高値で動かなかったヘモグロビンA1Cが酢たまねぎで6.8%になりコレステロール値もだいぶ下がった

酢たまねぎで再チャレンジしてやっぱりよかった

数年前、ヘモグロビンA1Cが高く、悩んでいたところ友人からおしえてもらった「酢玉ねぎ」を1ヶ月ほど試したことがありました。でも、効果が感じられず、食べるのを止めてしまいました。

今考えると、あまりに早く結果を求め過ぎたのでしょう。2~3日食べれば数値が下がるような勝手な思い込みをしていました。 すぐに「やはりこのままの状態ではいられない」と思い返し、改めて酢玉ねぎにかけてみようと決めたのです。

当時の私は、ヘモグロビンA1Cが8.9まで上がって、空腹血糖値も220~230mg/dlと高く、正常値を大幅に超えていました。さらに、糖尿病の進行を示す手足のしびれや疲労感なども出ていたのです。喉の渇きも気になっていました。当然、食事にも気をつけていました。ですが、甘いものに目がなく食べる量は減らせても、完全に絶つのは無理だと自覚していたので、食事コントロールをしながら、食事のたびに酢玉ねぎを食べる生活を始めました。

血液の流れが数値の改善に

2ヶ月くらい経ったころ、酢玉ねぎの効果が「数値」としてはっきり目に見えるようになりました。

二カ月ごとの定期検査では、ヘモグロビンA1Cが7.9に下がったのです。これを励みに酢玉ねぎ食を続けていると、その後の検査で、7.4まで低下。調子のよいときならば、6.8なんてこともあります。数値がおもしろいように正常値に向けて下がっているのです。

空腹血血糖値も130~140mg/dlで安定しています。さらには嬉しいことに薬でもなかなか下がらなかったコレステロール値が300~200に改善しました。主治医にも血液の流れが改善していると言われました。これも酢たまねぎのおかげです。

ヘモグロビンA1C、コレステロール値が下がった酢たまねぎはこちら。