フグ料理といえば、冬の風物で、フグチリやフグ刺しが有名ですが、日本以外でも、韓国、中国、アフリカなどで食べられています。

ご存じのように、昔から「フグは食いたし、命は惜しし」という諺もあるくらいで、その猛毒で令を落とす人がたくさんいました。

それでも日本でフグ料理がこのように一般に広まったのは、明治21年に伊藤博文が 下関でフグを食べてあまりの美味しさに感動し、フグを解禁したのがきっかけになったと伝えられています。

最近は、フグの黒い皮がガンの防止によいとか、フグの脂肪にはDHA が多く、ボケの防止やアレルギー症に効果があるともいわれています。

ところが、このフグを養殖する場合には、稚魚の歩留まり率が悪く、大量養殖が難しいこともあって、どうしても高価な魚になっていました。そこで、クコンを飼料に加えてみたところ、歩留まり率が倍にまでなりました。

ウコンは人間だけではなく、フグにも効果がありそうです。次に、このことを取り上げた平成3年3月25付の『南海日日新聞』の記事を紹介しておきます。

【全国のフグの40~50%は奄美産といわれるなかで、その養殖フグの飼料にウコンを混ぜ与えた七ころ、「元気の出るフグ」が続々誕生、稚魚の歩留まり率がグンと高まった。

ウコンは、肝臓機能を強化する薬用植物として広く知られているが、人間だけでなく、フグにも効果ありというわけ。ウコン入りの飼料を使っているのは、奄美の宇検村銘柄の宇検養魚㈲。

フグの稚魚の歩留まり率は30~40%と非常に低く、大量養殖が難しいこともあって高値の要因といわれている。エサはイワシ、サバなどをミンチ状にしたものやニンニク、大豆などを混ぜたものが主。これにウコンの粉末を加え、稚魚に与えたところ歩留まりは通常の約2倍の80%に達した。昨年は百万匹の稚魚を入れたが、70~80%を維持した】

ウコンをより上手に摂るために | ウコンの効能・効果
https://turmeric-guide.net/archives/657

この頃は、同じ食品でも健康という付加価値をつけて販売促進を行う傾向があります。それならウコンこそ健康によい食品作りの素材に最適というわけで、ウコン入りのパンを作り店頭に並べているパン屋さんが鹿児島に現れました。

このパン屋さんはもともとおいしいパン作りでは有名で、さらにウコンを加えておいしくて、しかも健康によいパン作りに挑戦しています。パン粉とウコンの割合としては、パン粉1 kgに対してウコンの粉末7 gを加えてパンを焼いているそうです。

お客さんの反応は予想以上によく、他のパンよりもウコン入りパンのほうが先に売り切れてしまうということです。

ウコンをより上手に摂るために | ウコンの効能・効果
https://turmeric-guide.net/archives/657

春ウコンの根茎を輪切りにしてみますと、その切り口は鮮やかな黄色です。すでに何度も触れてきましたように、これは黄色い色素クルクミンが豊富に含まれているからです。

しかも、春ウコンは生薬のなかでも上薬に位置づけられているように、まったく毒性がありません。このような春ウコンは黄色の着色料として使うのにとても適しています。

例えば、料理で黄色味をつけるときは卵の黄身を使うのがふつうですが、その代わりに春ウコンを使いますと鮮やかな黄色味が出せます。そのうえ春ウコン自体が素晴らしい薬効をもつ生薬でもありますから、色合いで目を楽しませてくれるだけでなく、同時に健康にも役立つ料理ができあがります。

その他にもたくあんの着色料として利用されていることはすでに紹介したとおりです。また、昔から着物を包む布にはウコン染めのものが利用されていたことからもわかるように、春ウコンは布などの黄色の染料としてもおなじみです。

一般に大多数の天然染料の場合は、その色合いを出したり、固定するために媒染剤といわれるものを必要とします。

まずはじめに、水に染料の材料を入れ、温度を上げます。たいていは沸騰させて染料分を抽出させ、その液の中に繊維を浸して染料分を吸収させます。ところが、吸収させたままで終わってしまいますと、色合いが十分に発色しなかったり、色の定着が不十分でしばらくすると色あせてしまいやすいのです。そこで、アルミや鉄、鋼などの金属を化学処理して水に溶かした媒染剤に、染料分を吸収させた布を浸して発色と定着のための作業を施します。うところが、クコンの場合は、ウコンで煎じた液の中に繊維を入れるだけで染まってしまうので、簡単に染めることができます。

試しに、白い布を使ってウコン染めをやってみると、実にきれいな黄色いハンカチができあがります。

琉球王朝の専売品だった生薬「ウコン」 | ウコンの効能・効果
https://turmeric-guide.net/archives/654

ウコンに殺菌作用があることはすでに学会でも発表され医学会からも注目を集めているのですが、この性質を利用すると意外なところで効果を発揮してくれます。

ウコンの粉末に少量の水を加えてよく練ります。例えば、それを切り傷につけておきますと、切り口から菌が入るのを防げますし、また皮膚を活性化するので傷の治りもかなり早かったという体験談が多数あります。

また、痔の場合にもウコンをつけると殺菌効果が期待できますし、皮膚の活性化作用で傷の事実、ウコンをつけたところ、3日後にはいぼ痔がすっかり肴んでしまったという体験をされた方もいます。

その他にも虫さされにウコンをつけると効果的ですし、水虫につけたら、長年どうすることもできなかったのに、ウコンの粉末を練って毎日ていねいに塗りつけていたら見事に完治してしまりたという体験談も報告されています。こうしたウコンの殺菌作用は何も人間にだけ効果を発揮するわけではありません。

出世魚と呼ばれるブリは、関西では成長につれてツバス、ハマチ、メジロ、ブリと呼ばれますが、そのなかのハマチの養殖でもウコンの殺菌作用が大いに役立っています。

というのは、ハマチの養殖をしていると、鱗に虫がつきやすいという障害があります。ところが、餌の中にウコンを混ぜて与えたり、直接海水のなかにウコンを溶かし込んでやると、ほとんど虫がつかなくなるといわれます。

この他にも家に入ってくる虫よけに利用しているという例もあります。ある家では庭に竹薮があってその季節になると百足が家の中に入り込んでくるのに頭を痛めていたそうです。

そこで、ウコンの粉末を家の周辺に撒いておいたところ、家に百足が近づかなくなったといいます。

同じようにしてウコンはゴルフ場の虫よけにも利用できます。ゴルフ場で虫よけに撒く農薬が問題になっていますが、ウコンならばいっさい副作用もありませんから安心して利用できるというのです。ちょっと変わった話としては、鶏の餌にウコンの粉末を加えて与えたところ、卵黄の黄色味の程度がさらに強くなったといいます。

殺菌・抗炎作用も | ウコンの効能・効果
https://turmeric-guide.net/archives/255

最近は全国各地の温泉の成分をパウダー化して、香りや健康効果を家庭で味わえるような商品が出回っています。


実は、ウコンの場合もその粉末をお風呂に入れて入浴すると、とても肌が潤うのを体験できます。というのは、ウコンにはとても高い保湿効果がありますので、入浴後は皮膚が活性化され、しっとりとするからです。


入浴前にまず、小さじ1杯程度のウコン粉末を浴槽に入れてよくかき混ぜます。色合いとし
ては微かにごく薄く黄色味がかる程度です。これで準備はOKです。
あとはゆっくり入浴してください。きっと、最高の風呂上がり気分を味わっていただけます。


その他にも、ウコンの粉末を少量、水に溶かしてウコン液を作り、洗顔に利用するのもおすすめです。こうすれば、顔の皮膚が活性化されて、化粧ののりがとてもよくなります。

ウコンの効能、効果
https://turmeric-guide.net/

意外にあまり知られていないウコンのユニークな利用法について紹介しましょう。

ある調査によりますと、現在は、歯の検診を受けた中学生の3人に1人は歯科医にかかるように指導されています。戦後の歯科治療はずいぶん進歩したはずですし、食生活もかなり改善されたはずなのに、ムシ歯や歯槽膿漏、歯周病などといった歯の病気にかかる人は、増え続けているということです。

実は、このような歯の病気の予防にもウコンは一役買ってくれそうなのです。ムシ歯は、歯の汚れに住みついているミュータンスと呼ばれる細菌が作り出す酸がもとで起こります。この酸が、人間の体のなかでもつとも硬い組織である歯の表面のエナメル質に穴を開け、その下にある象牙質を溶かしてしまうことによって起こるのです。

そのために、ミュータンス菌がいっぱい群がる歯の汚れを歯ブラシできれいに取り除けばムシ歯を予防できると考えられ、歯磨きが奨励されてきました。

また、丈夫な歯を作るにはカルシウムをたっぷりとることが肝心なので、カルシウムをたくさん含んだ小魚や乳製品などを積極的に食べることが必要です。そこでウゴンをみてみると、ウコンには抗菌作用があり、また、カルシウムもたっぷり含まれていることはすでに述べたとおりです。

ですから、このようなウコンの特質を活かせば、歯の周辺組織に取りついた細菌を除去してくれるだけでなく、カルシウムの補給にも役立つので健康な歯を作るのにも都合がよいと思われます。もし毎日ウコン・をとつていれば、それだけでカルシウムを補給していることになります。

では、歯の細菌を取り除くにはどうしたらよいかというと、まずウコンの粉末を小皿のような容器に入れておきます。準備はこれだけです。そうしたうえで、最初にいつものように歯磨きをして歯の汚れをきれいに落としてから、ウコンの粉末を歯ブラシにつけて磨きます。

しばらく続けたら、うがいをして口のなかをよく洗い流します。なかには、ウコンの粉末にフライパンで妙った塩を混ぜ、それを歯ブラシにつけて磨いたところ、歯茎が引き締まってとてもよいという報告もあります。

もちろん、こうしたウコンによる歯の健康法だけで十分なわけではありませんが、歯の病気を予防する毎日の努力のなかに、このウコンも加えておくとさらに効果が上がると思います。大切なのは毎日続けることです。

ちなみに、うがいをするときに白い服などに液がつくと、黄色の染料としても使われるほどのウコンですから、黄色い染みがついてしまう可能性があります。その点だけは注意して使いましょう。

ウコンの効能、効果
https://turmeric-guide.net/

糖素減 - 効能、効果

| コメント(0)

ゴーヤー(蘭山苦瓜)の有用成分

他の苦瓜に比べ有用成分の多い「蘭山苦瓜」。蘭山苦瓜は品種改良されていない非常に希少な品種。有用成分を豊富に含んでいるのが特長です。

チャランチン
あの独特な苦みとなる成分。糖対策を強力にサポート。
コロソリン産
有用性が学会でも報告されている注目の成分。
モモルデシン
チャランチンンと同じく苦み成分。糖・脂対策をケアする。

その他にも共役リノレン酸、カロチン、ビタミンC、食物繊維、葉酸などが含まれます。

もともと、苦瓜は健康成分を多く含み、ビタミンやミネラルが豊富です。そのほか、糖にアプローチする重要な成分も含まれています。

農薬・重金屈が検出されない苦瓜は、極めて安全性が良く、成分が安定しばらつきが少なく、注目の糖サポート成分をたっぷり含んでいます。その条件を満たす蘭山苦瓜は、糖が気になる方にとって非常lに貴重な食材です。

糖コントロールに悩まされている方に是非飲んで欲しい

「蘭山苦瓜」(らんざんにがうり)をご存じだろうか?苦瓜(ゴーヤ)の一種なのだが、糖に働く成分が豊富に含まれている植物であるため、近年、テレビ等でも取り上げられ、話題になっているゴーヤの種類です。もともと、苦瓜(ゴーヤ)という野菜は、糖に働く成分が多く含まれており、その独特の苦味の元となる成分「チャランチン」や「モモルデシン」が糖対策をサポートすることで知られている。また「コロソリン酸」という成分が直接アプローチするとして学会で注目されるなど、とにかく糖対策への有用性について数多くの報告がされている野菜です。

そんな苦瓜の中でも、特に有用成分が多く含まれている品種が「蘭山苦瓜」なのだから、話題になるのは当然です。どうにかこの苦瓜を入手したいものだが、蘭山苦瓜は希少な品種であるため、国内では入手困難。現在、蘭山苦瓜を摂り入れる方法は「糖素減」というサプリメントを飲むことが唯一の方法です。

ゴーヤー(蘭山苦瓜)使用「糖素減」の使用感&口コミ(糖を下げる)
https://www.cause-reason.info/tosogen/

最近は、西洋医学一辺倒ではなく生薬・粉薬、漢方薬を西洋薬と合わせて数百種類を超えて独自のストレッチや良質な健康食品を組み合わせて使用している病院も増えてきました。西洋薬の副作用を抑えるためには、やはり自分の免疫力を高めていくことがとても重要です。

漢方の効果をよく知る専門医は30~40年にわたる経験を生かし独自のオーダーメード療法で他の医療機関と一線を画す治療でよい成績をあげているところもあります。

高い評価を受けている健康食品の1つに、微生物発酵法で作られガンマたγ-リノレン酸( ガンマの油)があります。ガンマの油をとることで、赤血球の柔軟性を取り戻すことが期待できます。

1度失った腎臓の機能は取り戻すことができないのですが、適切な治療にガンマの油を組み合わせることで、腎機能の維持や改善も期待できます。実際の症例です。

別の医師から腎機能の低下を指摘されていました。慢性腎臓病が悪化して人工透析を受けるようになると、日常生活に大きな制約が生まれてしまいます。なんとか人工透析を回避したいと願うのは当然です。

当時、ののクレアチニン値4.9mgで、尿素窒素は、62.1mgもありました。足のむくみにも悩まされており、歩くのがつらいと、しきりに訴えていました。そんな方でも漢方治療と併用してガンマの油を飲んだところ、4ヶ月後の検査でクレアチニン値が4.1mg、尿素窒素が50mgまで改善。足のむくみも軽快してらくになったのです。

次の方の症例は、血管炎(血管に炎症が起こる自己免疫疾患の1つ)が原因で慢性腎臓病を発症。別の医療機関で治療を受けていたものの、治療効果が見られませんでした。

漢方薬と併用してガンマの油のを飲むと、高かったクレアチニン値が1ヶ月後後に3.5mg、2ヶ月後に2.8mg、3ヶ月後に2.5mgと、順調に改善していきました。

慢性腎臓病の方の場合腎機能値を維持するだけでも大変なことです。検査のたびに数値の改善が見られたこの症例は、慢性腎臓病の方にとって明るい希望の光になるでしょう。

γ-リノレン酸(ガンマリノレン酸)サプリ「イッチノン」の使用感&口コミ(腎機能の回復)

玉ねぎの皮茶はこちら。

血糖値とヘモグロビンA1Cが大下降して薬が不要になった

3年前に血糖値240mg/dl、ヘモグロビンA1C9.3に悪化して、私の糖尿病との闘いが始まりました。ところが、増え続ける一方の薬に不安を感じるようになり、ほかに打開策はないかと思案するようになりました。

そこで玉ねぎの皮茶を飲んでみたところ、これが大当たりでした。飲用後はてきめんに数値が安定。現在は血糖値は空腹時122mg/dl、食後138mg/dlに大幅下降して、ヘモグロビンA1Cも5.4に下がっています。おかげで、現在では薬の服用は一切なくなり、玉ねぎの皮茶を飲んで救われました。

降圧剤が不要になってのぼせも改善

塩辛いものが好きという食生活が、私の高血圧の原因でしょう。薬を飲んでも血圧は150/90mmmHG台のまま。頭がフワーツとのぼせることもよくありました。そこで玉ねぎの皮茶を飲み始めたら、10日で血圧が上132/88mmHGに改善。半年後には上120/65mmHGに大幅下降したのです。

頭ののぼせもすっかり起きなくなり、病院の薬もだんだん減って、今ではスッパリと止めることができました。高血圧の薬とは一生のつき合いと聞きますが、そんなことはないんだな。今日も玉ねぎの皮茶を飲みながら、私はそう痛感しています。

数十年ふりに降圧剤から解放

血圧が高くて、何十年もの間、降圧剤のお世話になっていました。そのうえ、昨年には境界型の糖尿病と指摘されたのです。そんなときに玉ねぎの皮茶の評判を知って、試しに飲用してみることに。

すると、降圧剤を飲んでも140台だった血圧が3カ月で120台になり、半年後も同じく良好な数値に安定。おかげで、長年の降圧剤生活から抜け出せました。血糖値も130から121に下がり、ヘモグロビンAICは5.6に改善して大満足です。玉ねぎの皮茶には、これからもよろしくお願いしますといいたいです。

血糖値、血圧、コレステロールが軒並み正常化

心配していた検査数値がのきなみ改善してきたのは、玉ねぎの皮茶を飲み始めて2ヶ月後のことです。まず、180前後だった血糖値が105に下がって、コレステロールも163の安全圏に改善。血圧は170もあったのですが、これも130台に安定するようになったのです。

あれもこれも正常値の合格マークをもらって、玉ねぎの皮茶には感謝するばかり。あせらず、あわてず、毎日飲んでいれば朗報を届けてくれるありがたいお茶です。これからも欠かさず飲んで、検査で合格マークをもらい続けたいです。

血糖値300mg/dlからどんどん下がって薬も不要になりそう

数年間、血糖値を下げる薬を飲み続けてきましたが、血糖値はいつも300から下になることなし。そのうえ、ヘモグロビンAICも8.0を超えていました。ところが、孫が送ってくれた玉ねぎの皮茶で数値が一変。試しに薬と併用して飲み始めたところ、血糖値は230まですんなり下降。最近の数値でいえば153にまで改善し、ヘモグロビンAICも6.3と、今までにない好成績です。これには我ながら驚きました。

血糖値、ヘモグロビンA1Cが一気に好転、医師もびっくり

昨年、糖尿病との診断を告げられて通院を開始し、薬も飲み始めました。当時、空腹時血糖値は180mg/dlを超す値だったのですが、薬を飲むと120程度まで下がり、食後二時間血糖値は160程度になりました。

でも、薬を飲むのをさぼると数値がまた上がり始めてしまいます。そんな毎日でしたが、知人にすすめられた玉ねぎの皮茶を飲むようになってから一気に数値が好転。

空腹時血糖値は正常値の105~110、食後は150台と信じられないほどに安定しています。ヘモグロビンAICも7.4もあったのが、5.9まで落ちました。

先生もすごい快復ぶりだと驚いて、玉ねぎの皮茶と出会えてよかった!飲んでよかった!と感謝しています。

酢たまねぎで再チャレンジしてやっぱりよかった

数年前、ヘモグロビンA1Cが高く、悩んでいたところ友人からおしえてもらった「酢玉ねぎ」を1ヶ月ほど試したことがありました。でも、効果が感じられず、食べるのを止めてしまいました。

今考えると、あまりに早く結果を求め過ぎたのでしょう。2~3日食べれば数値が下がるような勝手な思い込みをしていました。 すぐに「やはりこのままの状態ではいられない」と思い返し、改めて酢玉ねぎにかけてみようと決めたのです。

当時の私は、ヘモグロビンA1Cが8.9まで上がって、空腹血糖値も220~230mg/dlと高く、正常値を大幅に超えていました。さらに、糖尿病の進行を示す手足のしびれや疲労感なども出ていたのです。喉の渇きも気になっていました。当然、食事にも気をつけていました。ですが、甘いものに目がなく食べる量は減らせても、完全に絶つのは無理だと自覚していたので、食事コントロールをしながら、食事のたびに酢玉ねぎを食べる生活を始めました。

血液の流れが数値の改善に

2ヶ月くらい経ったころ、酢玉ねぎの効果が「数値」としてはっきり目に見えるようになりました。

二カ月ごとの定期検査では、ヘモグロビンA1Cが7.9に下がったのです。これを励みに酢玉ねぎ食を続けていると、その後の検査で、7.4まで低下。調子のよいときならば、6.8なんてこともあります。数値がおもしろいように正常値に向けて下がっているのです。

空腹血血糖値も130~140mg/dlで安定しています。さらには嬉しいことに薬でもなかなか下がらなかったコレステロール値が300~200に改善しました。主治医にも血液の流れが改善していると言われました。これも酢たまねぎのおかげです。

ヘモグロビンA1C、コレステロール値が下がった酢たまねぎはこちら。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 7.1.2

最近のコメント