ビタミンCで胃潰瘍になる?

ビタミンCは体に不可欠です。また、特にガン予防に効果がある、という説も以前発表され話題を呼んだこともあるほどです。

しかし、大量に摂取すればかえって胃を荒らし、逆に胃潰瘍の原因にもなりかねないとしたら?そんなことがあったら大変です。

ビタミンC は水溶性のビタミン。したがって大量に摂取してはいせつも体に必要のない分は、尿といっしょに排泄されます。大半はムダになってしまいます。それどころか、ビタミンC の酸が胃を荒らし、胃炎や胃潰瘍を引き起こすケースも実際にあります。

また、ビタミンC がシュウ酸に変化して、尿内のカルシウムと結合し、尿路結石(腎臓、尿管、膀胱などの尿路に、石のようなかたまり輿結石ができる病気)ができてしまうこともあります。

吸収する物質の「蓄積」が、ガンの発生に影響を及ぼすこともわかってきました。美容と健康を気にするあまり、病気を呼んでしまったなど、笑うに笑えない話です。

確かに、ビタミンC は、体内で生成される発ガン性物質の一部の生成を抑える作用もあるといわれてはいます。ただし、ビタミンCを錠剤などで補おうとする人間にはそもそも野菜嫌いが多いようです。

となるとむしろ、毎日の食生活に問題あり、ということになります。ビタミンCの1日に必要な摂取量は50mg。大きめのじゃがいもなら1個ですむ量です。ガン予防のためと称してビタミン剤を必要以上に飲むぐらいなら、栄養バランスのよい食事をこころがけるべきでしょう。

がん予防、治療にも大きな期待が寄せられている「ビタミンC」 | ビタミン効果 https://vitamin-action.com/2013/04/%e3%81%8c%e3%82%93%e4%ba%88%e9%98%b2%e3%80%81%e6%b2%bb%e7%99%82%e3%81%ab%e3%82%82%e5%a4%a7%e3%81%8d%e3%81%aa%e6%9c%9f%e5%be%85%e3%81%8c%e5%af%84%e3%81%9b%e3%82%89%e3%82%8c%e3%81%a6%e3%81%84%e3%82%8b/

薬も長く続ければガンの原因になる

ガン予防の条件の中に「同じ食品を長く食べ続けない」というのがあります。怖いのは体の中にガンを引き起こす、悪い物質が「蓄積」することです。

実はこれは薬にも同じことがいえるのです。ずっと同じ薬を飲み続けるのは決していいことではないのです。事実、同じ薬を飲み続けてガンになったというケースもあります。

とえば昔、人工甘味料の原料で、解熱鎮痛剤にも使われていた「フェナセチン」という成分は、長期間服用していると、肝臓ガンや膀胱ガンの引き金になるという報告があります。また、現在、多くの解熱鎮痛剤に含まれている「アセトアミノフェン」という成分も、大量に蓄積されれば、肝臓ガンにつながります。

飲み薬は体の中に入ると直接患部に届くわけではないのです。いったん肝臓に入り、血液によって薬の成分が運ばれて効果を発揮したあと、再び肝臓に戻って分解され、体外へ出るしくみです。

肝臓で処理されるということは、薬は人体にとっては異物に変わりないのです。いわば廃棄物処理場でもある肝臓が、大量に入ってきた薬を懸命に処理するのに疲れ果て、解毒しきれなくなった成分が体内に「蓄積」されるということも十分考えられるということです。

良薬も積もれば危険の山。薬ばかりに頼らず、まずはバランスのよい食生活を心がけることが肝心。

https://malignant-tumor.com/

咳止めの副作用で不能に!

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

インポテンツは大半が精神的な要因によるものですが、驚くことに薬の副作用でもなることがあるのです。たとえば、だれでもよく飲むせき止めの薬の副作用です。へ

せきは気管支の平滑筋(おもに消化器・血管などの壁をつくる筋肉で、自分の意思では動かせない筋肉《不随意筋》です)というのが緊張することで起きます。

が、その緊張は、副交感神経の興奮によってもたらされます。副交感神経は交感神経と一対になっており、一方が興奮すれば一方がそれを鎮静させるようにできています。つまり、せきを止めるためには、興奮した副交感神経の働きを抑えるか、または鎮静化した交感神経の働きを盛んにすればいいわけです。

せき止めの薬には交感神経を興奮させる作用のある「塩酸エフェドリン」という成分が含まれています。これによってせきは止まるが、副交感神経がバランスをとって鎮静化しようとするため、なんとペニスの元気もなくなってしまうのです。

まあ、こんなときくらいはいたずらにインポを嘆かず、ただでさえ体調が悪くて薬を飲んでいるのだから十分な休養をとることが肝心です。薬の服用も控えれば、そのうち元気も出てくるはずです。

風邪薬は症状に応じて選ぶ。総合感冒薬、鎮咳去痰薬、漢方薬

https://kusiri-guide.com/archives/31

たいして調子が悪そうでなくても、食事の前に安易に胃薬を飲んでいる人が増えています。TV CMの影響でしょうか?食べ過ぎて胃腸の調子が悪いのに胃腸薬でスッキリする印象が強いのがメディアの力です。

ひょっとしたら胃薬には副作用が少ないのかもしれない...思っているのかもしれませんが、あなたがもし緑内障を患っていたなら、胃薬が失明につながる場合もあるから要注意です。胃腸薬に配合された「ロートエキス」という成分には、副交感神経の働きを抑制し、胃液の分泌を抑える作用があります。

この副交感神経の働きが抑えられると、筋肉の緊張も緩められることになります。この状態が目で起こるとどうなるかというと、括約筋(内容物の出方を調整する筋肉のこと。肛門のまわりにもある) が緩で瞳孔が開いてしまうのです。

長い間このような状態を続けると、これが緑内障につながることがあるのです。緑内障とは、なんらかの原因で角膜の後ろ側を流れている房水の循環が悪くなり、眼圧が上昇する病気です。

ロートエキスの副作用で瞳孔が開けば、ますます房水の循環が悪くなり、ひどいときには失明しかねないのです。とにかく、副交感神経の働きを抑える薬は、同時に涙や鼻水、尿など水分の分泌滝抑え込んでしまうことを念頭に置いておかなければいけません。

また、特に高齢者は、腰がふらついたり、平衡感覚がなくなる、口がまわらなくなる、などの症状も出ることがあります。くれぐれもこの類の薬の安易な習慣化は避けるべきでしょう。

胃の調子が悪いのならまずは粗食にすることから。

飽食の時代だからこその「栄養失調」

飲み合わせに注意する

薬のパッケージ、あなたはそこに書いてあることに、いつも目を通しているでしょうか? われわれが注目するのは、だいたい「効能効果」と「用法用量」くらい、せいぜい読んで、「使用上の注意」までぐらい。

だがもうひとつ、薬のパッケージで見落としてはならないところがある。それは「成分」の欄です。なぜなら、薬に含まれている「成分」は、ある条件がそろうと、副作用を引き起こしたり、ひどいときには死を招くものなのです。

その条件とは... ... 。たとえば「インドメタシン」という成分。これは市販の解熱剤などによく含まれています。

これを、あやまって大量に飲みすぎると、めまい、頭痛、幻覚があらわれ、意識がもうろうとしてくrことがあります。

そのほかにも頭痛、胃出血、じんましん、気管支ぜんそくのような症状があらわれるケースもあります。

また、「薬の飲み過ぎは気をつけているから平気」という人も、そう簡単に安心はできません。薬には、「飲み合わせ」という危険性もあるのです。先ほどの「インドメタシン」は、脳血栓や心筋梗塞の治療、予防に使われる「ワルファリン」という薬と併用すると、出血が起こりやすくなるから要注意です。

両方とも血液を固まりにくくする作用があるので、いっぺんに服用すると、さらにそれが強化されてしまうのです。もしこんなときにケガでもしたら...大変です。

こうした薬の「飲み合わせ」にまでふだんから気を配っている人はそうはいないはずです。しかも、この「インドメタシン」はほんの一例、気をつけなければいけません「飲み合わせ」はほかにもまだたくさんあるのだ。

さらに「飲み合わせ」の危険性は飲み薬に限ったことではないのです。「インドメタシン」は、筋肉の炎症を抑える塗り薬にも含まれているのです。

もしこのとき「アスピリン」の入った解熱鎮痛剤を飲んでいたら、胃を荒らして胃潰瘍をつくることもあるのです。

「飲み薬と塗り薬は全然入る場所が違うのに... ... 」と思ったら大まちがいです。ただ皮膚を通すか、胃の粘膜を通すかだけの違いで、薬が体に吸収されたときの作用はまったく変わりません。

だから、一歩あやまると非常に怖いのです。とにかく、薬の「飲み合わせ」は、たがいの効果を相殺したり、作用が強力になり過ぎて、かえって病状やほかの箇所を悪化させるなど、いいことはないのです。

特にお医者さんから薬を処方してもらっているときは、市販の薬は控えよう。もしくは、市販薬を使う前にお医者さんに相談しよう。たとえそれが塗り薬まや賂り薬であっても同じことです。あくまでも同じ自分の体に作用する薬だということを忘れてはいけません。