高血糖状態は全身の動脈を硬くしてしまい特に腎臓・目・神経で起こると症状は深刻

糖尿病で最も怖いのは、血液中に異常に増えた糖によって血管が傷つき、合併症を招くことです。血糖値が高い状態(基準値を上回る状態)を何年も放置すると、末梢の細い血管ばかりか太い血管も傷ついて、全身で動脈硬化(血管の老化 が進み、さまざまな合併症が引き起こされることがわかっています。 特に多いのは、細い血管が傷つくことで起こる糖尿病腎症・糖尿病網膜症・糖尿病神経障害で、これらを糖尿病の3大合併症と呼びます。

糖尿病の合併症についてはこちら

糖尿病の三大合併症がどのようにして起こるのかは以下のとおりです。

  • 糖尿病腎症腎臓には糸球体と呼ばれる非常に細い血管の集まりがあり、ここで血液をろ過して尿の原料を作ります。この糸球体の血管が高血糖の影響で傷み、硬くなったりつまったりして、血液を十分にろ過できなくなるのが糖尿病腎症です。糸球体がより傷んでくると、体内の老廃物を排泄できなくなって尿毒症を起こし、最終的には人工透析が必要になります。日本では現在、新たに人工透析を受けている方の約4割が糖尿病腎症で、その数は年間1万6000人に上ります。糖尿病腎症の場合、はかの腎臓病に比べて生存率が極めて低く、人工透析を始めて5年後まで生きる人は半数にすぎないのです。半分です。
  • 糖尿病網膜症目の網膜( カメラのフィルムに相当する器官)に張りめぐらされた細い血管が、高血糖の影響でつまったり変形したりすると、目に十分な酸素や栄養が行き渡らなくなります。そこで急ごしらえの新しい血管が作られますが、この新生血管は極めてもろいため、被れて出血すると急激な視力低下のほか、網膜剥離を引き起こし、最悪の場合は失明します。糖尿病網膜症で視力を失う人は年間約4000〇人。これは緑内障に次ぐ、日本人の中途失明原因の第2位です。
  • 糖尿病神経障害よく現れる症状は、足に湿った靴下をはいているような也違和感、、つまさきや足の裏のしびれなどで、糖尿病の患者さんの7割に見られます。必ず両足か両手の先端から同時に起こるのが、糖尿病神経障害の特徴です。やがて神経が完全にマヒして感覚が失われ、しびれや違和感がふろなくなります。熱い風呂に足を入れても平気でいたり、手足をぶつけても痛みを感じなかったりします。ケガをしたことがわからず放置すると、最悪の場合、壊症(体の組織が腐ること)を起こし、その部分を切断しなければならなくなるのです。

以上が糖尿病の合併症です。

初期から高血糖を改善しておかないと高血糖が記憶され合併症、脳・心筋梗塞の危険大

高血糖状態になっても、糖尿病と診断されなければ(境界型であれば)糖尿病合併症を防げると思っている人がいますが、実はそう簡単ではないのです。 動物実験で、糖尿病の初期段階から血糖コントロール(血糖値をできるだけ基準値に近づけること)をきちんと行わなければ、後になって厳格な血糖コントロールを行ったとしても、合併症が起こりやすいことが確かめられています。

最近になって人間の場合も同様であることが、アメリカとカナダで実施された糖尿病の大規模な追跡調査で明らかになりました。 イギリスの研究でも、2型糖尿病(生活習慣が主原因で起こる糖尿病)の方を観察した結果、初期に血糖コントロールが不十分だと、その後の血糖コントロールがうまく行われても、合併症の危険度は低下しないことが確かめられています。 これらの事実は、高血糖の状態が5~10年も続いたら、その間に体が高血糖状態を記憶して高血糖の「マイナス」を抱えてしまうということです。 そのため、遅ればせながら血糖値を下げて低い状態を保ったとしても、合併症の発症・進行が必ずしも抑えられないのです。この「高血糖のマイナス」の正体が「AGE」と呼ばれる物質ではないかと、最近注目されています。

AGEを除去したら花粉症体質も改善された例もあります。

優れた機能性食品に期待が寄せられる

国内における糖尿病患者と、予備群も含めると約2000万人以上です。もはや国民病の域を超えてしまっている状態です。糖尿病の患者さんが発症する3大合併症の1つとして知られる糖尿病腎症は、人工透析を導入する原因の第1位になっています。

糖尿病患者さんの多くは治療薬を服用されていると思いますが、西洋医学の考えに基づいて開発された治療薬の多くは、合成化学薬品です。長年にわたって飲みつづけることで副作用の危険度が高まることは周知のとおりです。

筑波大学の細川淳一名誉教授が「糖尿病合併症対策の救世主」と声をあげているライスベリーは、タイ政府・国家イノベーション庁の主導によるバイオビジネス構想による革新的プログラムによって開発、研究が進められています。

ライスベリーの栄養素を凝縮・微粉末化して機能性を高める健康食品の紫紺米パウダー は、世界中で深刻化している糖尿病対策の切り札として大きな注目が集まっています。

2003年にタイ政府の内閣決議に従って設立された国家イノベーション庁は、公務員や企業の枠組みを超えた特別な組織として活動しています。社会発展に影響を与え、国家競争力を強化する革新的な使命を与えられた国家イノベーション庁は、現在も世界各国の学術・医療機関と共同でライスベリーの研究に取り組んでいます 。

世界一の米輸出国として知られるタイは、国際イネ研究所と共同で、世界で最も熱心に米の研究に取り組んでいる国の1つです。ライスベリーの研究を通じて、糖尿病の症状緩和や蔓延に歯止めをかけるだけでなく、世界中の人々の健康を促進する機能性素材として広めることを目指しています。

紫紺米パウダー「ライスベリー」の効能、効果や詳細情報はこちら。

玉ねぎの皮茶はこちら。

血糖値とヘモグロビンA1Cが大下降して薬が不要になった

3年前に血糖値240mg/dl、ヘモグロビンA1C9.3に悪化して、私の糖尿病との闘いが始まりました。ところが、増え続ける一方の薬に不安を感じるようになり、ほかに打開策はないかと思案するようになりました。

そこで玉ねぎの皮茶を飲んでみたところ、これが大当たりでした。飲用後はてきめんに数値が安定。現在は血糖値は空腹時122mg/dl、食後138mg/dlに大幅下降して、ヘモグロビンA1Cも5.4に下がっています。おかげで、現在では薬の服用は一切なくなり、玉ねぎの皮茶を飲んで救われました。

降圧剤が不要になってのぼせも改善

塩辛いものが好きという食生活が、私の高血圧の原因でしょう。薬を飲んでも血圧は150/90mmmHG台のまま。頭がフワーツとのぼせることもよくありました。そこで玉ねぎの皮茶を飲み始めたら、10日で血圧が上132/88mmHGに改善。半年後には上120/65mmHGに大幅下降したのです。

頭ののぼせもすっかり起きなくなり、病院の薬もだんだん減って、今ではスッパリと止めることができました。高血圧の薬とは一生のつき合いと聞きますが、そんなことはないんだな。今日も玉ねぎの皮茶を飲みながら、私はそう痛感しています。

数十年ふりに降圧剤から解放

血圧が高くて、何十年もの間、降圧剤のお世話になっていました。そのうえ、昨年には境界型の糖尿病と指摘されたのです。そんなときに玉ねぎの皮茶の評判を知って、試しに飲用してみることに。

すると、降圧剤を飲んでも140台だった血圧が3カ月で120台になり、半年後も同じく良好な数値に安定。おかげで、長年の降圧剤生活から抜け出せました。血糖値も130から121に下がり、ヘモグロビンAICは5.6に改善して大満足です。玉ねぎの皮茶には、これからもよろしくお願いしますといいたいです。

血糖値、血圧、コレステロールが軒並み正常化

心配していた検査数値がのきなみ改善してきたのは、玉ねぎの皮茶を飲み始めて2ヶ月後のことです。まず、180前後だった血糖値が105に下がって、コレステロールも163の安全圏に改善。血圧は170もあったのですが、これも130台に安定するようになったのです。

あれもこれも正常値の合格マークをもらって、玉ねぎの皮茶には感謝するばかり。あせらず、あわてず、毎日飲んでいれば朗報を届けてくれるありがたいお茶です。これからも欠かさず飲んで、検査で合格マークをもらい続けたいです。

血糖値300mg/dlからどんどん下がって薬も不要になりそう

数年間、血糖値を下げる薬を飲み続けてきましたが、血糖値はいつも300から下になることなし。そのうえ、ヘモグロビンAICも8.0を超えていました。ところが、孫が送ってくれた玉ねぎの皮茶で数値が一変。試しに薬と併用して飲み始めたところ、血糖値は230まですんなり下降。最近の数値でいえば153にまで改善し、ヘモグロビンAICも6.3と、今までにない好成績です。これには我ながら驚きました。

血糖値、ヘモグロビンA1Cが一気に好転、医師もびっくり

昨年、糖尿病との診断を告げられて通院を開始し、薬も飲み始めました。当時、空腹時血糖値は180mg/dlを超す値だったのですが、薬を飲むと120程度まで下がり、食後二時間血糖値は160程度になりました。

でも、薬を飲むのをさぼると数値がまた上がり始めてしまいます。そんな毎日でしたが、知人にすすめられた玉ねぎの皮茶を飲むようになってから一気に数値が好転。

空腹時血糖値は正常値の105~110、食後は150台と信じられないほどに安定しています。ヘモグロビンAICも7.4もあったのが、5.9まで落ちました。

先生もすごい快復ぶりだと驚いて、玉ねぎの皮茶と出会えてよかった!飲んでよかった!と感謝しています。

少し冷ましたお湯でコーヒーを入れる

私たちにとって身近な飲み物の中には、インスリンの働きをよくするものがあります。その代表は、コーヒーです。コーヒーが糖尿病の発症を防ぐことは、世界各国の研究で実証されています。

米国のハーバード大学では、男女12万人を対象として、18年問にわたり健康状態と食生活の問係を調査しました。その結果、1日にコーヒーを一定量以上飲む人は、全く飲まない人に比べて、糖尿病になる確率が女性で30% 、男性で50%少ないと判明しています。

日本でも、糖尿病と診断されていない男女を対象にした調査があります。コーヒーを飲む回数が週1回未満の場合、 女性では6.9% 、男性では19% が糖尿病になりました。しかし、過に5回以上コーヒーを飲む人の場合、女性では3.6% 、男性では9 .7% の人しか糖尿病にならなかったそうです。

週に5回といえば、ほぼ毎日飲むペースと考えていいでしょう。そのぐらいの頻度でコーヒーを飲む人は、ほとんど飲まない人に比べて、糖尿病になる確率がほぼ半減するとわかったのです。これは、コーヒーにインスリンの働きをよくする作用があるためと考えられます。食事をすると、誰でも一時的に血糖値が上がりますが、その後はインスリンの働きによって元に戻ります。

しかし、食べすぎなどによって血糖値が急激に上がることをくり返すと、インスリンが働きにくくなるのです。運動不足や太りぎみの人にも、同じことが起こります。実は、コーヒーの香りや苦みのもとであるクロロゲン酸という成分に、インスリンを活性化させて、食後の血糖値の上昇を抑える働きがあると考えられているのです。

そのため、インスリンを括38性化させる目的でコーヒーを飲むなら、インスタン汁コーヒーによく使われる浅静り豆を選ぶといいでしょう。クロロゲン酸は熱に弱く、モカやエスプレッソ用の豆など、高温で併蹴したものでは、かなり失われてしまうからです。

コーヒーを入れるときのお湯も、沸騰した直後ではなく即度Cぐらいに冷ましたものを使うと、クロロゲン酸の損失を抑えられます。砂糖は入れず、ブラックか牛乳入りのコーヒーを飲んでください。糖を効率よく消費することを考えると、コーヒーを飲む時問帝は食後が適しています。

1日に2〜3杯飲むのが目安です。最近は、生コーヒー豆のエキスを加えることで、クロロゲン酸の量を格段に増やした新型コーヒーも市販されるようになりました。バランスの取れた食事や適度な運動と併せて、血糖値減らしの一助に役立ててみてはいかがでしょうか?

血糖値を下げる生活習慣・食習慣

糖尿病を引き起こすペットボトル症候群

水分補給が大事だからといって、清涼飲料水ばかり飲んではいませんか。清涼飲料水は糖尿病のリスクを上がることが国立がん研究センターの調査で明らかになっています。

「コーラ・果汁飲料(果汁100%未満)」「100%果汁ジュース」「野菜ジュース」の3 種類に分けて、ほとんど飲まない、週に2 回以下、週に3 ~4 回、ほぼ毎日の4 つのグループに分け、調査をしました。

これにより、コーラ・果汁飲料(果汁100%未満)をたくさん飲む女性ほど糖尿病の発症リスクが高いことがわかったのです。

スポーツ飲料、清涼飲料水などを大量に飲み続けることによって起こる急性の糖尿病のことを「ペットボトル症候群(清涼飲料水ケトーシス)」といいます。ジュースなどの清涼飲料水にはたくさんの糖分が含まれているため、これらを大量に飲んで糖分を摂りすぎると、血糖値が上がってしまうのです。

高血糖状態になるとさらに喉が乾き、さらに清涼飲料水の摂取が促進され、負のサイクルに陥ります。このペットボトル症候群は子どもや10~30 代の若者に多いのが特徴です。

最近では中高年でも発症者が増えています。熱中症を避けようとスポーツ飲料を大量に摂取する人も注意が必要です。スポーツ飲料には、多くの糖分が含まれているのです。500mlのペットボトルのスポーツ飲料であっても角砂糖約9 個分(30g)ほどの糖分が含まれています。WHO が定める1日あたりの糖分摂取量は25gです。スポーツ飲料や清涼飲料水は、500ccのペットボトル1 本でも日常では摂りすぎです。

アルカリイオン水やバナジウムウオーターを1日2リットル飲む | 腸をも若返らせる水の効果

高血圧は下げて正常血圧には影響しない

アカシアポリフェノールには、高血圧も改善する作用があることが、私たちのチームの研究で明らかになりました。その内容は、2013年の第64回・日本東洋医学会で発表しています。

研究では、高血圧を発症する遺伝子を持った実験用のネズミ・SHR ラット(高血圧ラット)を用いました。そのえさに、アカシアポリフエノールを3%混ぜて与え続ける実験を行い、1週め、2週め、4週めに血圧を測定したのです。

その結果、普通のえさだけを与えたラットに比べて、アカシアポリフェノールを混ぜたえさを食べたラットは、最大血圧(収縮期血圧) と最小血圧(拡張期血圧) が、ともに低下していました。

普通のえ′さを食べたラットの最大血圧は約21 0mHgだったのに対し、アカシアポリフェノール入りのえさを食べたラットの最大血圧は、約170mmhgに低下していました。一方、高血圧ではない普通のラットでは、アカシアポリフェノール入りのえさを同様に与えても、血圧の低下作用は見られませんでした。このことから、アカシアポリフェノールは、高血圧に対しては降下作用を及ぼし、正常な血圧に対してはほとんど影響を及ぼさないことが示唆されます。

アカシアポリフェノールを与えたラットの血液では、活性酸素を除去する作用のあるSOD(スーパーオキシドジスムターゼ) という酵素の活性が上昇していました。

私たちの研究チームでは、SOD の抗酸化作用によって血管内のエヌオー一酸化窒素(NO)が増加し、血圧の上昇が抑えられた可能性があると推測しています。

NOは、血管の内皮細胞から出るガスで、血管を拡張する作用があります。血液中に活性酸素があると、NOが消去されてしまいます。しかし、SOD の活性が高まれば、活性酸素が除去され、血管内のNOが保たれます。その結果、NO の作用で血管が拡張され、高血圧が改善したと考えられるのです。

NOをたっぷり効率よく分泌させる3つの方法

主治医に「食事制限は不要だよ」とお墨付きをもらう

私には、もともと腎臓病の持病がありました。それに加え、5年前からは血糖値が上昇し始めたのです。ただ、のどが渇く、体がだるいといった自覚症状はなく、変化といえば、尿が少し泡立つくらいでした。

腎臓病と糖尿病の薬を服用していましたが、血糖値は210mg/dlを超え、ヘモグロビンA1Cも7% 以上ありました。血糖値が高いと、腎臓にも大きな負担をかけます。そこで、なんとか血糖値を下げたいと思いテンペ菌発酵茶を飲み始めました。薬草が原料なので、体によさそうですし、自然に水分補給もできるので、いいなと思ったのです。

テンペ菌発酵茶は、食事のときやお菓子をつまんだとき、のどが渇いたときなどに飲んでいます。1日に1~2リットルくらいになるでしょうか。外出の際も、忘れずに持って出かけます。

私の場合、飲み始めてすぐではなかったものの、がんばって継続していたら、血糖値が下がりだしました。最近、血糖値が110~130mg/dlくらい、ヘモグロビンA1Cは5% 前後で安定しています。

むくみも解消しました。おしっこの回数がふえ、体内の余分なものがどんどん排出されたので、むくみも解消できたのでしょう。今年5月の血液検査では、中性脂肪、HDL (善玉) コレステロール、LDL (悪玉) コレステロールなど、すべて基準値内。

最大血圧も、以前は高いときで200mmHGくらいありましたが、最近は120mm」HGくらいで安定しています。

主治医からは、「最近、数値も順調だから、食事は普通に食べていいよ」といわれ、ホッとしました。私は、米寿を迎えました。携帯電話に表示される歩数記録を励みに、毎日あちこちに出歩いています。これからもテンペ菌発酵茶を飲みながら、元気な毎日を送りたいと思います。

すぐに効果が出て驚いた

私は2年前にに座骨神経痛を発症し、約4ヶ月間、足腰の痛みやしびれに苦しみました。病院で血液検査を受けたところ、血糖値が280mg/dl、ヘモグロビンA1Cが6.9 % もあり、糖尿病と判明。

座骨神経痛は、糖尿病の合併症(糖尿病神経障害)だったようです。病院では糖尿病の薬を処方されましたが、薬を飲むと、めまいにさいなまれました。

人と話をしていても、意識がふっと遠のきそうになるのです。あまりに副作用がひどいので、医師に「薬が合わないようなので、自力で血糖値を下げます」と宣言し、知人から教えてもらった「テンペ菌発酵茶」を飲み始めました。知人は糖尿病で入院し、インスリン注射を勧められましたが、テンペ菌発酵茶を飲んだら血糖値が下がったというので、私も同様の効果を期待して飲み始めることにしたのです。

まず実感したのは、体が楽になったこと。以前は何をしてもしんどくてしかたがないという感じでしたが、体の疲れやだるさがぐんと軽くなったのです。

飲用開始から2ヶ月もたたないうちに受けた検査では、血糖値が124mg/dlに下がっていました。その2過問後には、血糖値が102mg/dl、ヘモグロビンA1Cが6.5% に改善。

血糖値が下がってからは、腰の痛みも軽くなりました。痛みがひどかったので、これはとてもうれしかったです。お通じもよくなり、体内の余分なものが排出されたのか、自然に体重が2~3kgへりました。

テンペ菌発酵茶は本来、朝昼晩と飲むのが理想でしょうが、私は朝晩の2回しか飲んでいません。そのため、効果が出るまで時問がかかるだろうと思っていました。しかし、あまりにも早く効果が現れたので、ビックリしました。

実は、私は会社を経営しておりまして、立場上このような取材は遠慮させていただいています。でもテンペ菌発酵茶には感謝していて、私の体験をお話いたしました。このお茶はほんとうにお勧めです。

月1回の通院が2ヶ月に1回に

私は、スキーなど体を動かすことが大好きで、ずっと肥満とは無縁でしたが、禁煙して以来、食事がおいしくて食べる量がふえ、1年で10kgも太ってしまいました。

昨年、メタボ外来を受診したところ、糖尿病と言われました。目の前が真っ暗になりました。「この先、合併症で失明してしまうかもしれない」などと悲観的な考えばかりが頭に浮かび、不安をまぎらわすために、毎晩ヤケ酒をあおっていました。そんな不摂生がたたり、翌月の検査では、さらに数値が悪化。ヘモグロビンA1Cは12,2%、血糖値は305mg/dl、中性脂肪値は963mg/dlもあり、医師から「すぐに入院しなさい」といわれました。しかし、私は自宅で高齢の父の世話をしているため、入院はできません。

「血糖値を下げる努力をするので、1ヶ月だけ時間をください」と主治医にお願いし、薬を飲みながら、食生活の改善とウォーキングに取り組みました。

その結果、1ヶ月後には血糖値が122mg/dl、ヘモグロビンA1C10%、中性脂肪値が436mg/dlまで改善。

主治医も「あなたの努力は認めるから、今回は入院しなくてもいいですよ」といってくれました。ただし、少し油断するとすぐに数値が上がってしまうため、「テンペ菌発酵茶」を飲むことにしたのです。

私の場合、1日分のお茶を毎朝まとめて作り、食事の合間や食前、お酒を飲む前などに、こまめに飲んでいます。テンペ菌発酵茶を飲み始めて1ヶ月後には、ヘモグロビンA1Cが7.9%% に改善。3ヶ月後には5.8% まで下がり、主治医に「劇的に改善しましたね」とほめられ、薬の量をへらすことになりました。

月1回の通院が2ヶ月に1回でよくなり、次の検査でもヘモグロビンA1Cや血糖値は安定。なんと中性脂肪値は、58mg/dlと基準値をクリアしたのです。血糖値のコントロールもらくにできるようになり、とても助かっています。テンペ菌発酵茶は私の体質に非常に合っていたのだと思います。

しっかり食べても血糖をコントロールできている

私は11年前に糖尿病予備軍といわれました。当時、ヘモグロビンA1Cは6.5 % ぐらいでした(基準値は6.2%未満)。ひどいときは、7.2%まで上昇したこともあります。

しばらく様子を見ていたのですが、7年後に膵臓の腫瘍が大きくなってしまったので、手術を受け、一部を切除しました。その後、完全な糖尿病になってしまったのです。

テンペ菌発酵茶を飲み始めたのは手術を受ける前の2年からです。新聞の広告を見たとき、「これは効きそうだ」と直感しました。以来、手術を受けてからも、テンペ菌発酵茶を毎日、食事時には欠かさず飲んでいます。

完全な糖尿病と診断されてから10年以上たちますが、今でも血糖値を良好に維持できているのは、よく体を動かすことと、テンペ菌発酵茶を飲んでいるおかげだと思います。

現在、ヘモグロビンA1Cは、春夏が6.2~65%、秋から冬は6.7か6.8%を行ったり来たりしています。血糖値は、春から冬にかけて110~120mg/dlヘモグロビンA1Cも150mg/dlぐらいで安定しています。

食後血糖値は、160~180mg/dlです。

主治医からは、「自分の体をよくわかっていて、上手にコントロールできているので、このくらいの数値でも大丈夫でしょう」といわれています。塩分は少し控えていますが、それ以外はあまり気にせず、好きなものを食べています。3食しっかり食べているので、間食はしません。

お酒を飲むときは、ご飯は軽めに1一杯。極端に食事の量をへらさなくても、テンペ菌発酵茶がついているから、安心していられます。おかげさまで、この年になってもを動かすのが好きで、月に5 回ほどゴルフ場へ行きます。かなりの運動量になりますが、動かしているほうが体調は良好です。これからも、元気で活動的に過ごしたいと思います。