80歳で行った 肺がん の 手術 もスーパーゲルマン ( アサイゲルマニウム ) で回復 が早く 薬剤の副作用もなし

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

30年 前から 肺 に 影 があり医師のすすめで2年前に 手術

20年余り前に定年退職してから、趣味の俳句や盆栽を楽しむ生活を送っています。すでに80歳を超えました。

私には長年きにかかっていることがありました。会社員時代の50歳代から、健康診断のレントゲン検査のさいに指摘されてきた、 肺 の小さな くもり です。「7~8年前には、いくつも病院で レントゲン や CT 検査を受けました。最新の PET 検査も受けましたが、結果はすべて肺 に くもり があるものの、 ガンとは断定できない というものでした。結核の跡といわれたこともありましたが、身に覚えはありませんでした。

PET 検査でも ガン を確認できませんでしたからストレスがたまる一方でした。一昨年の2月、不安を解消したほうがいいという医師のすすめもあり、思い切って手術を受けました。くもって映っていた細胞を、 内視鏡 による 手術 で摘出したのです。

手術当時、私は80歳。体力に自信があったものの、少しでも免疫力を高めようと、手術前に複数の健康雑誌を購入して熟読しました。

その中で目を引いたのが スーパーゲルマン ( アサイゲルマニウム ) でした。 スーパーゲルマン ( アサイゲルマニウム ) が免疫力を高め、ガン の 予防 や 進行 転移 を抑えるのに有効と知り、すぐに購入。手術後に、就寝後に4粒飲むようにしました。

私は、摘出した細胞がほんとうに ガン 細胞 だったのかどうか、いまも明確に答えることができませんとはいえ、手術をして摘出したわけですから当然、 肺ガン であるとい、前提で治療を受けることになりました。

スーパーゲルマン ( アサイゲルマニウム ) と野菜主体の食生活で転移の兆候はなし

私は、手術後、20日間 で2クール、退院後は月2回のペースで通院し、点滴による抗ガン剤投与を受けました。

ただし、実際に ガン 細胞 だとしても初期段階といわれていたので、 抗ガン剤 の量は少なめでした。ほかのガン患者さんは、横になって5時問以上も点滴されていましたが、私だけはいつも1時間程度で終わるんです。そうはいっても抜け毛や倦怠感、吐きけといった抗ガン剤の副作用は、本来ならさけられません。ところがこうした 副作用 は一切起きませんでした。

スーパーゲルマン ( アサイゲルマニウム ) のおかげか、いまでも脱毛や吐きけは全然起こりません。食欲も旺盛で、下痢や便秘にもなりません。

現在も抗ガン剤治療のほか、1~2ヶ月に一度通院し、CT 検査を受けています。転移の兆候はなく、医師からは、今後5年間、問題がなければ、再発の心配はないといわれています。

治療のほか、日常生活を健康的に保つよう心がけています。 手術後 は肉食を控え、魚と野菜、海藻類主体の食事をとっています。

家の近所をウォーキングしたり自転車に乗るなど、運動も欠かしません。夜は体を冷やさないために、入浴後すぐに寝るようにしています。そんな自己防衛策の1つとして、これからも スーパーゲルマン ( アサイゲルマニウム ) を飲みつづ止りるつもりです。

スーパーゲルマン ( アサイゲルマニウム )は大学病院で発がんを強力に抑制し、ガンの痛み・進行を防ぐと実証

私の大腸ガンと スーパーゲルマン ( アサイゲルマニウム )の経過

発症 50歳代 健康診断で肺の影を指摘される
悪化 74歳 複数の病院を受診したが、肺ガンとは断定されず
開始 80歳代 肺ガンを前提に、医師のすすめで手術を受ける。手術後、抗ガン剤治療を受けながら、就寝前に4粒飲み始める。
改善 80歳代 抗ガンの副作用もなく治療を継続中。食欲も旺盛