糖質制限食は、糖質を制限することによって、脂質が上手に使えるからだをっくることを大切な目的としています。

脂質はエネルギー源となるほかにも細胞膜やホルモンの原料にもなるため、しっかりととる必要があります。

とはいえ、脂質には摂るべき油と避けるべき油があり、両者の違いを把握しておかなければなりません。その違いについてです。

oil-3112195_640.jpg

脂質の大半は「油脂」からできています。そして油脂の性質を決めるのは「脂肪酸」です。脂肪酸には「オレイン酸」「。α- リノレン酸」「EPA (エイコサペンタエン酸)」「DHA (ドコサヘキサエン酸)」「リノール酸」「トランス脂肪酸」などがあります。

じつはこれらの脂肪酸は、からだにいいものと悪いものがあるのです。積極的にとってほしい脂肪酸を紹介していくと、まずは「オレイン酸」。この脂肪酸はLDLコレステロール値を改善させる働きをもちます。

オレイン酸を多く含む油はオリーブオイルです。次に、ローリノレン酸。しそ油(エゴマ油) に含まれるもので、体内では合成できない必須脂肪酸の一種です。

EPA とDHA は魚油の一種。イワシやサバ、サンマ、マグロなどに含まれている脂肪酸です。血中で血のかたまりができるのを防いだり、中性脂肪やコレステロールの漉度を抑える働きをもちます。心臓や脳、血管によいとされる脂肪酸です。

避けてほしい脂肪酸はリノール酸とトランス脂肪酸。リノール酸を多く含んでいるのは、大豆油・コーン油・紅花油ですが、この脂肪酸のとり過ぎはアレルギー性疾患や炎症、心臓病、脳梗塞の誘因になるといわれています。

リノール酸は必須脂肪酸の一種ですが、現代人はとり過ぎなのです。トランス脂肪酸には天然のものと人工のものがありますが、人工のものは避けてください。人工的につくつたマーガリン類に含まれているトランス脂肪酸は気管支喘息、アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚引炎などのアレルギー疾患を引き起こす確率を高めてしまいます。

免疫力アップのためのオリーブオイル

株式会社ワイピーファームは、群馬県藤岡市で栽培した無農薬の桑を使いやすい粉末にした「桑粉茶」を発売いたしました。

桑粉茶.jpg

多くのトクホ商品で使用されている機能性関与成分である水溶性食物繊維 難消化性デキストリンを配合。

桑の独自成分 1-デオキシノジリマイシンと難消化性デキストリンが気になる糖質をコントロールします。

「桑」という植物について

多くの女性が注目している葉でダイエットや高血糖対策素材として定番です。その効能に関するいわれは古く、本草学の最初の書といわれ、2世紀に中国で著された「神農本草経」には、桑葉を日陰干ししたものを神仙茶と名付け、これを服用すれば風邪や百日咳、中風、利尿などに効き目があり、高血圧や滋養強壮にも効果があるとされています。

桑独自の成分 1-デオキシノジリマイシン(DNJ)が糖質をコントロール

桑はその栄養成分や効能から、古くより漢方薬などで使用されてきました。 研究によれば桑の葉には1-デオキシノジリマイシン(DNJ)という、桑特有の成分が含まれています。

水溶性食物繊維「難消化性デキストリン」

難消化性デキストリンとは、とうもろこし等の自然の成分から取られたデンプンでできている食物繊維のことです。 難消化性デキストリンは糖分の吸収を抑制し、血糖値をコントロールしてくれるようです。 そして、糖分の吸収は抑制しても、必要なミネラル分は身体に吸収しやすくなるというすぐれものということで、ここ数年話題になっています。

食物繊維を黄金比で配合 毎朝のすっきりに「桑粉茶」 | 便秘を解消しよう!

赤黒減茶は、アフリカつばき茶、ゴールデンキャンドル、シモン茶、明日葉茶、黒ウコンを使用したダイエット茶です。
赤黒減茶.jpg

原材料名

  • アフリカつばき茶
  • ゴールデンキャンドル
  • シモン茶
  • 明日葉茶
  • 黒ウコン

内容量

90g(3g x 30包)

おいしい召し上がり方

1日目安量1包(3g)を1~1.5リットルの水で煮出して、お使いください。また、ティーバッグをティーポット、マグカップに入れ熱湯を注いで3分後にお飲みいただいても結構です。

1度に過剰な取りすぎにはご注意下さい。 * 本品はお茶ですが、身体に合わない場合にはご使用をお控えください。

赤黒減茶 | 便秘を解消しよう!

糖質制限食による健康法は、主食を除いた主菜・副菜によって食事が構成されます。その副菜の材料として積極的に活用したいのが、野菜・キノコ頬・海藻類。生でも妙めものでも煮ものでもいいので、自由に調理して楽しんでください。

supermarket-949913_640.jpg

野菜は全体的に糖質が少ないので、どんどん食べていただきたいと思います。そのなかでもとくに活用してほしいのが、葉物野菜。キャベツやハクサイ、ホウレンソウ、コマツナなどはたくさん食べても大丈夫です。

一部の野菜には糖質を多く含むものもあるので、注意しましょう。カボチャ・レンコン・ニンジン・ユリネ・ソラマメなとは比較的多くの糖質を含みます。すでにふれましたが、でんぷんを多く含むいも類は避けるようにしてください。野菜はそれぞれの旬の味わいが楽しめる食材なので、上手に活用したいものです。

キノコ類は糖質もカロリーも低いので、強くオススメします。海藻類も同じく、糖質・カロリーともに低い食品です。

ただし、海藻では昆布だけは例外的な存在。100グラム中30グラムもの糖質を含みます。そのため昆布巻きや松前漬けなど、昆布そのものを食べる料理は避けたほうがよいでしょう。

直接食べずに、だしをとるのに使うぶんには大丈夫です。野菜やキノコ類、海藻類は具だくさんのスープにすれば栄養のバランスもとりやすいといえますね。もちろん、お味噌汁でもおいしくいただけます。

最後に、果物についてです。果物はアボカド以外は基本的に糖質をたくさん含みます。その糖質の多くは「果糖」といって、ブドウ糖のように血糖値を上げることはしないのですが、ブドウ糖よりも中性脂肪に変わりやすいという特性をもっています。

果物はブドウ糖やショ糖も含みます。果物を食べる際の1 回の許容量はイチゴなら5粒程度、リンヨは4分の1個、キウイフルーツの場合は2分の1個くらいを目安としてください。

間食やデザートとして1日2回までOKです。ただし、ドライフルーツは糖度が高くなっているので要注意です。

15種類の野草(ハーブ)をバランスよく配合し緑茶を加えて毎日飲みやすいお茶に仕上がりました。

スリミストハーブティー.jpg

天然野草のミネラル・ビタミンを摂りながらお腹スッキリ!

スリミストハーブティーは、古来よりヨーロッパや東洋諸国などで美容と健康に良いと愛飲されてきた天然野草の中から、数種類に厳選したものを使用しています。

長年培った独自の焙煎技術でブレンドされた味、香り、成分等を自然のままに活かしビタミン、ミネラル植物繊維等が豊富に含まれた身体にやさしい健康茶です。

クセもなく飲みやすい風味ですので、お子様からご年配の方まで安心してお飲みいただけます。

スリミストハーブティーの安全性

スリミストハーブティーは、化学添加物を一切使用せず、天然野草を厳選し、ブレンドしていますので、お子様からご年配の方まで安心してご愛飲いただけます。

このような方におすすめ

  • お腹をスッキリさせたい方
  • お肌が気になる方
  • スリムになりたい方

美容と健康に良いと広く伝えられている天然野草の中から、厳選した素材を独自の混合比と焙煎技術により、製品化されました。

ビタミン、ミネラル、植物繊維などの成分を自然のままに活かした風味豊な健康サポート茶です。

水をたくさん飲む

体内の古い水分が出ていった後は、水分を補給する必要があります。

水を1日2L以上飲むと、体内のいらないものが排出されますので体調が良くなり、効果が期待できます。

作用時間

個人差はありますが、早い方で3~6時間位で作用します。

慣れてくると8~12時間程度で効果が表れるようになります。

<h4">スリミストハーブティーのご使用方法

●初めて飲まれる方

1.ポットなどの大きめの容器(750cc~1L)に1包入れ、熱湯を注ぎます。

2.20分以上浸した後、3~4回に分けてその日のうちにお飲みください。

※初日は、お出かけの予定がない休日などでお試しください。

●慣れてこられたら・・・

1.ティーバック1包をカップに入れ、約200ccの熱湯を注いでください。

2.15~20分浸してからお飲みください。

・成分を良く抽出するために、浸しておく時間を長くするか、飲む直前にティーパックをスプーン等で数回押し出してからお召し上がりください。

・目安として1日1~2回食後などにお飲みください。

スリミストハーブティー ご使用上の注意

  • 原材料にキャンドルブッシュを含みます。人により下痢を起こす可能性があります。
  • 一度に大量に摂取することは避け、使用する場合には慎重に、煮出したり煎じたりしないでください。
  • 効果には個人差がございます。
  • 長距離バスやお手洗いの無い場所に移動される等の前には、飲用をお控えいただくことをおすすめします。
  • 濃度や量、各人の程度に応じて反応が異なりますのでご注意ください。
  • 飲まれてから、3~10時間ほど様子を見てください。

身体をスッキリさせる天然野草成分

  • キャンドルブッシュ
  • バンシャクノキ
  • トウキシ
  • ハトムギ
  • ギムネマシルベスター
  • オレンジピール
  • 柿葉

スリミストハーブティー Q&A

Q.効果的な飲み方って?

A.ハーブティーを薄めにつくり、お茶の替わりにお召し上がりいただくと効果的です。

煮出しますと成分が出すぎて強く作用する場合がありますので、最初は煮出さずに、熱湯に浸す方法でお試しください。

作用に個人差がありますので、ティーバックを浸す時間や飲む回数を調節されることをおすすめします。

Q.ハーブティー1包につき1回分?

A.ハーブティーは、ティーパックの色がなくなるまで繰り返しお使いいただけます。

効き目があまり感じられない方は、ハーブティーの成分をよく抽出し、濃くしてからお召し上がりください。

Q.ダイエットをしたいけど「スリミストハーブティー」か「五層龍」どちらが良い?

A.ダイエットをされる場合は、「五層龍」をおすすめします。

「五層龍」は、毎食15分~30分前に飲むだけで、その後に食べた食事の糖分が吸収されにくくするというものです。

特別な食事制限なしで、バランスの良い食事を3食摂りながら、手軽にダイエットを楽しんでいただけます。

「スリミストハーブティ」は、むくみを気にされている方におすすめです。

今まで溜まっていた体内のいらないものを排出しますので、お腹まわりをスッキリさせる効果が期待できます。

スリミストハーブティー お通じで悩んでいる人に | 便秘を解消しよう!

飲みものに関する注意点ですが、まず基本的に甘いものは当然ですが、NGです。コーラや炭酸飲料、果汁飲料といったソフトドリンク類には、平均10 パーセントの濃度で砂糖や果糖が入っています。

bottle-2553215_640.jpg

500ミリリットルのペットボトルだと約50グラムです。これは角砂糖10個分にもなります。こうした清涼飲料水に含まれる糖質はすでに水に溶けていることから、からだにスピーディーに吸収されるという特徴をもちます。これは何を意味するかというと、ガプガブ飲むことで血糖値の急上昇を招くことになるのです。

糖尿病体質の人の場合、すぐにまたのどが渇き、それをいやすためにまたガブガブと飲んでさらに高血糖に... という悪循環に陥ります。

健康的なイメージのある飲みものにも注意が必要です。栄養ドリンクやスポーツドリンクには糖質が多く含まれています。とくにスポーツドリンクは、運動で失われた電解質や糖質をスムーズかつスピーディーに体内にとり入れられるようにつくられているので、より多くのインスリン分泌につながってしまいます。

健康的な飲みものといえば、野菜ジュースもその筆頭。しかし、野菜ジュースは、果糖やブドウ糖などの糖質を含んだ果物といっしょにジュースになっているものが多く、なかには砂糖を使っている商品も。避けたほうが無難といえるでしょう。もちろん、自宅で野菜をジューサーにかけたものならOKです。このとき、りんごやバナナを入れるのはNGです。

牛乳もまた健康的な飲みものと考えられていますが、糖質オフ健康法の観点から見るとNGです。意外に思われるかも知れませんが、牛乳には「乳糖」という楯賞がたくさん含まれているのです。

その量は、コップ1杯(200 cc)で約10グラム。濃厚タイプや低脂肪タイプだと含有量はさらに増えます。以上、避けるべき飲みもののお話をしてきましたが、ついでに安心して飲めるものにもふれておきましょう。

コーヒーや紅茶は砂糖なしのブラック・ストレートで飲めば大丈夫です。また、日本茶や中国茶、ミネラルウォーターは砂糖なしでもお いしく飲めるのでオススメできます。糖質制限ダイエットをはじめる方たちは、少し質のいいミネラルウォーターを購入して飲みます。九州の「桜島 活泉水」はデトックス効果の高い温泉水です。国産の超軟水から好みのミネラルウォーターを選ぶといいでしょう。

美と健康のためのお茶!ど〜んと出ます!

15種類のハーブをバランスよくブレンドすることにより、体調のリズムを安定させ、また豊富に含まれた天然のビタミン・ミネラル・食物繊維が無理なく摂取できる健康茶です。

「宮皇茶」 毎朝快腸ハーブティー.jpg

  • 便の滞留時間が短ければ、それだけで200kalも簡単にカットできます。
  • 身体の60%近くは水分です。水分の代謝を活発にすれば、ムクミもとれ、水太りも改善できます。
  • ダイエットを成功する確率はごく僅か食欲を抑えきれず失敗を繰り返している方がほとんど。

宮皇茶は余分なものを出してしまう健康ダイエットです。
お腹に溜まった宿便や余分な水分をどんどん出します。
毎日排便がある人でも滞留便は約3キロ、便秘気味の人の
お腹には5〜9キロも宿便として溜まっている可能性があります。
その宿便を早く出すだけで2〜5キロの減量、お腹がスリムになり始めます。

配合成分

配合成分 カッシア・アラタ・杜仲茶・高麗人参・延命茶・はと麦・どくだみ・ 浜茶・まめ茶・スギナ・シソ・クコ・あま茶づる・オオバコ・ くま笹・かきの葉・びわ茶

宮皇茶 毎朝快腸ハーブティー | 便秘を解消しよう!

「おかずだけの食事」に違和感を覚える人も多いかもしれません。しかし、700万年にわたる人類の歴史から見ると、主食(穀物)のない食事のほうがずっと自然なのです。

なにしろ、人類が米やパンを食べるようになったのは、わずか1万年前なのですから。「どうしても主食がないと、食事をした気になれない!」という人は未精製の穀物を少量とるようにしてください。具体的には、玄米ごはんや全粒粉を使ったパン・パスタ、十割そばなどを少量です。

rice-316532_640.jpg

一方精製された穀物とは、白米や真っ白な小麦粉を指します。主食として真っ先に思い浮かべるものばかりですね。未精製の穀物は、精製された白米や真っ白な小麦粉を使ったパンやうどんなどの麺頬に比べると、血糖値の上昇がややゆるやかになります。それだけ肥満ホルモンであるインスリンの分泌量も、少なくてすむというわけです。

今は、たとえば低糖質パンなどもあります。これは食べても大丈夫です。

ただし、いくら血糖値の上昇がゆるやかといっても、お腹いっぱいになるまで食べるのは厳禁です。糖質を含む食品は少量にとどめることが望ましいことは強調しておきたいところです。

なお、人類が精製された穀物を日常的に口にするようになったのは、それほど昔のことではありません。小麦粉なら200年ほど前。白米なら300年ほど前、江戸中期のことになります。日本の場合、白米を誰もが当たり前のように食べられるようになったのは、第二次大戦彼のこと。じつはごくごく最近の話なのです。

糖質オフ健康法は、食事からできるだけ糖質をとり除くスタイルの健康法です。そのためには「糖質とは何か」をしっかり理解しておく必要があります。

糖質には単糖類・二糖類・多糖類・糖アルコール・人工甘味料と、これだけの種類があり、食品としても多岐にわたります。あまり細かいことをいうと逆に混乱してしまいがちですから、おおまかに「でんぷんを含む食品」と「甘みのある食品」に分けられると覚えてください。

maize-380701_640.jpg

でんぷんを多く含む食品としては、米・小麦・大麦・そばなどの穀類、そしていも類が挙げられます。米を使った食品はご飯やおかゆ、雑炊、おもちなど。小麦や大麦からはパンがつくられます。

中華麺や焼きそば、うどん、そうめん、スパゲティ、マカロニなども小麦からつくられています。

いも類としては、じゃがいも・さつまいも・さといも。もちろん、これらを素材としたポテトサラダやフライドポテト、ポテトチップスに肉じゃが、大学いも、焼きいももNG になります。

また、片栗粉や春雨、くず粉などはいものでんぷんが使われていますから、注意したいところです。甘みのある食品は、味で判断できるのでわかりやすいはず。

砂糖・果糖・ブドウ糖などの甘味料はすべてNGです。これらを使っている食品も避けてください。

甘味料のなかには、ハチミツや黒糖、和三盆などヘルシーなイメージをもつものもありますが、これらも血糖値を急激に上げますから、避けましょう。

見逃しやすいのが、保存食品と加工食品です。じつは缶詰やレトルト食品、真空パックなどの食品には砂糖を多用しているものも少なくありません。たとえば牛肉の大和煮やサンマの蒲焼き、佃煮などがそうです。このように、でんぷんの多い食品と甘い食品を日々の食事から可能なかぎりとり除くようにしてください。糖質を含む食品はたくさんあるのですが、このふたつの 食品を意識するだけで、かなりの糖質オフになるのです。

糖質制限食で守るべきルールその1は、糖質を多く含むNG食品さえ避ければ、ほかのものはたくさん食べてもよいということです。

従来の食事の考え方では、糖質・脂質・たんばく質の3 大栄養素からバランスよくカロリーをとるのがよいとされていました。その割合は、糖質が60%、脂質が20%、たんばく質が20%です。日本では長年この割合の食事が続けられてきました。しかしその結果、肥満や糖尿病は増えているのが現状なのです。

そこで、糖質オフ健康法では、60%の割合を占めていた糖質をできるだけ少なくし、代わりに脂質とたんばく質を増やします。つまり「白米やパン、麺類などの主食をナシにする代わりに、主菜や副菜となるおかずを多くして健康的要素をプラスする」という考え方です。

ここで活躍するのが、おもにたんばく質を含む魚介や肉類、納豆や豆腐なとの大豆製品や、おもに脂質を含むチーズやナッツ、オリーブオイルなどの食品です。

糖質の代わりにこれらの食品はお腹いっぱい食べてもOKというのが、ルールその1のポイントです。肥満を気にしている人のなかには、ステーキやハンバーグ、唐揚げといった肉料理、とんかつ、唐揚げ、カキフライやエビのてんぷらなどの揚げものを我慢している人も多いのではないでしょうか?

しかし、糖質オフ健康法ならば、このようなメニューでも大丈夫なのです。これならおかずの自由度がかなり高いので、飽きることなく続けられます。

糖質たっぷりでNGの食品は、おもに主食となるご飯やパン、麺類、甘みのあるものがほとんどなので簡単です。知っておくへきことは、ハツキリいってこれだけです。このN G食品さえ避ければ、あとはできるだけ糖質の少ない食品を組み合わせて、毎日の食事をできるだけ楽しめばよいというわけです。

ブログ

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 7.3.1

最近のコメント