酢 玉ねぎ 健康によい理由 誰でも簡単に作ることができる

酢 玉ねぎ 健康によい理由を紹介します。酢 たまねぎ どちらも体にいい作用をするのは多くの人が知っているはずです。そんな 酢 たまねぎ が体にどのようにいいのかを徹底調査していますので紹介します。そして多くの人がこの 酢 たまねぎ でより健康になってほしいと願っています。

酢 玉ねぎ 健康によい理由

cooking-g8e4ba7268_640.jpg

健康効果の高い酢と玉ねぎ。ここではそれぞれの持つパワーについて深掘りしてしみたいと思います。

酢 玉ねぎ の素材である 玉ねぎ と 酢 は、単体でも体によいことは知られています。では、どんな成分が体によい影響をもたらすのでしょうか。まず、玉ねぎですが、硫化アリルという成分を豊富に含んでいます。

これは、にんにくや玉ねぎなどのネギ類に多く含まれる成分です。この成分は、玉ねぎ の辛みや香りを出しています。ちなみに、玉ねぎを切ったときに日が痛くなったり涙が出たりするのも、硫化アリルが気化して目や鼻の粘膜を刺激するからです。

玉ねぎの作用のひとつ目は、脳梗塞や心筋梗塞の原因となる血栓、動脈硬化の原因となる血中コレステロールや体の老廃物など古いものを体から追い出す新陳代謝を上げる作用です。

玉ねぎ で一番注目される血液が流れやすい状態になる 「 血液サラサラ 」 効果 は、硫化アリルが作り出しているのです。血液がサラサラになって流れがよくなることは、高血圧や動脈硬化のほかに、糖尿病の予防にも効果があります。

ふたつ目は、硫化アリルがビタミンB1と合わさり疲労回復の効果のあるアリチアミンに変化する作用。アリチアミンは、体内にビタミンB1を長くとどめて吸収を促す働きがあります。

ビタミンB1は、豚肉やうなぎ、落花生などに多く含まれる栄養素で糖質をエネルギーに素早く変えることができる成分です。ビタミンB1 多い食品

ゆえに筋肉がほぐれて基礎代謝が高まり、筋肉疲労が解消しやすくなります。逆に、不足することで疲労、不眠、イライラの症状が起きます。硫化アリルとビタミンB1、糖質が合わさるとエネルギー(ATP) 産生しやすくなりスタミナがつくのです。

硫化アリルをたくさん摂取したいのであれば、生で食べるのが一番です。その点でいうと、酢 玉ねぎ なら効率よく摂取することができるのです。ですが、玉ねぎ を水にさらすと硫化アリルはほとんどが流れていってしまいます。

玉ねぎ の辛みをとるために水にさらす方法がありますが、辛みは酢に長く漬けることで和らぎます。そのため 酢 玉ねぎ を作る際に、水にさらす場合は、さっと短時間にするのがよいでしょう。

硫化アリル以外にも、玉ねぎ には体によい成分がいくつも含まれています。ひとつ目はグルタチオン。この成分も玉ねぎに多く含まれており、肝臓の解毒作用や便秘の解消などデトツクス効果が期待できる成分です。

ふたつ目は、ケルセチンというポリフェノールです。主に外皮に多く含まれる黄色の成分ですが、それ以外の部分でも摂取できます。抗酸化作用があり、がんや老化を予防します。そして、体内に取り込んだ脂肪の吸収を抑制し分解する役割も果たすので、ダイエットにも効果があります。

また、ミネラルをも多く含むため、強壮効果を高める役割も担っているのです。このように 玉ねぎ は単体でも、たくさんの健康に対する成分を持っている野菜なのです。

酢 酸っぱさの成分がよい

玉ねぎ と同様に、酢だけでもたくさんの健康効果を得ることができます。酢は酢酸やクエン酸、アミノ酸、糖などでできています。特に健康効果をもたらすのは、主成分である酢酸とアミノ酸です。

まず、酢酸。酢の酸っぱさの元となっている成分です。これが、体に三つのよい効用を与えます。ひとつ目は、血圧を下げる働き。この作用は、血庄が高い人にのみ働きます。正常値の人や逆に低い値の人がさらに下がるということはないので、誰でも安心して摂取することができます。

酢酸がアデノシンを排出し、それが血管の壁に入り、血管を拡張します。血管が広がると血行がよくなり、血圧が下がるのです。ふたつ目の効用は、肝臓の酵素を活性化させること。脂肪の吸収を抑制することと脂肪燃焼に効果があります。三つ目は、腸内環境を整えて便通を改善するという作用。

酢酸は、腸の収縮運動であるぜんどう運動を促して善玉菌を増やします。善玉菌を増やすことは大腸がんの予防にもなります。体内に取り込まれた酢酸は、クエン酸に変化します。クエン酸には乳酸などを分解して疲労回復する効果がよく知られていますが、それ以外にもさまざまな効用があるのです。まず、有害な細菌が体内に侵入するのを防ぐ強い殺菌作用があります。

っぎに、抗酸化作用。クエン酸のキレート作用で活性酸素の力がそがれ、アンチエイジング効果が期待できるのです。最後に、ダイエット効果。クエン酸が体内に十分あると、体に溜まった疲労物質や余分な脂肪を燃焼させる「クエン酸サイクル」という作用が働きます。

クエン酸は不足すると、生活習慣病にかかるリスクが高くなるので注意が必要です。酢は継続的に摂取することで、配合されているアミノ酸が内臓脂肪と血中脂質を低下させます。内臓脂肪を減らすことは、メタポリックシンドロームを改善するだけでなく脂質異常症、高血糖、高血圧を予防します。

血中脂質が減ることは、動脈硬化や心筋梗塞のリスクが低くなるのです。また、カルシウムやマグネシウム、鉄分などのミネラルを含んだものの吸収を助ける作用もあるのです。適量を守れば骨租しょう症の予防にもなります。ただし、酢の摂りすぎは刺激が強すぎて胃が荒れたり腎臓に悪影響を与えてしまいます。毎日少量ずつ摂取することが体によいでしょう。

酢 + 玉ねぎ 相乗効果 6大効果

玉ねぎ と 酢 はそれぞれ摂っても健康にとてもよいのですが、共通する効果をもたらすので、一緒に食べるとさらに体によいのです。双方に共通する6つの効果を紹介します。

1 血液をサラサラにして、血圧を正常化する

玉ねぎ の硫化アリルが代謝を促進し、血栓ができるのを防ぐ効果と、酢酸の血液がネバネバになるのを防ぐ効果。このふたつは、血液の循環をよくする最適の組み合わせといえます。また、血管が広がることで血流がよくなり、血管壁がやわらかくなり弾力性が向上することによって、血圧が下がるという効果が出てきます。

2 コレステロールや中性臓肪を減らし此清改善

どちらも体内の余分な脂質を落とす作用があります。

3 腸内環境をよくして便秘を解消

玉ねぎのグルタチオン、オリゴ糖と酢の酢酸が腸内の善玉菌を増やし、ぜんどう運動を促すため腸内環境がよくなり便秘が解消されます。

4 骨粗鬆症予防に役立つ

玉ねぎと 酢 の血液サラサラ効果が、骨の代謝を高め、また、酢のカルシウムの吸収作用で、骨粗鬆症が予防・改善されます。

5 抗酸化力が強く、体内のコラーゲンがキレイになりアンチエイジングと動脈硬化予防

玉ねぎのファイトケミカルのケルセチン、硫化アリルやグルタチオンと、酢のクエン酸は体内のコラーゲンをキレイにし、動脈硬化や老化の一因となる活性酸素を除去してくれます。

6 免疫力アップ

玉ねぎ のケルセチンと酢のアミノ酸という成分は、免疫力を高めます。

酢 玉ねぎ の 効能 効果 を簡潔にまとめると以下6つにまとめられます。

  1. 血液サラサラ・血圧正常化
  2. ダイエットをサポート
  3. 腸内環境を整える
  4. 骨粗鬆症予防
  5. 動脈硬化の一因を除去
  6. 免疫力を高める

こういった共通の効果から、酢と玉ねぎは一緒に摂ることで効果が倍増するといえるでしょう。

関連ページ

  1. 酢 玉ねぎ 健康によい理由 誰でも簡単に作ることができる