酢玉ねぎを中心に食事改善したら200mg/dl超えの血糖値が大幅降下しダイエットにも成功

1ヶ月に2週間は酢玉ねぎ食を実行

私が糖尿病だと診断されたのは、もう10年近く前に受けた、市の健康診断でした。当時、血糖値は200~300mg/dlを行き来する高い値で安定してしまっていました。しかし、糖尿病と診断されても私はどこか他人事に思っていて、なかなか自覚ができなかったのです。

その間、血糖値が440mg/dlまで上昇したこともあり、このときはさすがにまずいなとは思いました。症状としては、代表的な手足のしびれなどの自覚症状は私の場合は一切なく、仕事を続けられたのは幸いだったと思っています。

数値的には高いのですが、自覚症状はないので真剣に考えられなかったのかもしれません。

とはいえ、もともと私は甘いものや脂っこいもの、それにお酒が大好き。これが糖尿病の最大の原因だろうとわかってはいても、我慢ばかりだとストレスになります。そこで酢玉ねぎを食事に摂り入れることに。知り合いからおしえてもらい、つくってみました。

翌日の分を前日の夜に漬けておき、毎食欠かさずに酢玉ねぎを食べるようにしました。それと同時に野菜を多く摂るよう心がけ、その分、夜食を減らすようにしました。

当初、毎日酢玉ねぎを食べていたのですが、その後は、1ヶ月のうち2週間限定で「食べる期間」を設けるようにしました。

酢玉ねぎの確かな効きめが数値にあらわれるようになった

酢玉ねぎを中心とした私なりの生活改善で、血糖値に変化があらわれました。酢玉ねぎを食べ始めたころ、250mg/dlほどもあった血糖値が、ある日の病院の検査で170mg/dl台まで降下していたのです。それからは数値の調子がとてもよく、200mg/dlを超えることはなくなりました。

もっとも驚いたのは、特に運動をしていないのに、数年前と比べて7kgも減量できたことです。酢玉ねぎでダイエットに成功する人の話は耳にはしていましたが、私にもダイエット効果が出たのには本当に驚きでした。

これからも、血糖コントロールと体重維持のために、酢玉ねぎをしっかり続けていこうと思います。

400mg以上の血糖値が下がり、減量もできた「酢たまねぎ」はこちら

関連ページ

  1. 高値で動かなかったヘモグロビンA1Cが酢たまねぎで6.8%になりコレステロール値もだいぶ下がった
  2. 酢玉ねぎを中心に食事改善したら200mg/dl超えの血糖値が大幅降下しダイエットにも成功
  3. 酢たまねぎの効果と実際の体験談