シリカとはケイ素の酸化物で、最近ではアンチエイジング効果が高いと注目の成分です。しかしながら、現代人には圧倒的に不足しています。

わたしたちの体の中にはもともと存在しているシリカですが、生まれたばかりの赤ちゃんの体内にあるシリカの量を100パーセントとすると、40代になれば50パーセント以下に減少してしまいます。しかも、シリカは体内で生成することができません。

この減少を食い止めるには、食品や飲料水から摂取しなければならないのです。

加齢に伴い、薄毛や脱毛に悩む人が最近急増しています。特に病気はないし、日頃の体調も特に悪いわけでもないのに、頭皮は年齢以上の状態ということが現代人に増えているのです。育毛や薄毛対策のトニックなどで対策をして解決すればそれでいいのですが、なかなか一筋縄ではいかないのが現実です。

シリカ(ケイ素)は健康な頭皮や美しい毛髪に欠かせない成分でもあります。ですから、シリカが不足すると毛髪にハリやツヤがなくなり、パサパサになって毛が細くなり、抜け毛も増えます。これは、シリカ不足である大事なサインです。

ほかにも、シリカを補給すると、肌の保湿や血管、骨、爪の強化、コラーゲンの再生などの助けになります。そのため、シリカ水は特に女性にとって、美容のための強い味方です。

コラーゲンやヒアルロン酸の多い食材を摂取するときに一緒にシリカを摂取すると、その効果が一段とアップします。

シリカ(ケイ素)を多く含む食品には、現代人があまり摂っていない食材が多いです。キビやアワなどの雑穀、トウモロコシ、玄米、麦などの穀物に多く含まれていますが、こういったものを毎日食べている人は少ないと思います。玄米に穀物を混ぜた雑穀ごはんなどは、バランスがとても良くおすすめです。

ほかには、海藻類、貝類、じゃがいも、ほうれんそう、バナナ、レーズンなどに多く含まれます。

このような食材は、毎日少しずつ摂取すれば、薄毛や抜け毛対策になりますが、いまひとつ難しそう...という人にはシリカが多く含まれたミネラルウォーターがおすすめです。普段から口にする水をシリカ水に変えれば、寂しくなった頭皮をフサフサに若返えらせる助けにもなるでしょう。

霧島天然水 のむシリカ 口コミで一番選ばれている天然水には、100ml あたり9.7mg のシリカが含まれています。食べ物だと消化・吸収される際に含有量分すべては吸収されないかもしれませんが、水なら体によく吸収されます。

東京医科歯科大学名誉教授の藤田紘一郎先生が水についての書籍をたくさん執筆されていますが、シリカ水は藤田先生もおすすめの水です。

シリカ水を飲んで、老化を防ぎ、健康な肌や髪、爪を保ちましょう。

ルチンは果物や野菜の色彩と風味を引き立てるバイオフラボノイドのひとつです。

フラボン類には相乗効果があり、ケルセチンやヘスペリジンといった、ほかのバイオフラボノイドと一緒に配合されることが多いです。

バイオフラボノイド、とくにルチンには毛細血管を強化する働きがあります。ルチンは、ビタミンCを正しく吸収し使用するのに欠かすことのできない物質で、ビタミンCがコラーゲン(細胞表皮を支える皮膚の直下組織) を維持する働きを助けます。

アレルギー治療薬として使われることがもっとも多いのですが、乳細胞から分泌され、鼻づまりなどのアレルギー反応を引き起こすヒスタミンという化学物質の分泌速度を遅らせることがわかっています。

事実、ルチンは花粉症やぜんそくなどの症状を緩和する抗アレルギー剤に配合されていることの副作用はありません。毛細血管強化作用があるため、挫傷や静脈瘤(血管が弱くなることが原因)、痔(肛門や直腸の静脈が炎症を起こす) などにも効果があります。

ほかのバイオフラボノイドと同じくルチンにも抗炎症作用があり、抗ウイルス作用や抗バクテリア作用、抗がん作用もあります。さらに研究が進めば、もっと多くの利用法が見つかることは間違いありません。

アレルギーは腸で治す

ローヤルゼリー エネルギーを高め、性的衝動を回復

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

ローヤルゼリーは、働きバチ(常に巣の周りを飛び回る働き者) によってつくられる白い乳状の分泌物です。

ハチの幼虫は生後3日間、このごちそうを食べますが、女王バチとなる者だけは、その後もローヤルゼリーを食べつづけるのです。

女王バチはからだの大きさが同じ巣に住む雌バチの1.5倍もあり、寿命は1.4四倍も長い。働きバチは生殖機能をもっていませんが、女王バチは非常に生殖能力が高いのです。

女王バチは、ローヤルゼリーのおかげでこのような利点を得るのだと、ハーバリストは長年考えてきました。

ローヤルゼリーは高純度のたんばく質で、すべての必須アミノ酸とビタミンB群を含んでいます。弱い抗生作用もあり、代謝や感情、食欲、性的衝動を司る体内の重要なホルモンを生成する副腎を刺激する効果があります。

ハーバリストは強壮剤として、あるいは女性の閉経期の症状を緩和し、男性の性的能力を高めるためにローヤルゼリーをすすめます。また、シワを目立たなくする効果があるとも考えられています。人間もローヤルゼリーから女王バチと同じ効果が得られるとしたら、私たちも健康で長生きできるでしょう。

ローヤルゼリーの効能、効果はエネルギーを高め、性的衝動を回復させ、肌の質を高め、閉経期の症状をやわらげる効果があります。

はちみつ(抗酸化作用が強力な天然甘味料)

ローズマリー ガン抑制効果

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

何世紀も前からローズマリーは記憶力を高めるハープとして知られていますが、がんとたたかうハーブとしても知られるようになってきています。

ペンシルバニア州で1996年5月、「栄養学」誌に報告された研究プロジェクト「ローズマリー研究」で、強力な発がん物質を投与されたラットの発がん率が、ローズマリーによって著しく軽減されたことが明らかになりました。

別の実験では、スーパーマーケットで売られているものと同じドライローズマリーの葉を使って2週間、ラットのエサに一パーセントのローズマリーを混ぜて与えました。その後、ローズマリー入りのエサを与えたラットの乳細胞を攻撃し、DNAにダメージを与える発がん物質を投与してがんを発症させました。

その結果、ローズマリー入りのエサを食べていたラットは、ガンの原因となる化学物質が乳細胞に着床していことがわかり、ローズマリーによって初期の腫瘍形成が阻害される可能性が強いことがわかりました。

ローズマリーが長年記憶力を高めるハーブとして知られてきたことを科学的に裏付ける証拠があります。ローズマリーにアセチルコリン(精神的に関与する神経伝達物質)の分解を抑えるアセチルコリンエステラーゼ阻害薬含まれていることとがわかっています。

アセチルコリン値が低いと、通常の老化に伴う記憶の喪失やアルツハイマー病などを引き起こします。バスタブにローズマリーオイルを入れたり、肌にオイルを直接塗ることでアルツハイマー病の進行を遅らせたり、進行を止めることができる可能性があり、現在、研究が行われています。

関連情報:
アルツハイマーの進行を抑えて記憶力を高め、意欲もぐんぐん高まる「トウゲシバ」

L-グルタミン

アミノ酸グルタミンの天然の形であるL-グルタミンは、驚くほど広い用途に使われています。脳や免疫機能を正常に保つために不可欠で、疲労やアルコール中毒症の治療に使われます。減量中の人が砂糖を要求するのを抑える働きもあります。

また、筋肉を増強することから、L-グルタミンのサプリメントを摂取している人は、ほっそりと痩せている人が多いようです。L-グルタミンはアルギニン、オルニチン、プロリンという3種類のアミノ酸から合成されています。

L-グルタミンは、体内の主な抗酸化剤でほとんどすべての細胞内に存在する、グルタチオンを構成する成分でもあります。L-グルタミンが欠乏すると、グルタチオンが不足しがちになります。グルタミンは正常な成長や発達に不可欠な、人間の成長ホルモンのレベルを自然に上昇させる物質だという点ですぐれています。

筋肉の喪失は病人や高齢者に多く見られ、脊椎の病気と発展します。この治療に成長ホルモンが実験的に使われるようになりましたが、人工合成された成長ホルモンは非常に高価です。しかも水がたまったり、関節炎の症状などの嫌な副作用を引き起こすことが問題となります。

一方、グルタミンなどの成長ホルモン遊離剤は、成長ホルモンに対して効果があり、費用もかからず、副作用もありません。これはとくに重病人や脊痩症候群にかかりやすい人には重要なことです。グルタミンはやけど患者の治りを早め、免疫機能を強化するために用いられることもあります。また、骨髄移植手術を受けたがん患者に投与すると、退院までの期間が短くなり、、感染症の危険が減ります。

L-グルタミンにはたんばく質の分解を阻止する働きがあるため、筋肉を雄持して脂肪だけを落としたいフィットネス愛好家たちの注目を集めています。トレーニングに熱心に取り組む人は、からだに負荷をかけすぎ、脂肪と一緒に除脂肪組織までも落としてしまう危険があります。

L-グルタミンは筋肉の質を高めるサプリメントですから、運動選手に人気があり、食事を補う頼粒サプリメントなどのスポーツサプリメントに配合されています。

L-グルタミンの効能のまとめ:キズの治りを早める。慢性的な病気による筋肉の喪失を防ぐ働きがある。トレーニングを行っている健康な人の筋肉を強化する。

ゲルマニウム

ゲルマニウムはニンニクや椎茸、マッシュルーム、ジンセン、ソーマ(南米原産の強壮ハープ)、アロエなどの食物やハーブ内に自然発生する微量要素です。

1980年代に、浅井ゲルマニウム研究所の設立者であるエンジニア、浅井一彦博士による「驚異の元素ゲルマニウムと私」が出版され、有機ゲルマニウム(GE132 として知られる) が有名になりました。

工業では主に無機ゲルマニウムが使われていましたが、浅井博士は、効果の高い中国ハープの多くには有機ゲルマニウムが大量に含まれており、人体に無害であることを発見したのです。

浅井博士は著書のなかで、ゲルマニウムは無害で、かつ抗がん作用があり、またリウマチ性関節炎やカンジダ(酵母)感染やウイルス感染などの症状にも効果があると述べています。しかし、そのあとしばらくの間、ゲルマニウムは姿を消してしまいます。最近になり、有機ゲルマニウムは免疫機能を強化するため、とくに自己免疫疾患(免疫細胞が体組織を攻撃する) 患者に効果のあることがわかり、注目されています。とくに有機ゲルマニウムはがん細胞やウィルスを消滅させるナチュラルキラー細胞を刺激し、病気とたたかうT細胞とB細胞の活性を高めます。

さらに、リウマチ性関節炎などの自己免疫疾患の原因となる、免疫システムの欠陥を修正します。動物実験では、ゲルマニウムがさまざまながんの成長を阻害することもわかっており、がんに伴う激しい痛みを緩和するという説もあります。

自然療法士や代替医療の最先端にいる医師たちは、エブスタイン・バールウイルス(EBV)やほかの抗生物質に耐性のある感染症の治療に、有機ゲルマニウムを使用しています。これはからだが病気とたたかえるように免疫システムを強化することで治療する方法のひとつです。

関連サイト:
スーパーゲルマン「ゲルマニウムカプセル90」の使用感(骨量増加力が強力で骨粗鬆症による腰痛~リウマチ痛まで)

フルクトオリゴ糖類 FOS

フルクトオリゴ糖類(FOS)は、植物から得られる混合糖類で、日本では450種類以上の製品に広く使用されています。

アメリカでよく使われる精糖と異なり、FOSは非常に体によいのです。現在アメリカで市販されているサプリメントに求められる薬効がほとんどFOSに含まれています。

ネオシュガーやイヌリンとしても知られているFOSは、エルサレムアーティチョークに豊富に含まれており、ほかの果物や野菜にも少量ですが含まれています。

FOSの特徴は、ほかの砂糖類と違って消化液によって分解されない点です。FOSは直接腸まで運ばれ、そこで「善玉」バクテリアによって消化されるのです。善玉バクテリアはこのFOSを食べて成長します。人間の体内には何十億ものバクテリアが存在し、善玉バクテリアと悪玉バクテリアのいずれかに分けられます。

善玉バクテリアは消化を助け、免疫機能を強化し、悪玉バクテリアの成長を抑え、胃腸内の酸を正常に保つことでがんを防ぎます。消化管内には四百種類以上のバクテリアがいますが、善玉バクテリアの代表的なものがビフィズス菌やアシドフィルス菌、乳酸菌などです。

ビタミンBの分解に関係のあるビフィズス菌はとくに重要です。健康を維持するためには、善玉と悪玉バクテリアのバランスを保つことが不可欠です。

残念ながら、通常のアメリカ人の食事法では、善玉バクテリアの成長を助けることはできません。精糖や肉、加工食品などが、「善玉菌」の比重を減らし、悪玉バクテリアの成長を促しています。バランスが悪玉バクテリア側に傾くと、カンジダ症や胃腸の不調をきたし、肝臓や結腸に発がん物質を形成してがんになります。

年齢を重ねるにつれて体内の善玉バクテリアの量は減少し、こうした理由から老年期に病気にかかりやすくなるのです。

高齢者にFOSサプリメントを与えteみたところ、ビフィズス菌が増加したことがわかっています。また、大腸内のpHが低下するので、悪玉バクテリアが住みにくくなります。

日本の研究で、毎日3~6gFOSを摂取することで、3週間以内に排泄物中に存在する、がんの原因となる毒性化合物が40%減少したことがわかっています。もっとも注目すべき点は、FOSが血糖値を正常化することです。精糖を摂りすぎると血糖値に異常が見られ、Ⅱ型糖尿病やインスリン抵抗性などの病気になりますが、FOSが糖尿病患者の血糖値を下げ、コレステロール値も下げることがわかっています。

サトウキビエキスの使用感(黄斑変性・緑内障に効果)

フォルスコリン

フォルスコリンは、インドハーブ医療で使われるコレウス( シソ科の植物)の抽出物で、インドのハープ療法で何百年もの間、心臓病や乾癬、不眠症の天然治療薬として使われてきました。

フォルスコリンは数々の研究の対象となっており、その多くはインドで行われています。現在、インドの医師たちは高血圧や狭心症など、心臓の筋肉が弱って血液を正しく送り出すことのできない場合の治療薬にフォルスコリンを使っています。

フォルスコリンは、心臓の収縮時および拡張時の血圧を下げるだけでなく、心臓筋肉の働きを強化することで血行を促進します。アメリカでは代替医学の医師たちが降圧剤の代わりにフォルスコリンとほかの天然降圧剤を処方しています。

降圧剤は効果的なのですが、疲れやのどの渇き、インポテンツなど不快な副作用を伴うことが多いのです。ただし、降圧剤の服用をやめてフォルスコリンを試す場合、素人診断は禁物です。医師に相談して、処方薬から天然の代替薬に徐々に変えていくようにしてください。

動物実験で、フォルスコリンが、高齢者の間で失明の原因となることの多い緑内障の予防に、効果のあることがわかりました。緑内障は眼球内の液体の圧力が高くなり、視神経にダメージを与えるために起こる病気です。

フォルスコリンを目に直接塗ると、眼球内部の血圧を下げて血液の流れをよくし、緑内障によるダメージを軽減するため、症状が改善されることもあります。点眼薬としては販売されていませんが、内服しても同様の効果が得られます。最近、抗がん薬としてのフォルスコリンの研究が行われ、がん細胞を注射した動物において、フォルスコリンが腫瘍の成長を阻害することがわかりました。フォルスコリンが免疫システムの活性を刺激すると思われます。フォルスコリンは良薬ですが、非常に強い作用があります。このハーブを使用する際は、必ずこの分野に詳しい医師の指示のもとで服用してください。

フォルスコリンの効能のまとめ:高血圧を正常にする。心臓を強化する。緑内障を予防する働きがある。

フラキシード・オイル「亜麻仁油」

米国立がん研究所の科学者も自然療法士も皆、フラキシード・オイルを評価しており、脚光を浴びています。

私たちにとっては目新しいサプリメントですが、昔から存在しているものです。約8500年前には、狩猟民族である祖先はほかの野草とともにフラキシードを食べていました。この植物は、無駄にする部分がなく、あらゆる部位が有効に利用されました。

種子から採れる油は料理や絵を描くために使われ、繊維は紡いでロープや布をつくりました。現在でもフラキシードは布や紙製品をつくるのに利用されており、最近では食生活に取り入れることが検討されています。

フラキシード・オイルには西洋の食生活に不足している「善玉」脂肪、オメガ3脂肪酸が豊富に含まれています。ヨーロッパで行われた数々の研究から、オメガ3 脂肪酸はがん細胞を退化させ、乳がんや前立腺、肺がんの細胞に対する抗がん作用のあることが明らかになり、国立がん研究所ではオメガ3脂肪酸、とくにフラキシード・オイルに着目しています。

油を味方にする、現代人はオメガ9 系を積極的に摂ることで効率よく健康的に痩せる オメガ3、6、9について

フラキシード・オイルにはオメガ3 脂肪酸以外に、リグナン(消化管内の「善玉菌」によってがんに耐性のある化合物に変化する繊維)も豊富です。リグナンはホルモン量を調節し、高熱や膜の乾燥が原因で起こるカンジダ症など、閉経に伴う症状を緩和します。

また、ホルモンバランスの崩れを原因とする月経前症候群にも効果があります。また、オメガ3脂肪酸にはリウマチ性関節炎や乾癬、アレルギー、ほかの炎症性疾患の症状を緩和する天然の抗炎症剤が含まれています。

通常、自然療法士はこのような症状に対してフラキシード湯を処方し、これが非常に効果があるのです。がんを予防するほか、オメガ3脂肪酸は心臓病の予防にも効果があります。オメガ3脂肪酸はコレステロール値や血圧を下げ、血中中性脂肪値を下げて血餅を防ぎます。また、最近、オメガ3 脂肪酸がプロテインホモシステインの血中濃度を下げることがわかりました。

ホモシステイン値が高いと心臓病になりやすいと考えられています。オメガ3脂肪酸を豊富に含むフラキシード・オイルにはすばらしい効能があるのです。

フラキシード・オイルのサプリメントはボディビルダーの間で、スタミナを増強しトレーニング後の回復を早めるとされており、人気があります。フラキシードには天然の抗酸化剤が含まれており、疲れた筋肉をすばやく回復させるのです。

また、筋肉の痛みを軽減する抗炎症作用もあります。ただ、フラキシード・オイルの唯一の欠点は、使いにくいことです。非常に変質しやく、適切な方法で精製されたものでないとすぐに臭くなります。フラキシード・オイルはカプセルで摂取するのが面倒でなく、おすすめです。毎日摂取すると、効果的です。

エルダー抽出物「セイヨウニワトコ」

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

イスラエルのパイロットは、風邪のひきはじめに、「サンビューコール」を飲みます。「サンビューコール」はイスラエルブランドのエルダ一抽出物で、いま、世界中で人気が出はじめています。パイロットは症状が治るまでフライトを行いませんが、通常1日か2日で任務に戻ることができます。

ヒポクラテスの時代には、エルダーは熱や風邪に有効なハーブとしてもてはやされていましたが、最近になってようやく、エルサレムにあるハダサ大学医療センターの研究者らによって、この民間療法が科学的に解明されはじめました。

1992年、イスラエルの科学者と医師によるチームが、50人のインフルエンザ患者に対してエルダー抽出物の二重盲検を行いました。50人中、二15人にエルダー抽出物を与え、残る25人に偽薬を与えたところ、エルダーを与えたグループの20%は、24時間以内に熱や筋肉の痛み、呼吸器症状が大幅に改善しました。

2日目にはなんと75%の人が快方に向かい、3日目には90%の人がよくなったと感じました。これに比べ偽薬グループは、24時間以内に改善の兆候を見せたのはわずか8%で、48時間では165、残りの患者が改善されるまでに6日間かかっています。

ニワトコ抽出物にはどのような効果があるのでしょうか。インフルエンザウィルスは、細胞膜破壊酵素で覆われたトゲを細胞膜(細胞を覆っている膜)に突き刺して細胞内に入りこみます。

エルダーには細胞膜を強化するバイオフラボノイドが多く含まれており、インフルエンザウィルスが入りこみにくくなるのです。

また、エルダーは細胞膜を弱める酵素を阻害すると考えられています。

まざまなインフルエンザウィルスに対してエルダーの抽出液を試したところ、すべてのウィルスに効果がありました。それ以前に行われた試験管内テストで、エルダーがエイズウィルスを阻害することもわかっていますが、人間に対する効果を確認する研究が必要です。効能●をまとめると、風邪やインフルエンザの症状を緩和する。ということです。

セイヨウニワトコ