タグ「アサイゲルマニウム」が付けられているもの

40歳のガン検診で早期の 乳がん と診断 手術で浸潤がんであることがわかった

「抗がん剤による副作用がなく、順調に治療を続けられているのは スーパーゲルマン ( アサイゲルマニウム )のおかげだと感謝しています。

早期の乳がんが見つかったのは一昨年の9月頃でした。これまでは毎年、病院で乳がん検診を受けていたものの、マンモグラフィー検査は40歳以上が対象だったため、エコー (超音波)検査でした。

40歳になったのでマンモグラフィー検査を受けようと思いました。ところが、検査を受けたところ、左乳房の乳管(母乳を乳首に運ぶ管)に早期の がん が見つかったのです。医師からは現在は乳管内にとどまっているものの、放置しておくと乳管の外に浸潤する(周囲の組織に広がる)可能性がある。と言われてとても恐怖を感じました。

一般的に 乳がん は、がんが小葉や乳管内にとどまらず、乳管の外まで広がっていると、浸潤ガンと診断されます。

医師からは乳房温存手術をすすめられました。とはいえ、乳房温存手術後に行う放射線治療は副作用を伴うのでさけたいと思いました。

乳房全摘手術も考えましたが、夫の反対もあって昨年3月に4日聞入院し、結局、乳房温存手術を受けました。

ところが、 手術 してみると、乳管内にある がん が広がっていた、うえに、新たに4 mm大の がん が見つかったのです。

結局、予定より広範囲の、左乳房の4分の1を切除。その後、切除した病巣を調べると、浸潤ガンであることがわかりました。

医師からは、切除しなかった部分にも がん が広がっている可能性が高いといわれ、とても落ち込みました。こんなことなら、最初から乳房全摘手術でガンの芽を摘んでおけばよかったと後悔し、夜も眠れませんでした。後日、病院からあらためて 乳房全摘手術 をすすめられたものの、私は、手術を拒否しました。通院で 放射線治療と ホルモン療法 を受けることに決めました。

放射線治療の前に1日6粒飲んだら半年後の検査で進行なしと判明

ちょうどひどく落ち込んでいた頃、健康雑誌の記事で、免疫力 を高めてがん治療 の効果を高める スーパーゲルマン ( アサイゲルマニウム ) の存在を知り、早速、試すことにしました。

放射線治療は昨年5月半ばから6月末の予定でした。それまでに少しでも免疫力を高めておこうと、4月末から朝・昼・晩の毎食後に 2粒 ずつ、1日計 6粒 の スーパーゲルマン ( アサイゲルマニウム ) を飲みはじめました。

私が スーパーゲルマン ( アサイゲルマニウム ) を飲みはじめたのは、ちょうどホルモン療法が始まった時期。医師からは、ほてりやのぼせなどの副作用が出るかもしれないといわれていたものの、特にそういった症状はありませんでした。

放射線治療を開始してからも副作用は出ず、順調に治療を受けらることができました。

半年後の検査で、 がん の進行は見られないことがわかりました。現在は3ヶ月に1度通院し、 ホルモン療法 だけを受けています。治療はまだ続きますが、体力をつけるためのウォーキングとともに、今後も スーパーゲルマン ( アサイゲルマニウム ) は飲んでいきたいと思います。

スーパーゲルマン ( アサイゲルマニウム )は大学病院で発がんを強力に抑制し、ガンの痛み・進行を防ぐと実証

私の乳がんと スーパーゲルマン ( アサイゲルマニウム )の経過

発症(40歳) 健診で左乳房に早期の乳がんが発覚
悪化(40歳) 乳房温存手術を受けるも、再手術をすすめられる。
開始(40歳) 再手術を断り、放射線治療とホルモン療法を受ける。朝・昼・晩の食後に2粒ずつう1日計6粒飲み始める
改善(40歳) 治療の副作用はなく、半年後にはがんの広がりもないことがわかる。
現在(41歳) 通院を続けながら順調に治療を継続中

30年 前から 肺 に 影 があり医師のすすめで2年前に 手術

20年余り前に定年退職してから、趣味の俳句や盆栽を楽しむ生活を送っています。すでに80歳を超えました。

私には長年きにかかっていることがありました。会社員時代の50歳代から、健康診断のレントゲン検査のさいに指摘されてきた、 肺 の小さな くもり です。「7~8年前には、いくつも病院で レントゲン や CT 検査を受けました。最新の PET 検査も受けましたが、結果はすべて肺 に くもり があるものの、 ガンとは断定できない というものでした。結核の跡といわれたこともありましたが、身に覚えはありませんでした。

PET 検査でも ガン を確認できませんでしたからストレスがたまる一方でした。一昨年の2月、不安を解消したほうがいいという医師のすすめもあり、思い切って手術を受けました。くもって映っていた細胞を、 内視鏡 による 手術 で摘出したのです。

手術当時、私は80歳。体力に自信があったものの、少しでも免疫力を高めようと、手術前に複数の健康雑誌を購入して熟読しました。

その中で目を引いたのが スーパーゲルマン ( アサイゲルマニウム ) でした。 スーパーゲルマン ( アサイゲルマニウム ) が免疫力を高め、ガン の 予防 や 進行 転移 を抑えるのに有効と知り、すぐに購入。手術後に、就寝後に4粒飲むようにしました。

私は、摘出した細胞がほんとうに ガン 細胞 だったのかどうか、いまも明確に答えることができませんとはいえ、手術をして摘出したわけですから当然、 肺ガン であるとい、前提で治療を受けることになりました。

スーパーゲルマン ( アサイゲルマニウム ) と野菜主体の食生活で転移の兆候はなし

私は、手術後、20日間 で2クール、退院後は月2回のペースで通院し、点滴による抗ガン剤投与を受けました。

ただし、実際に ガン 細胞 だとしても初期段階といわれていたので、 抗ガン剤 の量は少なめでした。ほかのガン患者さんは、横になって5時問以上も点滴されていましたが、私だけはいつも1時間程度で終わるんです。そうはいっても抜け毛や倦怠感、吐きけといった抗ガン剤の副作用は、本来ならさけられません。ところがこうした 副作用 は一切起きませんでした。

スーパーゲルマン ( アサイゲルマニウム ) のおかげか、いまでも脱毛や吐きけは全然起こりません。食欲も旺盛で、下痢や便秘にもなりません。

現在も抗ガン剤治療のほか、1~2ヶ月に一度通院し、CT 検査を受けています。転移の兆候はなく、医師からは、今後5年間、問題がなければ、再発の心配はないといわれています。

治療のほか、日常生活を健康的に保つよう心がけています。 手術後 は肉食を控え、魚と野菜、海藻類主体の食事をとっています。

家の近所をウォーキングしたり自転車に乗るなど、運動も欠かしません。夜は体を冷やさないために、入浴後すぐに寝るようにしています。そんな自己防衛策の1つとして、これからも スーパーゲルマン ( アサイゲルマニウム ) を飲みつづ止りるつもりです。

スーパーゲルマン ( アサイゲルマニウム )は大学病院で発がんを強力に抑制し、ガンの痛み・進行を防ぐと実証

私の大腸ガンと スーパーゲルマン ( アサイゲルマニウム )の経過

発症 50歳代 健康診断で肺の影を指摘される
悪化 74歳 複数の病院を受診したが、肺ガンとは断定されず
開始 80歳代 肺ガンを前提に、医師のすすめで手術を受ける。手術後、抗ガン剤治療を受けながら、就寝前に4粒飲み始める。
改善 80歳代 抗ガンの副作用もなく治療を継続中。食欲も旺盛

自分なりに摂生を心がけてきたが70 歳を超えて突然下血し 大腸ガン と診断

私の体験談で皆様にお伝えしたいことはただ1点だけです。それは、スーパーゲルマン ( アサイゲルマニウム )のおかげで、ガンになる前よりも元気に毎日を過ごしているという事実だけです。

勤め上げた会社を定年退職後、妻とのんびり暮らしている私は、会社員時代から早寝早起きを心がけ、暴飲暴食を慎んできました。たまに風邪を引く程度で、大きな病気をしたこともありませんでした。もう摂生することは、自分の生活の中に自然と組み込まれていましたので、特にツライとかそういうことを感じたことはありませんでした。

少しだけ健康に自信のあった私の体に異変が起こったのは、今から3年前の4月のことでした。

突然下血があったのです。それまでずっと健康でしたし、下血のさいにも痛みがなかったので、 切れ痔 かなと思いました。翌日は下血がなかったので病院にも行かず、そのまま放置してしまいました。

ところが1ヶ月後の5月になると、下血の回数が増えてきてしまいました。8月には排便のたびに血が出るようになって怖くなり、病院に駆け込むことになりました。

精密検査の結果、ステージⅢ の大腸 ( 直腸 ) ガンと診断されました。医師からは「5年生存率は60% 程度』といわれましたが、検査前にガンである覚悟ができていたこともあり、必ず治してみせるという気持ちになりました。

大腸ガン のステージⅢ は、ガン 細胞が リンパ節 まで転移した状態。 ガン の進行は私の予想以上でしたが、ほかの臓器への転移はなく、その年の9月に行われた 手術 では、ガン 細胞と転移のあった リンパ節 をすべて切除することができました。

私の 手術後 の経過は良好で、半月後に退院。その後は、自宅で顆粒状の抗ガン剤を1日3回飲むことになりました。

抗ガン剤を飲むにあたり、私には1つの心配がありました。 抗ガン剤 による 副作用 が心配でした。医師からは、 吐きけ や 下痢 、 脱毛 といった 副作用 があるかもしれないといわれていたのも不安に拍車をかけました。幸い、目立った 副作用 は起こりませんでしたが、いつ襲ってくるか常に 不安 がありました。そこで 副作用 のほか、 転移 や 再発 を防ぐためにも、治療と併用して 健康食品 を試そうと思うようになったのです。

それからしばらくして書店でたまたま大腸ガンを スーパーゲルマン ( アサイゲルマニウム ) で抑えられたという患者さんの体験談をみかけました。

免疫細胞 を強化し、ガン の改善に効果を上げている スーパーゲルマン ( アサイゲルマニウム ) の記事を読んで、非常に興味がわきました。

スーパーゲルマン ( アサイゲルマニウム ) のおかげで 腫瘍マーカー も正常で再発の心配なしといわれ、今は、野菜作りに励んでいます

スーパーゲルマン ( アサイゲルマニウム ) で 抗ガン剤 の 副作用 が治まったという体験談を読んで、これだと思いました。すぐに購入し、朝・昼・晩の食後に 2粒 ずつ、1日で6粒を飲むようにしました。 抗ガン剤 の 副作用 はなく、食欲も落ちていません。

昨年10月に、 抗ガン剤 の治療を終了。現在も スーパーゲルマン ( アサイゲルマニウム ) を飲みながら、手術以降、血液検査を3ヶ月に1度、CT 検査を6ヶ月に1度受けています。

結局、抗ガン 剤の 副作用 は一度も経験しませんでした。腫瘍マーカーの数値にも異常はなく、医師から、再発の心配はないといわれています。私と同時期に手術をした2歳年上の方は、髪の毛が全部抜けてしまったそうです。吐き気もあり大変だと言っていました。

以前は肥満ぎみでしたが、入院中に8 kg 落ちた体重を現在も保ち、ガン になる前よりも体が軽く、健康的になったと感じています。

いまの私の楽しみは、庭にある小さな畑で、妻と野菜を作ることです。自分たちの手で作ったトマトやカボチャ、ホウレンソウをいただきながら、健康でいられることのありがたさを実感しています。

私の場合、もともと 抗ガン剤 の 副作用 はありませんでしたが、いまでも調子がよく、元気でいられるのは スーパーゲルマン ( アサイゲルマニウム ) のおかげだと思っています。

スーパーゲルマン ( アサイゲルマニウム )は大学病院で発がんを強力に抑制し、ガンの痛み・進行を防ぐと実証

私の大腸ガンと スーパーゲルマン ( アサイゲルマニウム )の経過

兆候 72歳 たびたび下血
発症 72歳 ステージⅢの大腸ガン(直腸ガン)と診断され手術
開始 73歳 手術後、 スーパーゲルマン ( アサイゲルマニウム ) 抗ガン剤治療と併用して、朝、昼、晩の食後に2粒ずつ1日計6粒を飲み始める。
改善 74歳 目立った副作用を感じることもなく治療を終了
現在 75歳 副作用の心配なしで元気に畑を愉しむ。