薬も効かない重症の鬱が低分子レシチンで改善

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

睡眠薬ばかり増える

50代半ばごろから、不眠を自覚しはじめました。十分寝たはずなのに眠けが残っていたり、朝4時ごろに目が覚めて、そのまま眠れずに朝を迎えてしまったりすることがありました。それと同時に、3年ほど前から、何をやっても発しいと感じられなくなりました。

趣味の映画鑑賞に出かけたり、友達と会ったりすることもなくなり、不安になって近所の病院で診察を受けたところ、「うつ」と診断されました。 私の場合、不眠を解消するための薬を何種類か処方されたものの、一時的な効果しかありませんでした。

そのうち、薬を飲む前よりも眠りが浅くなってしまいました。 処方される薬の量や種類を増やしても、またしばらくすると眠れなくなるということをくり返していました。 「このまま不眠が続けば、鬱も治らないし、薬が増え続けるのも不安だといつも気にしていました。そのせいか、昼問の憂うつ感も強まりました。そして、薬に頼らず熟睡したいと考え、専門病院を受診しました。

憂うつ感がようやく解消

私は、鬱特有の症状だけでなく、食生活の改善を目指しました。振り返ると、朝はパン食で、夜もスパゲッティなどパスタ類を多くとっていたことに気づきました。 栄養のバランスについては、ほとんど考慮していませんでした。そこで食事を和食に変えることにしました。

例えば、朝は多忙であることを考慮して、玄米のおにぎりとみそ汁と果物、ゆっくり作れる夕食は、魚や野菜・大豆などを多く使ったメニューに変更しました。 さらに、低分子レシチン「アルファベスト」を中心として、いくつかの栄養補助食品を毎日とるように食習慣を変えました。

運動不足を解消するため、ウォーキングも無理のない範囲で行いました。 そして、私の場合は、低分子レシチンなどをとって7ヶ月に、昼問の眠けがほぼ消え、憂うつ感が和らいで心も穏やかになってきました。 さらに1ヶ月がたつと、朝、気持ちよく起きられるようになりました。

その後は夜中に目覚めることもなくなり、うつの症状も映画を見に行けるまでに改善。服用していた薬も、少し減量でき、現在ではすべて不要になっています。 低分子レシチンは、不眠やうつを治す薬ではありません。しかし、食生活などの生活習慣を改めながらとれば、症状が改善しやすくなると、私は考えています。