こんにゃくダイエットの落とし穴

こんにゃくはダイエットに定番です。。たしかに、こんにゃくはノンカロリーである上、ほとんど消化、吸収されません。便秘のときに少し多めに食べればあっという間に解消します。しかし、こんにゃくダイエット食品は、食べすぎると危険もあるのです。

こんにゃくはコンニャクマンナンからつくられます。コンニャクマンナンは炭水化物であるが、不消化の成分で、食物繊維の仲間です。コンニャクマンナンはこんにゃくイモをすり潰したり、乾燥して粉にしたこんにゃく粉を水で練ってつくるのですが、この際、こんにゃくとして固めるために、石灰水か、木灰の灰汁などのアルカリ性の強い水を添加します。このアルカリ性になったコンニャクマンナンが、茹でられて加熱されると凝固して、こんにゃくになります。

コンニャクマンナンの状態ではまだ固まりではないが、こんにゃくになると固まりになるため、消化しにくくなります。そこで注意が必要となってきます。たとえば、糸こんにゃくを麺類のようにつるつると食べてしまうと、そのままの状態で消化器に残り、消化されないから、量的にたくさん摂ると、腸に詰まって、腸閉塞を起こすことがあるのです。

これは大変危険です。ダイエットのつもりで、こんにゃくを食事代わりにしたりするのは感心しません。また、こんにゃくはたしかに、食物繊維として役立つのだが、コンニャクマンナンにくらべると、吸着力が少ないので、不要な腸内の成分の吸着を防ぐ力は低下します。

昔、腸の掃除にはこんにゃくがよいといわれていたのは、その形から想像されたもののようである。どんなものでも、そればかり食べるのはよくないが、とくにこんにゃくのように、問題を起こしかねないものは、ほどほどに食べるのが賢明です。

とはいえ、糸こんにゃくは、長いまま食べないで、適当に短く切って料理すればこの間題を防げる。危険はこんな工夫で防ぎ、良い点を生かせるよう、それなりに活用したいものです。とりわけ、ある程度の量を食べないと満足感が出ない人がダイエットするときには、食事の量を多くする手だてとして格好の食品です。