本気で糖質オフに取り組む人は スーパー糖質制限食を

3種類ある糖質制限食のパターンですが、本気で健康を目指す人はぜひともスーパー糖質制限食に挑戦していただきたいと思います。

その日覚ましい効果とともに、自分のからだがよりよい方向に変化していく喜びが味わえることでしょう。血糖は糖質をとらないかぎり、急激に増えることはありえません。つまり、スーパー楯紫制限食の場合、1日を通して肥満ホルモンのインスリンが大量に分泌されることがないのです。肥満ホルモンを大量に出さない状態になると、からだは脂肪をためやすい状態から脂肪を燃やしやすい状態へと切り替わります。

そうなると、どのような変化が起きるでしょう?まず、大半の人が短期間で2~3kgの体重減となります。個人差はありますが、数日から2週間です。また、体重減にともない、体調がよくなっていることも実感できるはず。スタミナが強くなったという人も多いですね。

寝起きがさわやかになり、精神面での安定も見られます。減り始めた体重はやがて落ち着くべきところに落ち着き、ベスト体重になります。そうなればスタンダード糖質制限食やプチ糖質制限食に変えても問題はありません。

「スーパー」でからだの状態を切り替えて、「スタンダード」や「プチ」でその状態をキープするというわけです。もちろん、そのまま「スーパー」を続けるという選択肢もあります。なお一部の例外として、スーパー糖質制限食の効果があまり出ない人もいます。

それは「倹約遺伝子」をもっている人です。倹約遺伝子とは、消費カロリーを抑えて脂肪をためやすくする遺伝子のこと。基礎代謝量が低いというのが特徴です。基礎代謝量とは何もしなくても体内で消費されるカロリーのこと。

基礎代謝量が低ければ、それだけ消費力ロリーも少なくなるため、摂取カロリーがオーバーしてしまいがちになるわけです。スーパー祐実制限食を1週間続けて体重減が見られなければ、倹約遺伝子をもっている可能性が高いと考えていいでしょう。その場合、スーパー糖質制限食に加えてカロリー制限も試みると、体重は落ちていきます。

私は糖質制限食でさまざまな数値を改善