タグ「ヘモグロビンA1C」が付けられているもの

子供は、一般的にほとんどの子が脂っこい物や甘い物など、高カロリーの物が大好きですよね。いわゆるボリュームのある食事が大好物です。

うちの孫もそう。そんな孫と一緒にいるとフライドポテトをつまんだり、コーラフロートを飲んだり。自分1人だったら食べないような物を、ついつまんでしまうのです。孫の笑顔が私の栄養分でした。

それで更年期ぐらいから少しずつ太り始め、血糖値も60歳ぐらいから上がってしまいました。血糖値が300mg/dl(食後2時間後血糖値の基準値は140mg/dl)を超えることも。太ったのは更年期だから仕方ない...と自分を慰めていました。それに孫のうれしそうな顔を見るだけで嫌なことやストレスを忘れることができましたし。

血糖値だけでなくまたヘモグロビンA1Cも11.9 % ( 基準値は6.2%未満)もあり、このままでは、いつか合併症を起こしてしまうだろう...と不安でたまりませんでした。そんなとき知ったのが、テンペ菌+8種の茶葉の「八酵麗茶」

私は朝昼晩の食事のときだけでなく、夜寝る前など、のどが渇いたときの水分補給はほとんど「八酵麗茶」にしました。口に入れる水分、お茶、コーヒー、紅茶などは全部「八酵麗茶」にしました。食事でご飯やパンを減らすよりもストレスはなくすぐに実行できました。薬草茶特有の苦みはなくおいしく飲めたのも良かったと思います。

どこかの雑誌には外食をするときも、持参するという人の記事を読んだことがあったので私も負けずに徹底的に取り組みました。そうしたらすぐに、数値に変化が現れたのです。こんなに効くの?と正直驚きました。

特に厳しい食事制限はしていません。それなのに、「八酵麗茶」を飲んでさえいれば、血糖値が140mg/dl以上になることはないのです。

調子のいいときは120mg/dl、ヘモグロビンA1Cも5.5% ぐらいということもありました。血糖値が高かった頃は、尿に泡が残る感じ。あと、尿の臭いもかなり気になりました。でも数値が下がって落ち着いた今は、それもなくなりました。濁った尿が透き通ったような尿に戻りました。

血糖値下げに苦労している人は、みなさん「あれもダメ」「これもダメ」と食べられない物ばかりでツライと言いますが、「八酵麗茶」ならまったくスlトレスもなし。本当に助かっています。

220以上の血糖値が下がった

手術で膵臓の一部を切除し、糖尿病に

1995年頃に「糖尿病の予備軍です」と言われました。そのときのヘモグロビンA1Cは6.5 % でしたが、高いときは7.2%なんていうこともありました( ヘモグロビンA1Cの基準値は6.2%未満です)。ちょっと危ないなぁ~という気はしていました。

実は、膵臓に腫瘍があったのですが、それがどんどん大きくなってきたので、手術で膵臓の一部を切除しました

手術後は特に生活などで気をつけることはないと言われたのですが、膵臓は血糖値を下げるホルモンのインスリンを分泌する大切な臓器です。本当に大丈夫かとても心配でした。

インスリンを分泌する大切な臓器である膵臓の一部をとったわけですから、完全に糖尿病になってしまうのは当然です。

ひどいときは、食後血糖値が229mg/dlに上昇したこともありました(食後2時問血糖値の基準値は140mg/dl来満)。

最近は果糖で甘い果物も食べることがある

でも現在は、1日3度の食事のときに欠かさずテンペ菌の薬草茶「八酵麗茶」を飲むようにしたおかげで、血糖値はいい状態で安定しています。

体を動かしたほうが数値はいいので、体を動かす春から夏は血糖値110~120mg/dl、ヘモグロビンA1Cは6.2〜6.5%ぐらい。

秋から冬でも血糖値150~160mg/dl、ヘモグロビンA1Cは6.7〜6.8% ぐらいをキープしています。

ただ私の住んでいる長野県は果物がおいしいんですよ。柿などは糖分が多いので、本当はいけないのでしょうけれど、ついつい1 〜2個食べてしまうこともあります。

そんなときは一時的に食後血糖値が少し上がってしまいますが、テンペ菌の薬草茶「八酵麗茶」を飲んでいればちゃんとコントロールできるから安心です。

医師も「自分の体の状態をわかっていて、コントロールできているから大丈夫」と言ってくれています。

ゴルフの後は大好きなビールも

現在、私は1日3食きちんと食べていますし、食べる量もそんなに気をつけていません。さすがに外食時にご飯がどんぶりででてきたら4割くらいは残します。大好きなお酒も飲みます。さすがに日本酒は糖質が高いのでやめて、焼酎の水割りにし、量も1合以上は飲まないように気をつけます。糖尿病患者は蒸留酒を飲みましょう。

お酒を飲むときだけは、ごはんの量は少なめにしますが、それでも茶碗1杯はしっかり食べています。

また私の場合、畑仕事やゴルフで体を動かしていることもいいのでしょう。ゴルフに行くと1回で8000~1万歩以上は歩きます。好きなゴルフを思う存分楽しんだあと、大好きなビールを安心して楽しめるのも8種の薬草茶「八酵麗茶」が血糖コントロールをサポートしてくれているからこそだと思っています。

主食の炭水化物を減らしたりした

血糖値が高くなり始めたのは4~5年ぐらい前だったと記憶しています。当時は少し尿の泡立ちがあるぐらい。のどの渇きやだるさなど、自覚症状はほとんどなかったのですが、高いときはヘモグロビンA1Cが7% 、血糖値が200mg/dlを超えることもありました。血糖値は160を超えてくれると尿の泡立ちの症状がではじめるそうですから私の状況はあてまります。

血糖値が高いと食事に気をつけないといけません。仲のいい糖尿病の友人に聞いたら、「素麺を食べるのなら、ほんのちょっと」と言われていると言うし、「巨峰なら半分、りんごなら4分の1」など、細かく考えないといけないからかなり大変です。糖質は糖尿病患者にとって毒です。

私は、朝は、老舗オーマイパンが作る九州産小麦ふすまの低糖質パンを食べるようにして、糖質をできる限り摂らないように注意しました。

塩分も気をつけないといけませんが、名古屋はおいしいものはほとんどが味つけが濃いめ。できるだけ薄味にして、ごはんも以前はお代わりしていたのを1杯でやめる、動物性の油ではなく植物性の油を使うなど、あれこれがんばってみました。

豆類のエキスを飲んでみたり、きちんと食事管理ができるデリバリーのおかずセットを注文したこともあります。でもおかずセットは味がほとんどなくて、10日間でやめてしまいました。糖質や塩分は急に減らすと異常に不味く感じて続きません。

ウェルネスダイレクトの管理栄養士監修の宅配健康食

そうこうしているうちに人工透析をすすめられてしまう

高血糖の影響だと思いますが、実は腎臓も悪くて、一時期は人工透析をすすめられたこともあります。でも「やり始めたら週に3回は通院しなければいけない」「人工透析をすると体が弱るからやめたほうがいい」と周囲に反対されて、断りました。

クレアチニンやBUNは上昇を続けていていつかは...とは覚悟していましたが。透析は一度導入したらもう抜け出せません。なんとかしなければいけない!そればかりが私を追い詰めていました。

とはいえ、高血糖を放置していたら、症状はどんどん悪化してしまうでしょう。それで3年ぐらい前から、8種のテンペ菌の薬草茶「八酵麗茶」を飲み始めたのです。

腎臓のためにも、水分はこまめにとるように言われていたので、薬草茶は1日1~1.2リットルは飲んでいたと思います。そうしたら血糖値は110mg/dl、ヘモグロビンA1Cは5%まで下がりました。おまけに腎臓の状態もよくなり、薬は続けていますが、病院で「足がむくんでないね」と言われました。

「八酵麗茶」が体の中の悪い物を外に出してくれているんじゃないかなと思っています。いつも目の上のまぶたがむくんでいて重かったのですが、最近はホントにスッキリしました。あと、靴下の後がくっきりついていたのですが、それも改善されました。

1日1000~1200ccの八酵麗茶を摂るようになってホントにいろいろ体調が良好になりました。

中性脂肪やコレステロール値も基準値内になり、体重も自然に4kg減りました。「あまり細かい食事も制限しなくていいよ」と先生に言われて、本当にうれしいです。