お酒がまずくなり足のむくみと尿の色で体の異常を感じた

年末に理容師仲間と忘年会を兼ねて静岡県の熱海へ温泉旅行に出かけました。店は息子が跡を継いでくれているので、安心して出かけることができました。

熱海へ行くために新幹線に乗ってしばらくすると、体調がいつもと違いました。仕事仲間にお酒をすすめられても、どうもいつものように飲む気が起きないのでおかしいなぁと感じていました。

私は生来の酒好きで、こうした場では率先して飲むほうなのです。ところが、この日はビールを一口飲んだところ、おいしく思えませんでした。体がお酒を受けつけない感じがしました。こんなことは二日酔いでないとあり得ません。

旅館に到着し、玄関先で靴を脱ごうとしたときには、自分の足が異様にむくんでいることに気づきました。同行した人たちからも、「確かにむくんでいるように見える」と、口をそろえていわれましたから間違いありません。

結局、夜の宴会でも酒はほとんど飲みませんでした。

旅行から帰宅しても、足のむくみは治りませんでした。お酒も相変わらずおいしく飲むことができません。尿の色が濃くなったことに気づいたので息子に話すと、すぐに病院に行くように言われました。

検査の結果、腎機能の指標となるクレアチニン値が3.1、尿たんぱくは+1でした。現在の病状は、中等度まで進行した慢性腎臓病と診断されました。

医師によると、足のむくみもお酒がおいしくなくなったのも尿の色が濃くなったのも、すべて腎機能が悪化した影響とのことでした。発見が遅れたのは、健康診断を何年も受けなかったせいです。

医師から、今後は1~2ヶ月ごとに検査を受けるようにいわれました。食生活の改善についても注意を受け、しばらくはお酒を飲むことを控えるようアドバイスされました。ビールや日本酒にはたんばく質が多いことと、飲酒時はつまみに塩分の多いものを食べてしまうことが多いというのが、その理由でした。

温泉旅行のときから、お酒をおいしく感じなくなっていたので、禁酒といわれてもあまりショックは感じませんでした。塩分の減らし方はわからなかったので、病院の帰りに書店で、腎臓病患者のための食事に役立つ本を何冊か買いました。

買い込んだ本を妻に渡し、塩分控えめの食事を作ってもらうことにしました。初めは味の薄い料理に、なかなかなじめませんでした。

尿の色の潰さと、むくみはだんだ次第に改善しました。また、クレアチニン値は2.6まで下がり、尿たんばくも+-に改善しました。

ところがそれ以降は数値が改善しませんでした。医師はこのあたりで安定するのならそれはそれでいい!と言いましたが、付け加えてクレアチニンンが2.0ぐらいまで下がるといい。言いました。

どうしたらいいのかと考えましたがなかなかいいアイデアは見つからずに知り合いに純炭粉末 きよらのことを聞き、これだと思いました。

7ヶ月後に2.0にまで下がった

純炭粉末 きよらは、朝・昼・晩の食後に2粒ずつ、1日計6 粒飲みはじめました。

1ヶ月後に検査を受けたところ、クレアチニン値は2.4になっていることがわかりました。わずかな低下ではありますが、それまで頑として下がらなかった数値が下がったのです。純炭粉末を続けて飲んでみようと思いました。

それから3ヶ月ほどは、数値の変化はまったくなかったのですが、純炭粉末が数値を下げてくれると信じて、1日も欠かさず飲み続けました。

そしてとうとう、クレアチニン値が1.9まで下がって驚きました。まさか目標の2.0を下回るとは思いませんでした。数値が下がったお祝いに一杯だけウイスキーを飲んでみたら、とてもおいしかったことを覚えています。年末に行った仕事仲間との旅行は、お酒は飲みませんでしたが、明るい気持ちで参加することができました。

遺伝性の高血圧が原因で60代から腎機能が急激に低下

純炭粉末を飲みはじめてから、頑固なクレアチニン値が下がりはじめました。基準値域内になるとは思っていませんが、数値を悪化させずに過ごせたらいいと思っています。80歳を目前にしてしますからある程度は仕方ないと思いますが、できだるだけ下げられるといいと思います。

私は、若いころから高血圧でした。原因は親からの遺伝で、40代のときには最大血圧(基準値は145mmHG、最小血圧が90mmHG以上ありました。そのため降圧剤を飲んでいたのですが、基準値域内に下がったという記憶はありません。

薬を飲む習慣が身につくまでは、飲み忘れることが少なくありませんでした。冬に降圧剤を飲まずに買い物に出かけて、血圧が急激に上がって倒れてしまったり、風呂場で気を失ったりしたこともあります。夫や子どもにずいぶん心配をかけました。高血圧のせいか、頭痛はいつもありました。

血圧を上げないようにするために、薬を飲むだけでなく、塩分を控えた食事を心がけたり、足のツボ押しなどの民間療法も試したりもしました。。そのせいか血圧は最大が130mmHG、最小が80mmHG程度で落ち着くようになりました。

ところが、60歳を超えたころから、別の問題が生じました。健康診断を受けたところ、腎機能が低下して、尿たんばくが出ていると指摘されたのです。腎機能が低下して人工透析を受けている人を知っていたので、腎臓が悪くなるのは困ったことだと思いました。健康診断だけでは心もとないので、あらためて市内の総合病院で検査を受けたところ、クレアチニン値が1.5もありました。

医師から、腎臓の機能を維持するためには、生活習慣を改善することがいちばんと言われました。若いころからの高血圧が腎機能の低下につながっているとのことで、血圧の管理が重要課題とも言われました。血圧を下げろといわれても、私は長年努力してきたので本当に困りました。

簡単にいわないでほしいと思いました。医師はいつも「塩分を控えるように」と、判で押したようなアドバイスをするだけでしたので怒りもこみあげてきてしまいました。

医師から栄養士を紹介され、食事の注意点としてカリウムの多い果物類を控えるようにいわれました。

私は普段、間食でお菓子を食べないので、食後のデザートに果物を食べることが楽しみでした。食事の制限を受けたことで、自分の腎臓病の深刻さをあらためて知りました。家族も私に気を追って果物を食べないようにしていたようで、申し訳ない気持ちになりました。

食生活の改善と降圧剤のおかげか、腎機能は悪化することなく、十数間横ばい状態を保っていました。しかし、3月の健康診断で、クレアチニン値がとうとう3.0を超えていることがわかりました。

健康診断の後、かかりつけの医師に相談したら「あなたの腎臓は長年、高血圧で傷めつけられてきたから、しかたがない」と、いわれてしまいました。

健康診断から1ヶ月後に、再び腎機能の検査を受けました。このときはクレアチニン値が2.5前後に低下していたそうです。

下がったとはいって医師に腎臓病を治すいい方法はないか相談しましたが「腎機能は、維持はできるが治すことはできないと、きっばりいわれました。

1日純炭粉末 きよらを6粒で1ヶ月後にクレアチニン値が下がり後は安定している

その後クレアチニン値は2.5前後で推移。腎機能をこれ以上悪化させないために何かいい方法はないか、情報を探しはじめたそうです。

この頃です。純炭粉末 きよらのことを知ったのは。腎臓に悪影響を与える物質を排泄する働きがあると知り、早速購入。朝・昼・晩の食後に2粒ずつ、1日計6粒を飲みはじめました。

変化が現れたのは、純炭粉末を飲むようになって1ヶ月ほどたった頃のことです。クレアチニン値を測って、もらったところ、2.2に改善していることがわかったのです。

食生活も飲む薬も変えていないのに、それまで変化がなかったクレアチニン値が下がったのですから、純炭粉末のおかげだと思いました。食後の薬と同じ時間帯に飲むと、薬の成分を吸い取ってしまうことがあると聞いて、2ヶ月めからはずらすようにしました。

クレアチニン値は、半年後に2.0前後になり、現在も変化はありません。純炭粉末はいまでも毎日飲んでいます。医師からは、1ヶ月に一度くらいなら果物を食べてもいいともいわれ、うれしく思っています。

熱中症だと思っていた症状が腎機能の悪化だった

腎不全とわかったのは、ゴルフ仲間とコースを回っている途中、頭がのぼせたような感じになり、倒れてしまったことがきっかけです。「熱中症の一歩手前かもしれないと、その日はゴルフを途中でやめて帰宅しました。でも、帰宅してからものぼせた感覚は治まらなかったので、近所の内科を受診しました。そのときは医師も熱中症ではないかといっていました。安静にして水分をたくさんとるよう言われその日は帰宅しました。

ところが、私のぼせは3日たっても治りませんでした。手足がむくみ、1日中だるさが続いていました。

熱中症ではないのかもしれないと思いはいはじめました。気のせいかと思い、妻に聞いてみると、私の顔が妙にむくんでいるというのです。そこで市内にある総合病院でくわしく検査をしてもらうことにしました。そして、検査の結果、腎機能が低下していることがわかりました。

クレアチンが1.4mg/dL、タンパク尿は1+でした。医師の話ではのぼせとむくみは腎機能の低下が原因とのこと。熱中症と勘違いしましたが、まさか腎臓が悪くなっているとは、夢にも思いませんでした。むくみは処方された利尿剤で数日後に治まりました。

医師には、今後は2ヶ月に一度は病院で検査を受けるように言われました。数値は基準値から少し高いだけとはいえ、ときどき検査を受けて腎臓の状態を見る必要があるとのことでした。

ところが、2ヶ月後に検査を受けたところ、クレアチニン値が1.6mg/dlといわれたのです。体調は特に変わったことがなかったので驚きました。医師からは数値が悪化のペースが速いので、食生活に十分気をつけるよう注意を受けました。

しかし、今ふりかえると、私は食生活に気をつけるようにいわれてもな...かなか改善することができず、塩分も制限もほとんど行わずにいました。

だるさに悩む日が多くなり、ときどき顔や足がむくみました。このとき受けた検査では、クレアチニン値は2.0mg/dl、尿たんばくは2 + でした。前月まではクレアチニンも尿たんばくもあまり上昇していなかったので、驚きました。

このとき、腎機能が今後どんどん悪化していくのではないかと不安になりました。それからは妻にも協力してもらい、塩分を控えた食事を作ってもらうように食習慣をがらりと変えました。

飲み始めて2ヶ月でクレアチニンが下がった

ちょうどそんな不安で困っていたときに純炭粉末 きよらのことを知りました。クレアチニンを何とか下げるためにすぐに飲み始めました。

純炭粉末 きよらを購入して朝・昼・晩の食後に2粒ずつ、1日計6粒飲みはじめました。食事は塩分を控えるとともに、記事を参考に揚げ物や炭水化物をできるだけ減らしました。

その後の検査で、尿たんばくは+-で、クレアチニン値は1.5mg/dlで下がっていることがわかりました。病院から帰宅して妻に報告したところ、とても喜んでくれました。「最近は顔があんまりむくまなくなったのも、純炭粉末 きよらのおかげかしら」と喜んでくれました。

医師からは、経過は順調なので、数値を悪化させないようにがんばりましょうといわれました。腎機能を維持するために、もうしばら純炭粉末 きよらを飲みつづけようと思っています。体調を見て、ゴルフを再開したいとも思っています。一時期は、人工透析も考えたほどですが、本当によかったと思います。

動脈硬化の原因になる糖化物質は体内で作られるだけでなく口にする食品にも含まれている

糖は人間が活動するために重要なエネルギー源です。しかし、とりすぎると肥満や糖尿病を招くだけでなく、有害なAAGE(終末糖化産物) が大量に発生して体の組織を傷めつけ、腎機能も低下させてしまいます。AGEの害については最近は特に注目されていてAGEを摂らない、できるだけ排泄するようにします。

AGEとは、糖とたんばく質が結合する化学反応(糖化) によって最終的に作られる有害物質です。体内の化学反応は通常、酵素によって行われますが、AGEは酵素がなくても活性酸素(酸化作用の強い酸素) によって結合する特性があります。

糖化が起こると、一部が変質した物質(アマドリ化合物) に置き換わります。そこへブドウ糖が結合して反応が進むことでA G Eが作られ、体内に増加していきます。

AGEは糖を過剰に摂取することで体内でどんどん作られてしまいますが、実は食品の中にもAGEが存在しています。特に肉や魚の焦げた部分、揚げ物の茶色の部分、トウモロコシ由来の甘味料を使用した飲み物に多く含まれることがわかっています。電子レンジ用の加工食品のように、短時間で高温処理した食べ物にもAGEは大量に発生します。AGEが含まれた食品を食べると、体の中に蓄積されてしまうのです。

一方、体の細胞には、カギ穴のような働きをするAGEの受容体が存在します。AGEが血管の内皮細胞(血管の内側に存在する、血液と接する面の細胞)にあるAGE の受容体にはまると、酸化や炎症の引き金となり、血管が傷つけられて動脈硬化(血管の老化) が進行します。特に、細い血管ほどAGEに冒されやすいことがわかっています。

腎臓は細い血管の集合体ともいえる臓器です。腎臓の内部には、基底膜によって束ねられた毛細血管が糸玉状になってつまっていて、流入してきた血液をろ過するフィルターの役割を担っています。この部分を「糸球体」といいます。

糸球体の毛細血管にAGEが蓄積すると基底膜が厚く硬くなって、ろ過機能が低下します。

すると、血液中の老廃物や毒素はが尿として排泄されず、体内にどんどんたまってしまいます。

いったん作られたAGE が自然に分解されることはありません。AGEは体外へ排泄することが難しい物質でもあるのです。

体内にAGEが増えているかどうかは、血液検査でわかるグリコアルブミンの数値を目安にすれば見当がつきます。グリコアルブミンは、AGE が作られる前段階の物質の1つだからです。グリコアルブミン値が高ければ、糖化が進んでいるか、体内にAGEが多く蓄積していると考えられます。

毒素の中で、もう1つやっかいなのはインドールという物質です。インドールは、腸内の悪玉菌がトリプトファンというアミノ酸を腐敗させることで生じます。トリプトファンは人間が生きて行くうえで必要なアミノ酸なので、とらないわけにはいきません。

インドールは尿毒症の原因となるインドキシル硫酸の材料。慢性腎臓病の人が尿毒症になると、一気に腎不全まで進んでしまいます。

これまで、いろいろな機関で体内の悪玉物質を減らす研究が行われてきました。その1つが、「炭」によってAGEをはじめとする有害な物質を吸着して体外へ排泄するというものです。

純炭粉末は治療薬よりも強力

慢性腎臓病の患者さんの治療に「クレメジン」という薬が使われています。クレメジンは石油を庶料とする球状の炭で、インドールなどを腸内で吸着し、便として排泄することを目的としています。クレメジンは薬であるため、医師の処方がないと飲むことはできません。

数年前、医科大学で「純炭粉末」という食品が開発されました。純炭粉末は、パルプを原材料とする純度の高い炭の粉末で、研究の結果、飲食物中のAGEを吸着するカがクレメジンを上回ることが判明しました。

炭粉末は、日常生活で多用される木・竹・ヤシ穀などの活性炭に比べて、表面が滑らかで細かなキメがそろっています。しかも「官能基」と呼ばれるアンテナのようなものがあって、有害な物質を選んで取り除きます。

純炭粉末のAGE吸着率は1000% に近く、クレメジンの7倍以上。インドールは吸着しますが、体に必要なトリプトファンは吸着しにくいという特徴も認められました。動脈硬化を防ぎ、腎機能の低下や尿毒症の危険を減らしたい患者さんにとって、処方箋が不要な「純炭粉末」は、手軽に利用できる優れた食品といえるでしょう。慢性腎臓病と診断された人だけでなく、腎機能に問題ない人が予防のために飲んでもかまいません。腎臓病が重症化すると、骨まで弱くなることが知られています。実はこれにもAGEが深くかかわっているのです。

純炭粉末 きよらはクレメジンよりも7倍以上の吸着率