200もあった血圧が正常値に

歯科検診で高血圧がわかった

私が、高血圧を指摘されたのは14年前、歯科医院を受診したときのことでした。治療前に血圧測定をするとなんと、最大血圧が200mmgHGもあることがわかりました。自分では高血圧の自覚症状がなにもなかったのでとても驚きました。

血圧がここまで高いと歯の治療ができないので、血圧を下げて正常化したらまた来るようにと歯科医師からいわれ、慌てて内科を受診。高血圧と診断され、降圧剤を1日2回、朝・晩に服用することになりました。

ところが、私は薬が効きにくい体質なのか、降圧剤を服用しても最大血圧はせいぜい160止まりでそこから下がりません。かろうじて歯の治療は受けられましたが、血圧が高いままではいけないと痛感し、生活習慣を見直すことにしました。

特に、ふだん気をつけたのは食事面です。食べすぎないように節制するとともに、血圧の安定に役立つ食べ物をいろいろと試しました。私が注目したのはタマネギです。血液をサラサラにしてくれるケルセチンが含まれているというので、薄皮を煎じて飲んだりしました。さらさらたまねぎ茶はこちら

とはいえ、手問がかかって毎日は続けられません。そこで、もっと手軽にタマネギの有効成分をとれる方法はないものかと、いい健康食品がないか探していました。

血圧は正常化

私が「 はつらつ堂の「玉ねぎ梅ウコン発酵の力」を知ったのは5数年前のこと。健康雑誌の記事を偶然にも読み、「らくに続けられる」と思い、すぐに購入しました。

「玉ねぎ梅ウコン発酵の力」をとるタイミングは、いつも午前中です。時問を決めれば、飲み忘れないだろうと考えました。

もちろん、降圧剤の服用は続けました。すると、最大血圧が少しずつ低下。1ヶ月後には150mmHG以下になり、1年後には130で落ち着くようになったのです。

最小血圧も正常値きんぺんで安定するようになりました。以後、血圧が乱れて急上昇することはほとんどありません。

この数年問で、高めだったコレステロール値や中性脂肪値、血糖値も下がり、いずれも正常値か数値がオーバーしてもわずかですむようになりました。今も「玉ねぎ梅ウコン発酵の力」を毎日とりつづけていて、最大血圧・最小血圧とも正常値をキープしています。