夜、眠れなくなる重度の不眠が低分子レシチンで改善した

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

不安感もなく熟睡できた

就職して4年めに軽い鬱状態になり、夜中に急に目が覚めて、将来が不安になって眠れなくなることが頻繁にありました。 寝つきも悪く、睡眠時間は3~6時問程度で、しだいに頭痛や胃痛にも悩まされるようになりました。 加えて、私は、アトピー性皮膚炎による湿疹が顔や背中にでき、かゆみが起こったため、いっそう眠れなくなってしまったのです。

睡眠薬や抗鬱薬に加え、アトピーの薬も飲むようになったのですが、内心では、できるだけ薬に頼らずにうつを克服できないかと思っていました。 そんなとき、友人から低分子レシチンを中心として、脳にいいとされるいくつかの栄養補助食品低分子レシチン「アルファベスト」を紹介してもらいました。

また、それまでうどんや菓子パンですませていた昼食も見直し、栄養バランスの取れたお弁当を食べるように改善しました。 そして、、母親にお弁当を作ってもらって職場に持参しました。低分子レシチンをとったところ、味がよくてとりやすく、これなら続けられると感じました。 私の場合低分子レシチンなどをとってから2ヶ月後に胃痛が消え、以前よりも食欲が出てきました。

3ヶ月後には、頭痛や不安感が消えています。併せて、夜中に目覚める回数も少なくなり、たとえ目覚めてもすぐ熟睡できるので、6~7時間は眠れるようになりました。 その夜中の目覚めも、低分子レシチンをとって半年がたつころには、ほぼ起こらなくなりました。 服薬以外の治療はしていなかったのですが、アトピーも驚くほど改善しました。

半年前には見るからにかゆそうと言われていた肌が、ツルツルの肌に一変したのです。そのため、アトピーの薬を含めて、薬はすべて手放すことができました。その後、うつや不眠、アトピーの再発はありません。 今も低分子レシチンをとりながら、元気に仕事を続けています。