甘い物好きで糖尿病が悪化したが「パクパク酵母くん」で改善

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

ヘモグロビンA1Cが6ヶ月で下降モードに入った

食後にはケーキや菓子パンを欠かさず、飲みものといえばコーラかオレンジジュース。そんな大の甘党ぶりがたたって、糖尿病と告げられたのは今から5年前のことです。

あまりに血糖値が高くなって、緊急入院したこともありました。それでも、退院したら甘いものの誘惑に勝てず、また血糖値がはね上がるという繰り返しだったのです。

そんな私を見かねた医師が、1枚の写真を見せてくれました。そこには糖尿病で足を切断した男性が写っていて、「今のままではあなたもこうなる」と忠告されたのです。

改心した私は、それ以来、甘いお菓子やジュースを遠ざけて、ご飯の量もお茶碗半分に減らしました。でも、血糖値とヘモグロビンA1Cは下がらないどころか、体の疲れが取れなくなり、足のだるさも消えなくなったんです。

このままでは足の切断を避けられないという不安も相まって、身も心もぐったりとして、休みの日は布団から出る気にもならないほどでした。

そんなときに、ラジオの情報番組で知ったのが糖質カット酵母「パクパク酵母くん」でした。糖質の制限を助けてくれればと、期待して飲み始めたところ、ほどなくしてお腹の中がポコポコと動くように。その後、ガスが何度も出るようになり、3ヶ月したころには体重も減ってきたのです。

半年後にはヘモグロビンA1Cも下降線をたどるようになって、ひところの疲れやすさ、足のだるさからもすっかり解放されました。そこで試しに、糖質カット酵母「パクパク酵母くん」を1ヶ月中断してみたところ、直後の検査ではヘモグロビンA1Cに上昇の兆しが。

これはいかんと糖質カット酵母「パクパク酵母くん」を再び飲み始めると、すぐに数値は安定しました。糖尿病の合併症と無縁でいるためには、糖質カット酵母「パクパク酵母くん」を手放してはいけない、私はあらためてそう実感しました。

食後の血糖値の急上昇もなし「パクパク 酵母くん」これなら!好きなものを思いっきり食べられる