕事や家事が進まないので、市販の鎮痛剤を飲んでいました。 顔のほてりや多汗は、半年後には改善したのですが、頭痛だけはどうにもよくなりませんでした。

更年期障害に悩んでいる私の友人の中には、婦人科を受診し、女性ホルモンを補充する治療を受ける人もいましたが、私は薬の副作用の大変さを知り、病院には行きたくありませんでした。 そんなとき、知り合いからフランス海岸松の樹皮エキスピクノジェノール 松の木エキスを教えてもらったのは、今から1年前のことです。 私の2人の娘が生理痛で悩んでいたので、そのためにすすめてくれたのです。ところが、調べてみると、ピクノジェノール 松の木エキスは更年期障害の症状にもいいとのことだったので、私も試してみることにしました。

ピクノジェノール 松の木エキスを適量、毎日とるようにしたといいます。頭痛が激しいときは、量を増やしてとるようにしていました。 すると、私の場合は不思議なことに、ピクノジェノール 松の木エキスをとって数時間もたたないうちに、痛みが和らぐのです。これには驚きました。 そして、懸案事項だった頭痛はどんどん軽快し、1年後の今ではほとんど気にならないくらいに改善したのです。

私の娘も、ピクノジェノール 松の木エキスを毎日とっていましたが、生理痛がらくになったと満足しているようです。 また、変化はそれだけではありませんでした。「ここのところ、おしっこの出が悪くなり、トイレに行く回数が減った反面、残尿感を感じるようになりました。そのせいか、顔や手がむくんで老け顔のようになることがあります。 そんなとき、ピクノジェノール 松の木エキスを2日間ほど多めにとると、むくんで老けた顔が元に戻るのです。最近は、カゼを引きにくくなり、引いても悪化しなくなりました。 同じように更年期障害に悩む知り合いにもピクノジェノール 松の木エキスをすすめています。