ほかのパソコンとファイルを共有

Vistaには、「パブリック」というフォルダがある。このフォルダは、1台のパソコンに複数のユーザーアカウントを作成したとき、各アカウント問でファイルを共有するためのもの。このフォルダをLAN内でも共有できる。「パスワード保護共有」機能を無効にすれば、面倒な設定をすることなく、LAN内のどのパソコンからでも「パブリック」フォルダにアクセス可能になる。

「パスワード保護共有」機能を無効にする

「パブリック」フォルダを共有するパソコンで、「ネットワークと共有センター」を開く。「パスワード保護共有」の↓」(画面では↑ボタンをクリックして「パスワード保護の共有を無効にする」を選び、「適用」ボタンをクリックする。「ユーザーアカウント制御」画面で「続行」ボタンをクリックする。
  1. 「ネットワークと共有センター」の「パブリックフォルダ共有」の卜し薫り(画面では「↓」)ボタンをクリックして、共有の方法を二つから選び、「適用」ボタンをクリックする。「ユーザーアカウント制御」画面で「続行」ボタンをクリックする。
  2. LAN内で共有したいファイルを、「パブリック」フォルダにある任意のフォルダにコピーする。新しくフォルダを作成してもよい。「パブリック」フォルダは「お気に入りリンク」から開くことがで

ほかのパソコンから共有フォルダを開く

「スタート」メニューの「ネットワーク」をクリックすると、LAN にあるパソコンの一覧が表示される。共有フォルダがあるパソコンのアイコンをダブルクリックしていくと、共有フォルダが表示される。

XPのパソコンから共有フォルダを開く

  1. タート」メニューの「マイネットワーク」をクリックする。
  2. LAN 内の共有フォルダが「(共有フォルダ名)-(コンピュータ名)」で表示されるので、開きたい共有フォルダのアイコンをダブルクリックする。Vistaパソコンでは、「パブリックのドキュメント」などの「パブリック」フォルダ群は英語名で表示されるが、これは仕様でトラブルではない。