無数の水ぶくれが全然治らない

今から7年ほど前、足に突然できていた数個の水ぶくれを、不思議に思いながらも「たいしたことないやろう」とそのまま放置していました。

するとあっという間に数が増えて、下半身は水ぶくれのブツブツだらけ。一個1個は米粒大ですが、それが数え切れないくらいできたのです。

水ぶくれの部分は真っ赤に腫れて、皮はすぐに破れてグジュグジュに。一体何が起こっているのだろう、という感じでした。

膚科に行って軟膏を出してもらっても、薄く皮が再生して「治るのかな」と期待した矢先に、また水ぶくれに。ちょっと治って、また皮が破れるという繰り返しになっていました。

そんな私の姿を見て、妻が「これは糖尿病に違いない」というのです。彼女の母も糖尿病で、そのときに背中全体が水ぶくれにおおわれていたというではありませんか。

そこで病院で血糖値を測ると確かに280もあり、糖尿病になっていることがわかったのです。

水ぶくれと同時に夜間のこむら返りも連発していて、これも糖尿病の症状のひとつだったわけです。のどが異様に渇いて水をガブガブ飲んでもいましたし、甘い尿の匂いが出ていることも妻に指摘されていました。

血糖値が上がるようなことをした覚えはなく、お酒も飲みませんし、大食いでもない。甘い物も食べません。ただ、兄弟が二人とも糖尿病なので、血糖値が上がりやすい体質だったのでしょう。

旅行中にもテンペ菌発酵の薬草茶「八酵麗茶」は欠かさずに飲む

すでに何種類か薬を飲んでいたので、これ以上は増やしたくない。そこで、薬に頼らないで血糖値を下げる方法を探していたところ、地元の新聞広告で知ったのがテンペ菌発酵の薬草茶「八酵麗茶」でした。

ピンときて「これを試そう」と即決して、以来、毎日の食事に合わせて、テンペ菌発酵の薬草茶「八酵麗茶」を飲むようにしました。

外出のときも忘れず、旅行では自宅でまとめて薬草茶を作って、ペットボトル3本に分けて持参したほどです。そんな努力が実を結んで、テンペ菌発酵の薬草茶「八酵麗茶」を飲み始めてようやく効果があらわれはじめました。つらかったみずぶくれが少しずつ減ってきたのです。

その後はどんどん全快に向かっていき、さらに2ヶ月が過ぎたころには傷あとを残すだけで、水ぶくれはすべて消失していました。

同時に尿の甘い匂いとこむら返りもなくなって、それと一緒に、血糖値がスーツと下がってきたのです。

現在は血糖値112、ヘモグロビンAICは6.3でほぼ安定。調子がいいと5台まで下がるときもあります。

望みどおりに薬と無縁のまま、テンペ菌発酵の薬草茶「八酵麗茶」だけで私は糖尿病を脱出できました。焼き肉や大福を食べても血糖値の心配をしなくていいのがありがたいし、このごろは体調も上々です。

青白かった顔に血色が戻って、最高80kgあった体重も48kgまで絞れました。だるさも感じず、体がスッと軽くなって、歩くスピードも自然と速くなったんです。あれもこれもテンペ菌発酵の薬草茶「八酵麗茶」のおかげと感謝するばかりで、

このお茶は私の宝物。万が一のときでも切らしてはいけないと、防災袋にも詰め込んでおります。

テンペ菌発酵の薬草茶「八酵麗茶」

これなら安心と主治医も太鼓判

65歳を過ぎて定年退職後、私は朝夕の新聞配達の仕事を始めました。

朝の配達の後は、お疲れさまの意味をこめて、日本酒をチビリとやるのが楽しみ。夕方の配達の後も、友人と居酒屋で乾杯して、好物をたらふく食べていました。

こんな不摂生な生活のしっペ返しをくらったのは、仕事終わりのある朝のこと。あお向けになって新聞を読んでいたら、突然、右腕がぱたっと落ちて動かなくなりました。

救急車で病院に運ばれ、診断の結果は脳梗塞でした。持病の糖尿病が悪化したことで脳の血管が詰まったのです。

2週間の入院をして、ようやく右腕の動きももとどおりになったのですが、2ヶ月後に再び異変が発生しました。

朝、目が覚めた瞬間から、体が異様に重くて、布団に縫いつけられたように身動きができません。脳梗塞の2度目の発症でした。

今度も無事に命は救われたものの、さすがに私もこれまでの生活を反省しました。根本の原因である糖尿病の改善に、杢気で取り組む決意をしたのです。

糖質カット酵母「パクパク酵母くん」を知ったのはまさにそのタイミングで、糖質を分解するという効能に心を動かされました。

糖質カット酵母「パクパク酵母くん」を朝晩の食後に飲んで、まず喜んだのは便通が良好になったこと。2~3日に1回だったお通じが毎日になって、便の量も増えたのです。腸の動きがよくなったと実感するうちに、体重はスッと2 Kg落ちました。幸先がいいと感じました。

それからは糖尿病の改善も1歩ずつ着実で、9を超えて2ケタになりそうだったヘモグロビンA1Cが、今や正常値に安定。毎月の検査結果を見るのが楽しいです。

ずっとこのレベルなら安心してよいと、主治医からも太鼓判をいただきました。脳梗塞再発の不安もやわらいで、心の重しが取れたよう。糖質カット酵母「パクパク酵母くん」には心からありがとう! のひとことです。

糖質カット酵母の使用感(糖尿病に効果)
https://1088note.com/g-cut/

ヘモグロビンA1Cが6ヶ月で下降モードに入った

食後にはケーキや菓子パンを欠かさず、飲みものといえばコーラかオレンジジュース。そんな大の甘党ぶりがたたって、糖尿病と告げられたのは今から5年前のことです。

あまりに血糖値が高くなって、緊急入院したこともありました。それでも、退院したら甘いものの誘惑に勝てず、また血糖値がはね上がるという繰り返しだったのです。

そんな私を見かねた医師が、1枚の写真を見せてくれました。そこには糖尿病で足を切断した男性が写っていて、「今のままではあなたもこうなる」と忠告されたのです。

改心した私は、それ以来、甘いお菓子やジュースを遠ざけて、ご飯の量もお茶碗半分に減らしました。でも、血糖値とヘモグロビンA1Cは下がらないどころか、体の疲れが取れなくなり、足のだるさも消えなくなったんです。

このままでは足の切断を避けられないという不安も相まって、身も心もぐったりとして、休みの日は布団から出る気にもならないほどでした。

そんなときに、ラジオの情報番組で知ったのが糖質カット酵母「パクパク酵母くん」でした。糖質の制限を助けてくれればと、期待して飲み始めたところ、ほどなくしてお腹の中がポコポコと動くように。その後、ガスが何度も出るようになり、3ヶ月したころには体重も減ってきたのです。

半年後にはヘモグロビンA1Cも下降線をたどるようになって、ひところの疲れやすさ、足のだるさからもすっかり解放されました。そこで試しに、糖質カット酵母「パクパク酵母くん」を1ヶ月中断してみたところ、直後の検査ではヘモグロビンA1Cに上昇の兆しが。

これはいかんと糖質カット酵母「パクパク酵母くん」を再び飲み始めると、すぐに数値は安定しました。糖尿病の合併症と無縁でいるためには、糖質カット酵母「パクパク酵母くん」を手放してはいけない、私はあらためてそう実感しました。

食後の血糖値の急上昇もなし「パクパク 酵母くん」これなら!好きなものを思いっきり食べられる

もともと体が丈夫ではなく、中高生のときは朝礼中に貧血で倒れることが何度かありました。入浴中に湯船から立ち上がると、目の前が真っ暗になって倒れそうになることも。

就活を始めてからは朝起きたら動悸がし、通学の電車でさらに激しくなります。怖くなって電車を途中で降りてしまい、講義に遅刻するようになりました。

大学に着いてからも、階段を上り下りしただけで激しい動惇がして、講義に出られないことも。

そんな調子だから単位も危うくなり、心身ともに追い詰められてしまいました。病院で心電図や胸部レントゲンをとっても異常はありませんでした。

医者には動悸は心因性のものだと言われたので、心療内科を受診しました。事情を話すと、先生は精神安定剤よりも水を飲むことをすすめてくれたのです。

いくつかミネラルウオーターを飲み比べて、日本人の味覚にあっているという超軟水をずっと飲んでいます。

軟水ですからカリウムやマグネシウムはあまり摂取できませんが野菜や果物をたっぷり食べています、

水を飲み始めてからは動悸も減り、講義にちゃんと出席できるようになりました。体内を水がきちんとめぐつている感じがして、就職活動も無事に乗り切ることができました。

国産の超軟水はこちら

任事が忙しく、終電帰りや休日出勤が続いていた時期に、メンタルが不安定になっていることに気づきました。

同僚や後輩のちょっとした二言が気に障ったり、プライベートでも家族や親しい友人に仕事のストレスをぶつけてしまい、後悔したり... 。

それが、水を飲むだけで解消できるなんて、思ってもみませんでした。証券会社に勤めていて、仕事にやり甲斐を感じていたし、しっかり働くためにも、健康には人一倍気を遣っていました。

毎朝、野菜不足にならないように野菜ジュースを積極的に飲んでいたし、ビタミンやアミノ酸などの栄養成分が入った健康ドリンクも飲んでいました。

水は、そういう栄養成分が入ってないので飲んでも意味がないと思っていたんです。でもある日、便秘に「霧島天然水 のむシリカ」が効くと聞いて購入し、ラベルを見てシリカ(ケイ素)成分がかなり含まれていることを知りました。

それをきっかけに水について調べたら、体に良さそうなので試しに飲み続けてみることに。すると、まず心の状態が安定してきたんです。イライラして無駄なエネルギーを使わなくなった分、仕事もはかどるようになりました。今では、デスクの上にいつも「霧島天然水 のむシリカ」を置いています。

還暦を迎えるまでは、病気らしい病気をしたこともなく、健康が取り柄だと自負し
ていました。

でも、ここ数年で疲れやすくなり、家事が一段落したときや外出から戻
ってきたときに、体がだるくて横になることが増えてきて、近所のスーパーに買い物
に行くだけで、息切れがすることも。それと、夜寝つきが悪くなったのもこたえまし
た。

夜中も何度も目覚めてしまい、熟睡できないのです。
病気じゃないかと、病院で血液検査、心電図、頭部MRIなどを受けましたが異常
なし。症状があると訴えても、医師からは相手にされませんでした。

途方にくれて心
療内科を受診してみると慢性脱水症状を指摘され、1 日1~2リットルほどのミネラルウォーターを小分けにして飲むようにアドバイスされました。そこで、寝起きや食事前は必ず水を飲み、ペットボトルをリビングに置いて、気づいたら喉が渇いていなくても口にするようにしました。すると、1週間ほどで症状の改善がみられ、疲れやすさが
なくなっていきました。

今では毎日気分良く過ごしています。水を飲むだけでこんなに変わるなんて、自分でも驚いています。

どうせ飲むならとちょっといい水を飲もうと思い、私は「のむシリカ」を選びました。

私は若い頃から原因不明のめまいに悩まされていました。ぐるぐる回るというよりは、船に乗っているような感覚で、朝布団から出ようとしたときや、日中、掃除などの家事をしている最中に襲ってきます。

病院で検査を受けても脳の異常などは見つからず、しばらくするとおさまるので、気にしていなかったのですが、加齢とともに悪化していて、40歳を過ぎると立ち上がっただけでもめまいがするようになりました。

ある日「水飲み健康法」という雑誌を読んでいたら、水不足の症状のひとつにめまいがあることが書かれていました。体内水のバランスがくずれ、内耳がむくむためだと言うのです。「もしかしたら、これかな? 」と思い、半信半疑で九州の桜島 活泉水を飲み続けてみました。すると、数週間ほどでめまいが格段に減りました。

専業主婦なので、家の中にいることが多く、運動らしいことはほとんどしていませんでした。これも体内の水分バランスがくずれる原因だったと思います。

年齢的にも健康に気を遣わないといけないな、と反省し、今では水飲みとウオーキングを続けています。めまいは前回起こつたのがいつだったか覚えていないくらい、なくなりました。

病院でも異常がないと言われたのに続く不調の原因は「脱水」かもしれない

シリカとはケイ素の酸化物で、最近ではアンチエイジング効果が高いと注目の成分です。しかしながら、現代人には圧倒的に不足しています。

わたしたちの体の中にはもともと存在しているシリカですが、生まれたばかりの赤ちゃんの体内にあるシリカの量を100パーセントとすると、40代になれば50パーセント以下に減少してしまいます。しかも、シリカは体内で生成することができません。

この減少を食い止めるには、食品や飲料水から摂取しなければならないのです。

加齢に伴い、薄毛や脱毛に悩む人が最近急増しています。特に病気はないし、日頃の体調も特に悪いわけでもないのに、頭皮は年齢以上の状態ということが現代人に増えているのです。育毛や薄毛対策のトニックなどで対策をして解決すればそれでいいのですが、なかなか一筋縄ではいかないのが現実です。

シリカ(ケイ素)は健康な頭皮や美しい毛髪に欠かせない成分でもあります。ですから、シリカが不足すると毛髪にハリやツヤがなくなり、パサパサになって毛が細くなり、抜け毛も増えます。これは、シリカ不足である大事なサインです。

ほかにも、シリカを補給すると、肌の保湿や血管、骨、爪の強化、コラーゲンの再生などの助けになります。そのため、シリカ水は特に女性にとって、美容のための強い味方です。

コラーゲンやヒアルロン酸の多い食材を摂取するときに一緒にシリカを摂取すると、その効果が一段とアップします。

シリカ(ケイ素)を多く含む食品には、現代人があまり摂っていない食材が多いです。キビやアワなどの雑穀、トウモロコシ、玄米、麦などの穀物に多く含まれていますが、こういったものを毎日食べている人は少ないと思います。玄米に穀物を混ぜた雑穀ごはんなどは、バランスがとても良くおすすめです。

ほかには、海藻類、貝類、じゃがいも、ほうれんそう、バナナ、レーズンなどに多く含まれます。

このような食材は、毎日少しずつ摂取すれば、薄毛や抜け毛対策になりますが、いまひとつ難しそう...という人にはシリカが多く含まれたミネラルウォーターがおすすめです。普段から口にする水をシリカ水に変えれば、寂しくなった頭皮をフサフサに若返えらせる助けにもなるでしょう。

霧島天然水 のむシリカ 口コミで一番選ばれている天然水には、100ml あたり9.7mg のシリカが含まれています。食べ物だと消化・吸収される際に含有量分すべては吸収されないかもしれませんが、水なら体によく吸収されます。

東京医科歯科大学名誉教授の藤田紘一郎先生が水についての書籍をたくさん執筆されていますが、シリカ水は藤田先生もおすすめの水です。

シリカ水を飲んで、老化を防ぎ、健康な肌や髪、爪を保ちましょう。

ルチンは果物や野菜の色彩と風味を引き立てるバイオフラボノイドのひとつです。

フラボン類には相乗効果があり、ケルセチンやヘスペリジンといった、ほかのバイオフラボノイドと一緒に配合されることが多いです。

バイオフラボノイド、とくにルチンには毛細血管を強化する働きがあります。ルチンは、ビタミンCを正しく吸収し使用するのに欠かすことのできない物質で、ビタミンCがコラーゲン(細胞表皮を支える皮膚の直下組織) を維持する働きを助けます。

アレルギー治療薬として使われることがもっとも多いのですが、乳細胞から分泌され、鼻づまりなどのアレルギー反応を引き起こすヒスタミンという化学物質の分泌速度を遅らせることがわかっています。

事実、ルチンは花粉症やぜんそくなどの症状を緩和する抗アレルギー剤に配合されていることの副作用はありません。毛細血管強化作用があるため、挫傷や静脈瘤(血管が弱くなることが原因)、痔(肛門や直腸の静脈が炎症を起こす) などにも効果があります。

ほかのバイオフラボノイドと同じくルチンにも抗炎症作用があり、抗ウイルス作用や抗バクテリア作用、抗がん作用もあります。さらに研究が進めば、もっと多くの利用法が見つかることは間違いありません。

アレルギーは腸で治す

ローヤルゼリーは、働きバチ(常に巣の周りを飛び回る働き者) によってつくられる白い乳状の分泌物です。

ハチの幼虫は生後3日間、このごちそうを食べますが、女王バチとなる者だけは、その後もローヤルゼリーを食べつづけるのです。

女王バチはからだの大きさが同じ巣に住む雌バチの1.5倍もあり、寿命は1.4四倍も長い。働きバチは生殖機能をもっていませんが、女王バチは非常に生殖能力が高いのです。

女王バチは、ローヤルゼリーのおかげでこのような利点を得るのだと、ハーバリストは長年考えてきました。

ローヤルゼリーは高純度のたんばく質で、すべての必須アミノ酸とビタミンB群を含んでいます。弱い抗生作用もあり、代謝や感情、食欲、性的衝動を司る体内の重要なホルモンを生成する副腎を刺激する効果があります。

ハーバリストは強壮剤として、あるいは女性の閉経期の症状を緩和し、男性の性的能力を高めるためにローヤルゼリーをすすめます。また、シワを目立たなくする効果があるとも考えられています。人間もローヤルゼリーから女王バチと同じ効果が得られるとしたら、私たちも健康で長生きできるでしょう。

ローヤルゼリーの効能、効果はエネルギーを高め、性的衝動を回復させ、肌の質を高め、閉経期の症状をやわらげる効果があります。

はちみつ(抗酸化作用が強力な天然甘味料)

ブログ

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 7.3

最近のコメント