フコイダン

フコイダンは、モズクやワカメ、昆布などの海藻類に存在する多糖類である。海藻のヌルヌルした成分の1つであり、生活習慣病などさまざまな疾患に対する効果が報告されている。 効能、効果は、抗腫瘍作用、創傷治癒促進作用、抗凝固作用、コレステロール低下作用、胃粘膜保護作用および胃排出機能改善作用、不定愁訴改善作用、免疫作用、脂肪肝改善作用、ピロリ菌阻害作用、抗酸化作用。 フコイダンは、フコースを主成分として硫酸基やウロン酸などが結合した多糖類(硫酸化ポリフコース多糖類) の総称である。 原材料となる食用褐藻類(沖縄モズク、フトモズク、ヒバマタ、メカプなど)の種類によって、フコイダンの種類や含有量が異なっており、生理作用にも違いがある。 基礎研究では、フコイダンの抗酸化作用、アポトーシス誘導による抗ガン作用、抗菌作用などが示されてきた。 たとえば、ガン細胞移植マウスにフコイダン含有食品を2週間投与した研究では、対照群に比べて、フコイダン投与群においてガン細胞の増殖が有意に抑制された。フコイダンの皮膚創傷修復作用に関しては、実験モデルにおける効果が報告されている。 また、フコイダンの胃粘膜保護作用や胃潰瘍治癒促進作用は、酢酸潰瘍モデルラットを用いた研究で報告された。さらに、フコイダンは、難消化性の多糖類であるため、腸管内で胆汁酸によるコレステロールの吸収を阻害し、その結果、血中コレステロール低下作用を示す。 フコイダンの効果に関して、比較的多くの基礎研究や臨床試験が報告されている。消化器官に関連した不定愁訴改善効果としては、

  1. フコイダン100m gを添加した茶飲料による胃部症状の改善およびヘリコバククー・ピロリ菌感染の低減作用
  2. 機能性消化不良症例に対するフコイダンの胃排泄機能改善効果
  3. ピロリ菌陽性患者11人にフコイダンを投与して胃部症状の改善

を認めた報告などが知られている。 また、胃潰瘍の患者にフコイダンを3ヶ月間投与した研究では、7例中2例にて潰瘍病変の改善が認められ、さらに6例中4例にて自覚症状の改善が報告された。抗腫瘍作用に関して、フコイダン含有昆布抽出物と霊芝エキスをガン患者14人に1 2週間投与した臨床試験では、免疫機能の指標であるNK活性の上昇(改善)、腫瘍マーカーの軽度低下(改善)、自覚症状の改善を認めた。 フコイダンの摂り方として、生活習慣病の予防や改善を目的とする場合、短期間では効果が期待できないので、継続して利用するのが大事。 フコイダンのパワーと効能はこちら。