深刻なだるさやめまいが解消、アカシアポリフェノールのおかげでインスリン注射を免れた!

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

15年ほど前に人間ドックを受けたときに、私は医師から血糖値が450まで悪化していると告げられました。

当時、私はひたすら体がだるくて、体重が20㎏も激減しました。日中、のどの渇きがひどくてペットボトルの水を何本も空けていたせいか、夜は1時間おきに頻尿に悩まされ、そのたびに目が覚め落ち着いて眠れない毎日でした。おまけに、尿はアリがたかるのではないかと思うほどの甘いにおいがしていたのです。

それ以後は、病院で処方された薬を服用しながら、評判を聞いたアカシアポリフェノールを併用しました。そのおかげで、4か月後には血糖値が好転し、薬を減らすことができました。そして、ずっと調子良く過ごすことができていたのです。

ところが、私は仕事の慌ただしさにかまけて、ついアカシアポリフェノールを手放してしまいました。すると、昨年の10月の検査では血糖値が226、ヘモグロビンA1Cが9.8にまで上昇してしまい、これは本当に大失敗でした。そして、医師からは、ヘモグロビンの数値が10を超えたらインスリン注射をしましょう、と宣告されてしまったのです。

この頃には、体のだるさやめまいもだいぶ深刻化していて、慌ててアカシアポリフェノールを再び飲みはじめました。そうしたところ、毎月の通院の度に、血糖値もヘモグロビンの数値も着実に下降していったのです。これには、医師からも賞賛されました。

それから3か月後には、血糖値が139、ヘモグロビンA1Cは7.4にまで好転して、体の調子がとても良くなりました。ひどかった体のだるさやめまい、のどと口の渇き、頻尿も解消しました。激減した体重も健康的に回復して、現在では1日10000歩を目標にウォーキングもしています。

アカシアポリフェノールこそが、私の長寿の秘訣だと痛感しています。これからも、ずっと続けていきたいです。

血糖値を改善するアカシアポリフェノール