トウゲシバを実際に使ってうつ症状が軽減、改善した体験談

トウゲシバを実際に使ってうつ症状が軽減、改善した体験談 を紹介します。アルツハイマー病の進行を抑えるのに役立つと注目したのが、シダ植物の1つであるトウゲシバの全草に含まれる「ヒューペルジンA」という物質です。

トウゲシバ は北海道から琉球に分布し、東アジア・東南アジアなどに広く分布する。名前は峠芝であろうが、「峠」という言葉から連想されるような、乾燥地に生育することは少なく、斜面下部などの湿った場所に生育することが多い植物です。

男性よりも女性に多い認知症

認知症は

  • 記憶
  • 解釈
  • 判断
  • 思考

といった認知機能が、極度に低下してしまう進行性の病気です。医療機関を受診した認知症の方は、最近の 10 年間で驚異的な増え方をしています。

最近、新聞やテレビで話題になっている、軽度認知障害 ( MCI ) という言葉も周知されてきました。軽度認知障害とは、

  • 加齢による脳の老化
  • 認知症

の境界の状態。同年齢の人に比べて認知機能の低下が見られるものの、認知症とは診断されない状態のことです。

トウグシバ は、脳のアセチルコリンを分解する酵素の働きを抑えて、認知症に対して優れた働きを持つことが多くの実験で確かめられています。アセチルコリンとは、記憶に深くかかわっている神経伝達物質です。

末梢神経系では、​運動神経の神経筋接合部、交感神経および副交感神経の節前線維の終末、副交感神経の節後線維の終末などのシナプスで伝達物質として働きます。

そしてアルツハイマー病の進行を抑えるのに役立つと注目したのが、シダ植物の 1 つであるトウゲシバ の全草に含まれる 「 ヒューペルジンA(Huperzine A) 」 という物質です。ヒューペルジンA(Huperzine A)は中国の薬草トウゲシバから単離されたアルカロイドです。

トウゲシバを実際に飲んでみて認知症の症状が改善した体験談 ヒューペルジンA の効果です。

関連ページ

  1. トウゲシバを実際に使ってうつ症状が軽減、改善した体験談
  2. 物忘れが急激に増え無気力になった症状が ヒューペルジンA で前向きに
  3. トウゲシバで認知症の被害妄想が改善し、表情豊かになり料理もできるように
  4. 初期の認知症症状 落ち着きがない 記憶力の低下 トウゲシバで改善
  5. トウゲシバでアルツハイマー病の検査値が向上し、特有の頑固さが和らいで趣味を満喫