糖尿病を脱出できた! こむら返りと水ぶくれも解消

無数の水ぶくれが全然治らない

今から7年ほど前、足に突然できていた数個の水ぶくれを、不思議に思いながらも「たいしたことないやろう」とそのまま放置していました。

するとあっという間に数が増えて、下半身は水ぶくれのブツブツだらけ。一個1個は米粒大ですが、それが数え切れないくらいできたのです。

水ぶくれの部分は真っ赤に腫れて、皮はすぐに破れてグジュグジュに。一体何が起こっているのだろう、という感じでした。

膚科に行って軟膏を出してもらっても、薄く皮が再生して「治るのかな」と期待した矢先に、また水ぶくれに。ちょっと治って、また皮が破れるという繰り返しになっていました。

そんな私の姿を見て、妻が「これは糖尿病に違いない」というのです。彼女の母も糖尿病で、そのときに背中全体が水ぶくれにおおわれていたというではありませんか。

そこで病院で血糖値を測ると確かに280もあり、糖尿病になっていることがわかったのです。

水ぶくれと同時に夜間のこむら返りも連発していて、これも糖尿病の症状のひとつだったわけです。のどが異様に渇いて水をガブガブ飲んでもいましたし、甘い尿の匂いが出ていることも妻に指摘されていました。

血糖値が上がるようなことをした覚えはなく、お酒も飲みませんし、大食いでもない。甘い物も食べません。ただ、兄弟が二人とも糖尿病なので、血糖値が上がりやすい体質だったのでしょう。

旅行中にもテンペ菌発酵の薬草茶「八酵麗茶」は欠かさずに飲む

すでに何種類か薬を飲んでいたので、これ以上は増やしたくない。そこで、薬に頼らないで血糖値を下げる方法を探していたところ、地元の新聞広告で知ったのがテンペ菌発酵の薬草茶「八酵麗茶」でした。

ピンときて「これを試そう」と即決して、以来、毎日の食事に合わせて、テンペ菌発酵の薬草茶「八酵麗茶」を飲むようにしました。

外出のときも忘れず、旅行では自宅でまとめて薬草茶を作って、ペットボトル3本に分けて持参したほどです。そんな努力が実を結んで、テンペ菌発酵の薬草茶「八酵麗茶」を飲み始めてようやく効果があらわれはじめました。つらかったみずぶくれが少しずつ減ってきたのです。

その後はどんどん全快に向かっていき、さらに2ヶ月が過ぎたころには傷あとを残すだけで、水ぶくれはすべて消失していました。

同時に尿の甘い匂いとこむら返りもなくなって、それと一緒に、血糖値がスーツと下がってきたのです。

現在は血糖値112、ヘモグロビンAICは6.3でほぼ安定。調子がいいと5台まで下がるときもあります。

望みどおりに薬と無縁のまま、テンペ菌発酵の薬草茶「八酵麗茶」だけで私は糖尿病を脱出できました。焼き肉や大福を食べても血糖値の心配をしなくていいのがありがたいし、このごろは体調も上々です。

青白かった顔に血色が戻って、最高80kgあった体重も48kgまで絞れました。だるさも感じず、体がスッと軽くなって、歩くスピードも自然と速くなったんです。あれもこれもテンペ菌発酵の薬草茶「八酵麗茶」のおかげと感謝するばかりで、

このお茶は私の宝物。万が一のときでも切らしてはいけないと、防災袋にも詰め込んでおります。

テンペ菌発酵の薬草茶「八酵麗茶」