ガン患者に評判のタヒボ茶は、類似品が多数流通しているので注意

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

偉大なる医学的価値をもつタヒボ(抽出液)エキスは美しい紫紅色の花をつける樹木であるタベブイア・アベラネダエ種の内皮から抽出されたものです。 この樹木は、ビグノニアセアス科(ノウゼンカズラ)科の一に属しており、類似した樹木は数多く存在します。

例に漏れず市場には、タヒボに類似する数多くの製品が乱立しているのですが、これらの類似品は、本当に真のタヒボの持つ優れた医学的価値のレベルに達していないことにとくに注意が必要です。 ガンが発見されたときにステージ3~4の場合、本気にならないとガンとは闘えません。類似品にダマされている場合ではないのです。

タヒボは、生物活性を異にする多くの化合物を含んでおり、栄養補助剤として摂取するものであり、ガン、糖尿病、関節炎などを主とするさまざまな疾患において医師が処方する治療薬に加えて補助剤として使用できます。 信頼できるタヒボ製品は樹齢30年以上のタベブイア・アブラネダエの内皮のみから生産されており、類似品で指摘されるような

  1. 抗血液凝固作用や吐き気などの副作用が報告されたラパコールは含まれていない。
  2. また検出されるレベルでの有害な重金属も含まれていない。

タヒボの使用を試みる場合、自分で評価、吟味をして結論を出すべきでしょう。 その理由は単純明快で、100%全員に効果を発揮するかどうかは疑問が残るためです。全員に有用であるとは限らないのです。

タヒボの主成分NFDは、試験内組織培養試験において人の固形ガン細胞を殺傷する作用とともに化学的阻止ならびに腫瘍抑制作用があることがデータで実証されています。 さらに、発がん物質で誘発した皮膚ガンのマウスや、白血病腫瘍が肝臓に転移したマウスの実験でタヒボエキスを体内に投与すると、ガンの進行が阻止されて、ガン細胞の成長を阻害することもわかっています。 なお、樹皮の内皮から得られたタヒボ茶には副作用が指摘されているラパコールや毒性をもつ重金属は含まれていません。

タヒボ茶 | ガン患者に評判の健康食品